" />

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) の管理人「マヤタカ」です。運営4年目▶︎建築科大学院 修了▶︎建設会社 取締役▶︎Twitter (Twitter Pro 認定) お陰様でフォロワー様1.1万人超え 運営4年目 ▶︎『美容・健康』、『レビュー記事』、『キャンプ情報』や『生き物 関連』、『自己成長』etc…発信しています。▶︎『自己成長』では「マインド セット」や「ストレス」に関して解説いていますので、参考にしていただければ幸いです。▶︎どうぞよろしくお願いします。

ストレス 健康・美容 在宅ワーク 自己成長

長所と短所は「紙一重」!【コンプレックスさえも『リフレーミング』して長所に変える!】

アイキャッチ画像
Pocket

 

人にはそれぞれ「長所」があり、その長所を活かした仕事や生活をすることでより豊かな暮らしができるようになるものです。

 

それでは、「あなたの長所は?」と聞かれた時、あなたはいくつの長所を思い浮かべられるでしょうか?

 

「自分の長所は逆算能力と社交性があるところ。そしてもう1つ、創意工夫ができること」というように、スラスラと長所がアピールできる人もいます。

 

その逆に、「あれ?そう言われると自分の長所ってなかなか出てこないものだな」というように、あまりスムーズに出てこない人もいるかもしれません。

 

もし仮に全然思いつかなかったり、1つくらいしか思い浮かばなかったとしても安心してください。

 

王冠の写真

それはただ自分自身の長所に気が付いていないだけで、必ず長所は存在します。

しかも1つだけではなく10個以上はあるはずです。

 

自分の長所に気が付くために役に立つ「リフレーミング効果」という心理テクニックがあります。

 

『リフレーミング効果』を使えば、「短所を長所に変える」ことも可能なのです。

 

この記事では、そんな「短所を長所に変えるリフレーミング効果」について解説していきたいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • 『リフレーミング効果』とは?
  • 『リフレーミング効果』で「短所を長所に変えられるの?」
  • 『リフレーミング効果』は応用できるの?

 

では早速、いってみましょう!

 

人は誰しも『短所』を持っている

思考する頭

冒頭では、「あなたの長所は?」という質問をしましたが、「あなたの短所は?」と聞いたならばどうでしょうか?

 

おそらく長所よりもたくさんの項目を思い浮かべることができることでしょう。

 

「短所」とは具体的にどういったことなのか?

 

〇 心配性で大胆な行動が取れない

〇 飽きっぽくてじっくりと物事に取り組むのが苦手

〇 諦めが悪く無理だと分かっているのに続けてしまう

〇 感情の浮き沈みが大きく精神的に安定しない

〇 すぐに落ち込んでしまう

〇 空気が読めないことが多い

〇 友達が少ない

〇 すぐ人に合わせてしまい自分の意見が言えない

 

このように、次から次へと短所が出てくるという人も多いのではないでしょうか?

 

自分の短所を改めて考えてみると、「あー自分はなんてダメな人間なんだろう」と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、短所が複数あるというのはあなただけではなく、世の中すべての人に共通して言えることですし、短所があること自体が100%悪いということではないのです。

 

短所と長所は「紙一重」

見方を変えているようす

なぜ「短所がたくさんある」ことが悪いことではないのか。

 

それは「短所と長所が紙一重である」からです。

 

学校で先生に説教を受けている時や、受験や就活の履歴書を書く際のアドバイスなどで聞いたことがあるという人も多いかもしれません。

 

ポイント

「短所」は見方を変えれば長所にも成り得る

 

そう、これが「短所がたくさん」あっても気にするべきではない大きな理由なのです。

 

補足

紙一重」という言葉は「長所と短所は隣り合っていて、少し変えるだけで長所になるよ」という考えを非常にわかりやすい表現です。

 

表裏一体」もまた同義とみてよい

2つのリンゴ

他にも、「表裏一体」という言葉も短所と長所の関係性を表す表現として向いているかもしれません。

 

このように、短所だけが多い人などこの世に存在せず、必ずその短所のすぐ傍には長所が隠されているのです。

 

いや、「気が付いていない(意識できていない)だけ」と言った方が正しいかもしれませんね。

 

『リフレーミング効果』を使い「短所を長所に変える」

表示板の写真

自分の短所は挙げやすいという性質があるのであれば、逆にその性質を利用して自分の長所を見つけてみるのはどうでしょうか?

 

あれこれ考えこんでみるよりもずっと簡単に自分の長所を認識できるようになるはずです。

 

その際に使用する心理テクニックが『リフレーミング効果』です。

 

ポイント

リフレーミング』とは、「物事の枠組みを一度外し、違う枠組みで物事を捉えてみる」というテクニックとなります。

 

短所を「リフレーミング」した『具体例』

「チェンジ」の表示板

例えば、前述した「心配性で大胆な行動が取れない」という短所を「リフレーミング」してみましょう。

 

〇 物事を冷静に判断できる

〇 他の人と違った視点で物事を考えることができる

 

このように、短所として考えていたポイントが、「長所」に捉えることができるわけです。

 

〇「あんなことを言わなきゃよかった…」

〇「もっと冷静になって行動すればよかった…」

 

このように、大胆に行動をしたり言葉に出してしまったことによって、激しく後悔をしてしまったという経験がある人も多いかと思います。

 

ポイント

心配性で大胆な行動が取れない」という人は、他の人が「いける!」と判断して動き出そうとしている時でも、「今動き出したらこういったリスクがある」というように客観的に判断することができるのです。

 

「冷静に物事を判断できる」長所は、『集団の中』でもメリットである

個人主義

冷静に物事を判断できる長所は、個人としてだけでなく、集団の中でもメリットがあります。

 

仲の良い友人グループなどの中でも、正しい判断ができるということです。

 

集団では、しばしば「集団心理」によって間違った行動に引きづられてしまうことがあります。

 

1人でいるときであれば絶対にしない行動も、集団になると心が大きくなりしてしまう。

 

赤信号みんなで渡れば怖くない」という心理状態となりやすいのです。

 

そんな時でも、物事を冷静に判断できるタイプである本人はその集団心理に引きづられずに正しい行動が頭に浮かぶはずです。

 

「ちょっとそれはさすがに危ないからやめておこう」

 

そんなグループや集団のブレーンとしての役割を担えるのです。

 

補足

ブレーンとは英語で「ブレイン」=「Brain」(頭脳)を意味し、グループの「頭脳」という意味合いです。

 

それ以外の短所も『リフレーミング』してみよう

考え方の転換

では、それ以外の短所もリフレーミングしてみましょう。

 

「リフレーミングの例」

〇 飽きっぽくてじっくりと物事に取り組むのが苦手→「好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる」

〇 諦めが悪く無理だと分かっているのに続けてしまう→「最後までやり続ける継続力がある」

〇 感情の浮き沈みが大きく精神的に安定しない→「感受性豊かで爆発力がある」

〇 すぐに落ち込んでしまう→「物事を真剣に考えることができる」

〇 空気が読めないことが多い→「自分の世界をしっかりと持っている」

〇 友達が少ない→「1人の友達と深い関係性を作れる

〇 すぐ人に合わせてしまい自分の意見が言えない→「協調性があり問題を抱えにくい」

 

いかがでしょうか?

 

短所だと思っていたことも、リフレーミングすることで長所に変わります。

 

「リフレーミングの効果」

自分は多くの短所がある」と思っていたとしても、それを違った角度で捉えることができれば、「多くの長所がある」という認識に変えることができるのです。

 

もちろん、短所自体が消えるわけではないので、その短所自体は時間をかけて改善すべきですが、社会の中で活躍するためには、短所に縛られ過ぎず見つけた長所を武器にして動いた方が良いと言えるでしょう。

 

「リフレーミング」は自分だけでなく『他者や環境にも応用できる』

マインドの球体

リフレーミングの良いところ』は、「自分だけでなく他者や環境に対しても応用できる」ということです。

 

では『具体例』を見てみましょう。

 

「リフレーミング」を『他者や環境にも応用』した具体例

夕日を臨む

 

「他者や環境に対して応用」した例

〇 「あの人は少し短気なところがあるけど、それだけエネルギッシュな人なんだ」

〇 「仕事のパートナーは物静かで積極性はないけど、こちら側の意図を汲んでくれると考えれば仕事がしやすい」

〇 「次々にビルが建ち、空は狭くなるけど、それだけ世の中が便利になっているということ」

〇 「今年は台風が多くて困っちゃうけど、災害クラスの台風ではないから大丈夫」

 

このように、自分自身だけでなく他者や環境に対しても「リフレーミングの考え方」は応用でき、物事をポジティブに捉えられるようになっていきます。

 

ポイント

そういった意味では、「短所と長所」という狭い考え方だけでなく、「人生を幸福に生きるために重要なテクニック」であるとも言えるかもしれませんね。

 

アイキャッチ画像
自分自身の『長所』の見つけ方【「長所」を知ることで得られる『メリット』を解説】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『ポジティブ思考』で暮らすことで幸福は引き寄せられる?【メリット・デメリットを解説】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『変化を楽しむスキル』を習得して人生を豊かにする方法【『現状維持バイアス』についても解説】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『短所との上手な向き合い方』と『長所を伸ばすメリットや実践方法』を解説

続きを見る

 

アイキャッチ画像
寝る前にコーヒーを飲む【「得られる効果」と「飲み方」のコツを解説】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『時間の使い方』が「上手になる方法」を解説【時間を有意義に使いたい方必見!】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
自粛生活でも『充実した生活を送りたい方』必見!【ストレス解消法】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『喜びを他者と共感しあえる環境』を作る重要性を解説【自分自身の幸せを求めすぎるのはNG?】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
「ダイエット」したくてもなかなかできない!【そんな人におすすめの『マインドコントロール』を解説】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『アンガーマネジメント』とは?【「怒りの感情」を上手にコントロールするテクニックを解説】

続きを見る

 

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」【飼育環境を解説】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
イケア LACKシリーズ『コーヒーテーブル』の「組み立て方のポイント」を解説

続きを見る

 

アイキャッチ画像
【福岡】モンベル 五ヶ山ベースキャンプ『ウォールテンテッド サイト』に泊まってリフレッシュしてきた。【施設情報 詳細あり】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
無段階調整『オートロック式ベルト』の「構造」と「使い方」【詳細に解説】

続きを見る

 

長所と短所は「紙一重」!【コンプレックスさえも『リフレーミング』して長所に変える!】:まとめ

風船と少年

今回は、「短所を長所に変えるリフレーミング効果」について解説してきました。

 

短所は『リフレーミング』することで長所だと捉えることが可能です。

 

ポイント

「自分には短所だらけ」と感じていた人も、見方を変えれば「長所をたくさん持っている」となり、人生を好転させることも可能なのです。

 

ぜひこの機会に、短所にばかりフォーカスするのではなく、その裏にある自分の長所を探すためにリフレーミングをしてみてはいかがでしょうか?

 

こんな方におすすめ

  • 『リフレーミング効果』とは?
  • 『リフレーミング効果』で「短所を長所に変えられるの?」
  • 『リフレーミング効果』は応用できるの?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。 (Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) の管理人「マヤタカ」です。運営4年目▶︎建築科大学院 修了▶︎建設会社 取締役▶︎Twitter (Twitter Pro 認定) お陰様でフォロワー様1.1万人超え 運営4年目 ▶︎『美容・健康』、『レビュー記事』、『キャンプ情報』や『生き物 関連』、『自己成長』etc…発信しています。▶︎『自己成長』では「マインド セット」や「ストレス」に関して解説いていますので、参考にしていただければ幸いです。▶︎どうぞよろしくお願いします。

-ストレス, 健康・美容, 在宅ワーク, 自己成長

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5