" />

資格

『消防設備士 乙種6種』の申請方法と必勝法!

消防設備士乙種6類のアイキャッチ画像
Pocket

こんにちは。(こんばんは。)Mayatakaです。

 

『消防設備士 乙種6種』の実務的な違いについて解説しています。

 

消防設備士乙種6類の受験料や申請方法と合格するための具体的な勉強法も解説していますので『消防設備士 乙種6種』試験の参考にしていただければ幸いです。

 

こんな方におすすめ

  • 『消防設備士 乙種6類』はどんな資格?
  • 『消防設備士 乙種6類』受験費用と申請方法は?
  • 『消防設備士 乙種6類』の勉強方法は?

 

では早速、いってみましょう!

 

『消防設備士 乙種6種』の申請方法と必勝法!

 

『消防設備士』はどんな資格?

消火器の写真

消防設備士には1~7類まであります。(各工種については割愛しますね)

 

今回受験したのはその中の乙種6類『消火器です。

 

1~5類にはそれぞれ『甲種 (※1)』と『乙種 (※2)』があります。

 

6類と7類は乙種のみとなっています。

 

「甲種」と「乙種」の実務的な違い

 

  • 1 甲種 :工事と整備、点検ができる。
  • 2 乙種 : 整備、点検のみできる。(工事は出来ません)

 

乙種 6類の資格を取得すると消火器の整備と点検ができるようになります。

 

消防設備士 乙種6種の「受験資格」

 

乙種6類については性別、年齢、職歴、学歴など必要なくどなたでも受験可能です。

 

消防設備士 乙種6種の『合格率』は?

 

乙種6類の統計情報によると毎年20,000人ほどの受験者数の内30~40%が合格しています。

 

難易度は「中」程度と高くはないようです。

 

『消防設備士 乙種6種』の「受験費用」と「申請方法」は?

 

『消防設備士 乙種6類』受験費用と申請方法お伝えしますね。

 

『消防設備士 乙種6種』の「受験費用」

用紙に記入している様子。

乙種6類の受験費用は3,800円です。

 

ポイント

電子申請』と『書面申請』どちらからでも申請が可能です。

 

「電子申請」の場合

 

消防設備研究センターのHPの『電子申請はこちらから』にアクセスします。

 

必要事項を入力を完了後、指定の受験費用を振り込みます。

 

受験票をダウンロード、証明写真を貼り試験当日に持参します。

 

「書面申請」の場合

 

チェック

申請書類は消防試験研究センター各道府県支部及び関係機関・各消防本部に無料で入手できます。

 

書類に記入後、受験費用の振込みを完了し受付期間内に提出してください。

 

1週間ぐらいで受験票が郵送されますので、それに証明写真を貼り付けます。

 

『消防設備士 乙種6種』の「出題形式」

 

出題形式は以下の通りです。

 

  • 『筆記』は4択問題の30問
  • 『実技』は記述式で5問の計35問
  • 試験時間は筆記と実技で1時間45分(筆記と実技)です。

 

『消防設備士 乙種6類』の「合格基準」

 

チェック

  • 筆記試験: 各科目出題数の40%以上、全体で60%以上あること。
  • 実技試験: 60%以上あることが必要です。

 

実技試験とは『鑑別』といって写真などを見て記入する問題です。

 

筆記試験では60%以上の得点がないと実技試験は採点されないためご注意くださいね。

 

『消防設備士 乙種6種』の「勉強方法」と「勉強時間」。

勉強をしている様子の写真。

試験の3か月前から勉強を開始しました。

 

帰宅して入浴と食事を済ませ就寝前の2時間を勉強時間にあてました。

 

『精選問題集』問題を解いて、さらに理解を深めるために『完全対策』参考書として使いました。

 

3ヶ月間で各分野を無理なく理解、暗記して試験前の残りの1週間を猶予期間として設定しました。

 

「消防設備士 乙種6種」の勉強開始!

 

試しに、まとめの問題を解いてみました。

 

何が何だかさっぱり分かりません…採点してみると散々な結果に (笑)

 

この段階でほぼ知識0のため当然ですね。

 

先ほどの分野ごとに期間を決めてとにかく理解と暗記を繰り返しました。

 

ポイント

紙に書いたり声に出すと覚えやすいですよ。

 

週に一度、1週間分の復習をします。

 

Mayatakaは日曜日に復習をして気分転換のお出掛けしました。

 

勉強開始から1ヶ月...2ヶ月経過すると

 

勉強を進めていくにつれて少しずつ知識量が増え、徐々に問題が解けるようになってきました。

 

「…ページのあの問題だな!」位まで解けるようになります。

 

最終的にまとめのテストではほぼ満点を取れるようになりました。

 

試験前の1週間(猶予期間)は軽く読む程度で大丈夫に…

 

なんとか間に合いました…

 

 

『消防設備士 乙種6種』の合否の確認は?

夜明けの海の写真

 

消防設備士試験結果通知書』というハガキが郵送で届きます。

 

合否と共に『あなたの正答率』の欄には筆記試験と実技試験の割合が記載されています。

 

消防設備士試験結果通知書の写真

Mayatakaの試験の結果と正答率です↑

 

筆記試験と実技試験の結果が記されています。

 

全て100%とはなりませんでしたが、合格できて良かったです。

 

合格された方この通知書の下側に手続き方法が記載されていますので進めてくださいね。

 

特管管理責任者講習の写真
『特別管理産業廃棄物管理責任者』の申請方法と講習の心構えをお伝えします。

続きを見る

 

『消防設備士 乙種6種』の申請方法と必勝法! : まとめ

 

いかがでしたか?

 

『消防設備士 乙種6種』の申請方法と必勝法!をお伝えしました。

 

少しずつ知識を積み上げていくと自信もついて合格が見えてきますよ。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

こんな方におすすめ

  • 『消防設備士 乙種6類』はどんな資格?
  • 『消防設備士 乙種6類』受験費用と申請方法は?
  • 『消防設備士 乙種6類』の勉強方法は?

 

最後までご覧いただき有難うございました (Mayataka)

 

-資格

© 2021 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5