" />

Mayataka

ブロガー▶︎Mayataka Blog運営▶︎経歴:建築科大学院 修了▶︎建設会社・取締役▶︎Twitter(お陰様でフォロワー様1.1万人)▶︎イケア / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス)etc ●運営実績などの 詳しい内容はプロフィールをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

自己成長(マインド・ストレス)

他者と喜びを共感しあえる環境を作る! 自分自身の幸せを求めすぎるのはNG?

アイキャッチ画像
Pocket

 

日々の暮らしの中で、「もっと幸せになりたいな」と感じる人はとても多いかと思います。

 

人間は欲深いもので自分よりも外見が良かったり経済的に恵まれている人などを見ると、

 

「羨ましい」というい感情が芽生えます。

 

その「羨ましさ」をポジティブに変換し、

 

「自分もあの人みたいになれるように努力しよう」と捉えることができれば充実した毎日を送れますが、

 

中にはネガティブに捉えてしまう人もいたりします。

 

  • 「自分にはないものを持っていていいな」
  • 「なんで自分はこんなにできないんだろう」

 

と自己嫌悪に陥ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、急にそれらの現実を理想的なものに変えることはできませんが、

 

ポイント

その代わりに比較的簡単に大きな幸福感が得られる方法が存在します。

 

それが『他者と共感できる環境を作る』ことです。

 

この記事では、

 

そんな「喜びを他者と共感しあえる環境を作る重要性」について解説します。

 

こんな方におすすめ

  • そもそも『幸福感』とは?
  • 『他者と共感できる環境』とは、具体的にどんな環境なの?

 

では早速、いってみましょう!

 

INDEX

『他者と共感できる環境』を作るとなぜ幸福感を得られる?

夕日の景色

 

世の中には、「自分だけ幸せであればそれでいい」というタイプの人がいますが、

 

そういった独りよがりな考え方では逆に幸福を感じられなかったりするものです。

 

なぜならば、

 

人間には「承認欲求」という「他者から認められたい」という欲求が存在するからです。

 

自分自身が幸せを感じる状態であることももちろん良いのですが、

 

「他者から認められる」ことで人間はより大きな幸福感を得ることができます。

 

しかし、よほど外見が良かったり経済力がなければ、

 

「あなたは凄い」と認められることはありませんよね。

 

自分を強く見せる為に嘘をついてまで称賛などを受けようとする人もまれにいますが、

 

「すごい」と言われて承認欲求は一瞬は満たされるものの、

 

その後すぐに自己嫌悪(本当の自分は違うのにという感情)に心が支配されてしまうことでしょう。

 

『他者と共感しあう』ことがおすすめ

 

そこでおすすめなのが、「他者と共感しあう」ということです。

 

共感』という感情は、

 

特定の感情を肯定的に捉えられるということですから承認欲求も十分に満たされるのです。

 

共感は、

 

ポイント

自分自身が特別な能力を持っていなくても得ることができるという点も、おすすめである理由の一つです。

 

そして、共感(物事の共有とも言い換えられる)は、

 

工夫によって意外にも簡単に、そして継続的に得ることができたりもします。

 

好きなアイドルや芸能人、アーティストを推す『推し活』で幸福度は簡単に上げられる

ハートの絵

 

皆さんには大好きなアイドルや芸能人、アーティストがいますか?

 

もしもいるのであれば、

 

非常に簡単に『他者と共感しあえる環境』を作ることが可能だと言えます。

 

『SNS』で共有する

手

 

それは「推し活(推している有名人を応援する活動)」をSNSなどで共有するという方法です。

 

TwitterやInstagram、ブログ」などを活用すれば、

 

ポイント

推している人達と気軽に交流することができ共感しあえます。

 

その対象となる推しの影響力が強ければ強いほど共感できる人も多くなりますし、

 

その人が活動を続ける限り長期間推し活していくことができるので、

 

幸福度の高い安定した毎日を送ることが可能となります。

 

人間がそういった強い人や人気のある人に憧れるのは、

 

「本当は自分もそうありたい」という証拠でもあります。

 

ポイント

推しに自分自身を投影し、疑似体験に似た感覚が味わえるというのも、推し活がおすすめである理由だと言えるのです。

 

しかし、

 

「いやいや、アイドルを推すような人たちはどこかオタクっぽくて自分はできないよ」と思う人もいるはずです。

 

確かに、年齢を重ねていくとそういった推し活は周囲から冷ややかな目で見られてしまう可能性もあります。

 

しかし、SNSなどだけで推し活をしていくだけであれば、

 

ポイント

周囲にそれほど推し活がバレることはないと言えますし、その「推し」は別に人でなくても良いのです。

 

推しの『ジャンル』はさまざま

 

ありとあらゆるジャンルの中で、

 

特に好きなジャンルというのが誰しも1つはあったりするものです(まれに無趣味の人もいたりしますが)。

 

さまざまなジャンル

  • バイク、自転車、車
  • キャンプ
  • 動物
  • スポーツ
  • 音楽
  • クイズ
  • 料理

 

人ではなく、

 

ポイント

そういった物事が大好きであっても十分にSNSなどで共感しあえる環境を作ることができます。

 

あなたの周りにも何か特定の人や物事を推している人はいませんか?

 

その人自体はそこまで能力が高いわけでもなく経済力があるわけでもなかったとしても、

 

なぜかいつも楽しそうに、満たされているような暮らしをしていないでしょうか?

 

推し活』をしている人は、

 

ポイント

同じ境遇の人と日々共感しあえるので幸福度の高い暮らしをしていくことができるのです。

 

ビジネスでも『共感できる環境』は作れる

リモート会議

 

ここまで「推し活」という共感しあえる環境について解説してきました。

 

もちろんビジネスでも共感しあえる環境を作ることは可能です。

 

仕事に関してまったく裁量権がない場合はなかなか難しかったりしますが、

 

プロジェクトなど個人で進めるものを複数人で共同で進めるようにしてみたり、

 

一緒に資格の勉強などを行うといったことでも『共感しあえる環境』は作れます。

 

もしも本業がまったく作業の裁量権のない環境なのであれば、

 

ポイント

副業で共感しあえるビジネスを行うというのも良い選択肢です。

 

副業収入を得ながら共感しあい幸福感も得られるので、一石二鳥だと言えます。

 

副業ビジネスの例

フリーランサーと机

 

例えば、

 

このような副業ビジネスはどうでしょうか?

 

ポイント

  • YouTube漫画チャンネル』を立ち上げ、自分がシナリオを考え漫画が描ける友人と共に作品を公開していく。
  • 起業に強い興味がある友人と、ビジネスアイデアを話し合ったり実際に副業としてビジネスを立ち上げてみる。
  • 動画編集スキルを学んで複数人でユーチューバーとして活動してみる。
  • 作詞、作曲、歌などのいずれかができれば、それ以外を担当できる人をネット上で募集し一緒に作品を作る。

 

このように、1つの物事を複数人で協力し合い成功に向かって進んでいくというビジネスを副業で行えば、

 

日々共感しあいながら暮らしていくことが可能になるはずです。

 

確かに上手くいかないことも多くなり、

 

悩んだり時には言い争いをしてしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、成果を出したり作品として完成させることができたならば

 

大きな達成感も得ることができ、過ごした時間がそのまま「共感(共有)できた幸せ」となることでしょう。

 

独りよがりな幸せを求めずに積極的に他者と関りを持とう!

パソコンのモニター

人間は決して1人では生きていけないものです。

 

実際に単身者の比率は大きくなっていますし、

 

現代の人間関係は徐々に希薄になっていっています。

 

とはいえ、人間の幸福は他者と関わることで大きく満たされていくことは間違いありません。

 

「自分さえ幸せなら良い」という考え方で行動するのは、

 

一見幸せになる一番の近道のような気もしますが、

 

実はどんな方法よりも幸せへの遠回りと言えるのかもしれません。

 

人間関係はストレスの大きな原因ともなってしまうものですが、

 

今回解説したような「共感しあえるような関係」であれば、

 

ポイント

ストレス以上に高い幸福度を得ることができるのではないでしょうか?

 

マインドに関する記事は他にもあります。

 

マインドに関する記事は他にもあります。

よろしければ、ご覧ください。

 

『変化を楽しむスキル』を習得して人生を豊かにする方法【『現状維持バイアス』についても解説】

 

変化を楽しむスキル』を習得して人生を豊かにする方法や『現状維持バイアス』についても解説しています。

 

『変化を楽しむスキル』を習得して人生を豊かにする方法【『現状維持バイアス』についても解説】

アイキャッチ画像
変化を楽しむスキルを習得して人生を豊かにする方法! 現状維持バイアスについて徹底解説!

続きを見る

 

『アンガーマネジメント』とは?【「怒りの感情」を上手にコントロールするテクニックを解説】

 

「怒りの感情」を上手にコントロールするテクニックの『アンガーマネジメント』について解説しています。

 

『アンガーマネジメント』とは?【「怒りの感情」を上手にコントロールするテクニックを解説】

アイキャッチ画像
アンガーマネジメント! 怒りの感情を上手にコントロールするテクニックを徹底解説!

続きを見る

 

自分自身の『長所』の見つけ方【「長所」を知ることで得られる『メリット』を解説】

 

自分自身の『長所』の見つけ方と知ることで得られる『メリット』を解説しています。

 

自分自身の『長所』の見つけ方【「長所」を知ることで得られる『メリット』を解説】

アイキャッチ画像
自分自身の長所の見つけ方を徹底解説! 長所を知ることで得られるメリットとは?

続きを見る

 

『ポジティブ思考』で暮らすことで幸福は引き寄せられる?【メリット・デメリットを解説】

 

ポジティブ思考』で暮らすことで幸福は引き寄せられるのでしょうか?

メリットとデメリットを解説しています。

 

『ポジティブ思考』で暮らすことで幸福は引き寄せられる?【メリット・デメリットを解説】

アイキャッチ画像
ポジティブ思考で幸福は引き寄せられる?メリットとデメリットを徹底解説!

続きを見る

 

『短所との上手な向き合い方』と『長所を伸ばすメリットや実践方法』を解説

 

『短所との上手な向き合い方』と『長所を伸ばすメリットや実践方法』を解説しています。

 

『短所との上手な向き合い方』と『長所を伸ばすメリットや実践方法』を解説

アイキャッチ画像
『短所との上手な向き合い方』と『長所を伸ばすメリットや実践方法』を徹底解説!

続きを見る

 

『他人が羨ましい』と感じた時の「対処法」を解説。

 

他人が羨ましい』と感じた時の「対処法」を解説しています。

 

『他人が羨ましい』と感じた時の「対処法」を解説。

他人を羨むことをやめたい。心のあり方と対処法を徹底解説!

続きを見る

 

『ポジティブ思考』で暮らすことで疲れてしまう。【疲れてしまう「理由」と「対処法」を解説】

 

ポジティブ思考』で暮らすことで疲れてしまう「理由」と「対処法」を解説しています。

 

『ポジティブ思考』で暮らすことで疲れてしまう。【疲れてしまう「理由」と「対処法」を解説】

アイキャッチ画像
ポジティブ思考で暮らすことで疲れてしまう。疲れてしまう理由と対処法を徹底解説!

続きを見る

 

長所と短所は「紙一重」!【コンプレックスさえも『リフレーミング』して長所に変える!】

 

コンプレックスを『リフレーミング』して長所に変える思考について解説しています。

 

長所と短所は「紙一重」!【コンプレックスさえも『リフレーミング』して長所に変える!】

アイキャッチ画像
長所と短所は紙一重!リフレーミングしてコンプレックスさえも長所に変える!

続きを見る

 

『ツイていない日』の対処法を解説!

 

ツイていない日』の対処法について解説しています。

 

『ツイていない日』の対処法を解説!

アイキャッチ画像(ツイていない日の過ごし方【対処法と具体的な過ごし方3選】)
ツイていない日の過ごし方! 対処法と具体的な過ごし方3選!

続きを見る

 

ストレスの『軽減や改善方法』【上手なストレスとの「付き合い方」を解説】

 

ストレスの軽減や改善方法、上手なストレスとの「付き合い方」を解説しています。

 

ストレスの『軽減や改善方法』【上手なストレスとの「付き合い方」を解説】

アイキャッチ画像
ストレスの軽減や改善方法! 上手なストレスとの付き合い方を解説!

続きを見る

 

他者と喜びを共感しあえる環境を作る! 自分自身の幸せを求めすぎるのはNG?:まとめ

女性と夕日

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、「喜びを他者と共感しあえる環境を作る重要性」について解説してきました。

 

ポイント

  • 他者と特定の物事を共感しあえることによって承認欲求が満たされる。
  • 好きなアイドルや芸能人、アーティストを推す「推し活」で幸福度は簡単に上げられる。
  • ビジネスでも共感できる環境は作れる。

 

以上のことを意識しながら日々暮らしていくことができれば、

 

きっと『高い幸福度』を得ることができるはずです。

 

ぜひ今日からでも『他者と共感できる環境作り』を始めてみてはいかがでしょうか?

 

こんな方におすすめ

  • そもそも幸福感とは?
  • 他者と共感できる環境とは、具体的にどんな環境なの?

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。(Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

ブロガー▶︎Mayataka Blog運営▶︎経歴:建築科大学院 修了▶︎建設会社・取締役▶︎Twitter(お陰様でフォロワー様1.1万人)▶︎イケア / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス)etc ●運営実績などの 詳しい内容はプロフィールをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

-自己成長(マインド・ストレス)

error: Content is protected !!

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5