" />

Mayataka

ブロガー▶︎Mayataka Blog運営▶︎経歴:建築科大学院 修了▶︎建設会社・取締役▶︎Twitter(お陰様でフォロワー様1.1万人)▶︎イケア / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス)etc ●運営実績などの 詳しい内容はプロフィールをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

レビュー記事 動物関連 飼育器具etc

『エーハイム2213』モーターヘッドの外し方【パーツの詳細をていねいに解説!】

アイキャッチ画像
Pocket

 

エーハイム2213』はエーハイムの定番の外部式フィルターです。

 

そもそも「外部式フィルター」とは何か?

 

エーハイム2213のモータヘッドの外し方とその構造とパーツ類を写真と合わせて解説しています。

 

「エーハイム2213」の構造などのご理解にお役立て頂ければ幸いです。

 

※ 過去にはコトブキさん、テトラさん、ジェックスさん、スドーさんの外部式も使っていました。

 

 

こんな方におすすめ

  • 外部式フィルターとはどんなフィルターなのか?
  • 『エーハイム2213』のモーターヘッドの外し方を知りたい。
  • 『エーハイム2213』の仕様とパーツ類を確認したい。

 

では早速、いってみましょう!

 

INDEX

「外部式フィルター」とは?

 

「外部式フィルター」とは、ろ過器(フィルター)の本体に給排水用のパイプを備えたものをいいます。

 

ポンプにより水を送り出すので別名「パワーフィルター」とも呼ばれています。

 

外部式フィルターのモーターヘッドの写真

外部式フィルターのモーターヘッドの写真

 

『モーターヘッド』の写真です。

 

この樹脂製のカバーの中にはポンプが内蔵されています

 

関連

 水槽内に設置した水中ポンプから送水するタイプの外部式フィルターもあります。

 

『エーハイム2213』の外観と仕様

外部式フィルター エーハイム2213の本体

外部式フィルター エーハイム2213の本体

 

『エーハイム2213』は円筒形の外観です。

 

エーハイム2213の全体の高さは以下の通りです。

 

エーハイム2213の本体(モーターヘッド+濾過槽)の高さ
高さ約32.5cm 直径約14.7cm

 

注意ポイント

高さと直径について本体の底部分から出ているパイプ(吸水口)とモータヘッドからのパイプ(排出口)の大きさを除外した本体の実測値です。

 

『エーハイム2213』の仕様

 

『エーハイム2213』仕様は以下の通りです。

 

エーハイム2213』の仕様
適合水槽 45cm~75cm
濾過槽容量 約3.5L
ろ過容量 約3L
流量(毎時) 50Hz: 440L

60Hz: 500L

消費電力 50Hz: 5W

60Hz :6W

最大揚程 50Hz:1.0m

60Hz:1.5m

接続ホース径(内/外) 吸水側:12/16mm

排水側:12/16mm

 

注意ポイント

旧タイプの場合は周波数の確認が必要でしたが、最近の製品はどちらの周波数でも使用可能な「共通」仕様になっています。

 

 

エーハイム2213のモーターヘッドの外し方

 

それでは、エーハイム2213のモーターヘッドの外し方を解説します。

 

モーターヘッドと濾過槽は『フック』で固定

外部式フィルター エーハイム2213のフックのようす

外部式フィルター エーハイム2213のフックのようす

 

「フック」(金属製の留め金)の写真です。

 

フックによりモーターヘッドとろ過槽は固定されています。


フィルターの内部を見る(ろ材の入れ替え)には、「フック」をはずす必要があります。

 

給排水口のそれぞれにタップ(ダブルタップ)を接続している場合は、

 

給排水口のそれぞれのタップを閉じている場合、密閉状態になります。

 

ポイント

密閉状態によりモーターヘッドが脱着しにくくなりますので、どちらかのタップを開放することで楽に脱着できます。

 

エーハイム2213のフックを外しているようす

エーハイム2213のフックを外しているようす

 

フックを外して「モーターヘッド」を外します。

 

写真の様に親指と人差し指で、つまみながらゆっくり外します。

 

エーハイム2213のフック解除

エーハイム2213のフック解除

 

これで「フック」の固定が解除されました。

 

フックは全部で4か所あります。

 

注意ポイント

手が濡れていると、フックが滑って開閉し難い場合がありますのでご注意くださいね。

 

 

エーハイム2213の『モーターヘッド』ろ過槽内部側の「取り外しが可能なパーツ」

エーハイム2213のモーターヘッドの各パーツ

エーハイム2213のモーターヘッドの各パーツ

 

「モーターヘッド」にはこのようなパーツが組み込まれています。

 

左から「スピンドル受け」、「インペラー」、「インペラーケースカバー」、「スピンドル」です。

 

※ 写真のスピンドルにはラバー(ゴム製のキャップ)が写っていませんが、スピンドルの両側に使用しますのでご注意ください。

 

エーハイム2213のモーターヘッドの内部(裏側)の写真

エーハイム2213のモーターヘッドの内部(裏側)の写真

 

「モーターヘッド」の裏側の写真です。

 

前述の「スピンドル受け」と「インペラーケースカバー」が確認できますね。

 

『スピンドル受け』

エーハイム2213 モーターヘッドのスピンドル受けのようす

エーハイム2213 モーターヘッドのスピンドル受けのようす

 

前述の『スピンドル受け』がインペラーケースカバーを抑えています。

 

エーハイム2213 モーターヘッドのスピンドル受けのようす その2

エーハイム2213 モーターヘッドのスピンドル受けのようす その2

 

『スピンドル受け』を回転させると抑えが解除されます。

 

回転は左右どちらでも大丈夫です。

 

エーハイム2213のスピンドル受けの写真

エーハイム2213のスピンドル受けの写真

 

『スピンドル受け』を取り出しました。

 

エーハイム2213のスピンドル受けの裏側の写真

エーハイム2213のスピンドル受けの裏側の写真

 

『スピンドル』を差し込む真ん中の丸い穴には前述のラバー(ゴム製のキャップ)が確認できます。

 

 

『インペラーケースカバー』

エーハイム2213のインペラケースカバーの写真

エーハイム2213のインペラケースカバーの写真

 

スピンドル受けを取ると『インペラーケースカバー』とその中にはインペラースピンドルが確認できます。

 

エーハイム2213のインペラケースカバーを外したようす

エーハイム2213のインペラケースカバーを外したようす

 

『インペラーケースカバー』は、すぐに取り外せます。

 

エーハイム2213のインペラケースカバーの写真 その1

エーハイム2213のインペラケースカバーの写真 その1

 

モーターヘッドから取り出した『インペラーケースカバー』の表側(ろ過槽側)です。

 

エーハイム2213のインペラケースカバーの写真 その2

エーハイム2213のインペラケースカバーの写真 その2

 

『インペラーケースカバーの裏側』(モータヘッド内部側)です。

 

 

『インペラー』と『スピンドル』

エーハイム2213のインペラーとスピンドルの写真

エーハイム2213のインペラーとスピンドルの写真

 

『インペラー』と『スピンドル』が確認できますね。

 

これらを外します。

 

注意ポイント

スピンドル』は磁器製でポキッと折れやすいので、取り出す際はゆっくりと慎重に取り出してくださいね。

 

エーハイム2213のインペラーの写真

エーハイム2213のインペラーの写真

取り外した『インペラー』です。

 

エーハイム2213のスピンドルの写真

エーハイム2213のスピンドルの写真

 

取り外した『スピンドル』です。

 

注意ポイント

この時に『ラバー』も一緒に付いているときがあります。

 

 

エーハイム2213のインペラケースの写真

エーハイム2213のインペラケースの写真

 

4種類のパーツを外したこの状態で洗浄します。

 

『Oリング』

エーハイム2213のケース部のOリング設置状態

エーハイム2213のケース部のOリング設置状態

 

モーターヘッドと濾過槽のジョイント部分には『Oリング』により水漏れを防止しています。

 

エーハイム2213のケース部のOリングの写真

エーハイム2213のケース部のOリングの写真

 

モーターヘッドから取り出した『Oリング』です。

 

素材はゴム製です。

 

 

ポイント

長期間使用していると極稀に漏水する場合がありますが、ワセリンを塗ると水漏れを防止できます。

 

メンテナンスの際に塗っておくと良いですね。

 

 

エーハイム2213のパーツの詳細

 

エーハイム2213のパーツの詳細を解説します。

 

『ろ材固定盤』

エーハイム2213のろ材固定盤

エーハイム2213のろ材固定盤

 

フックを解除して「モーターヘッド」を外した状態です。

 

蚊取り線香のようなものは「ろ材固定盤」という器具です。

 

「ろ材固定盤」にはモーターヘッドで軽くろ過材を抑えるために脚が上を向いています。

 

注意ポイント

ろ過材付きの『エーハイム2213』を購入すると、ろ過材コンテナ(濾過槽に入れるバケツのような白色の容器)が付属していますが「ろ材固定盤」は付属していませんのでご注意くださいね。

 

モーターヘッドのデザインが変わりますが、2213と同等の性能で「ろ材固定盤」がセットされた「エーハイム500」もあります。

 

 

 

エーハイム2213のろ材固定盤を外したようす

エーハイム2213のろ材固定盤を外したようす

 

ろ材固定盤」を取り外した濾過槽の写真です。

 

ろ過材がありますね。

 

※ Mayatakaはろ過容積拡大のため付属の「ろ過材コンテナ」の使用を止めました

 

エーハイム2213のろ材と濾過槽のようす

エーハイム2213のろ材と濾過槽のようす

 

ろ過材を取り出した状態です。

 

『ろ過材コンテナ』を使用していないのでろ過材が容量一杯に入っています。

 

ろ過材についてはこちらをご覧ください。

 

アイキャッチ画像 水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。
水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。【経年変化も検証】

続きを見る

 

エーハイム2213の濾過槽のようす

エーハイム2213の濾過槽のようす

 

ろ過槽の底には『ろ材固定盤』がありますね。

 

エーハイム2213のろ材固定盤の写真

エーハイム2213のろ材固定盤の写真

 

『ろ材固定盤』はろ過槽の上下2つ使用します。

 

エーハイム2213のろ材固定盤の脚のようす

エーハイム2213のろ材固定盤の脚のようす

 

『ろ材固定盤』には脚 (あし)が付いています。

 

ポイント

濾過槽の底に設置する場合は脚が「抑え」を支えるので浮いた状態になりますね。

 

 

エーハイム2213の濾過槽内部

エーハイム2213の濾過槽内部

 

ろ過槽は半透明の緑色をしています。

 

エーハイム2213の濾過槽の外観

エーハイム2213の濾過槽の外観

 

エーハイムと言えばこの緑色ですね。

 

『吸水口』

エーハイム2213の濾過槽の吸水口

エーハイム2213の濾過槽の吸水口

 

底には『吸水口』が見えますね。

 

エーハイム2213の濾過槽の吸水口のパイプ

エーハイム2213の濾過槽の吸水口のパイプ

 

『吸水口』の写真です。

 

使う環境に応じて回転させることができます。

 

 

 

エーハイム2213のパーツ『ダブルタップ』

エーハイム2213のダブルタップの写真

エーハイム2213のダブルタップの写真

 

吸水口から「ダブルタップ」に繫がっています。

 

「ダブルタップ」のコックは通水方向を向いているので通水可能な状態です。

 

エーハイム2213のダブルタップを分離させたようす

エーハイム2213のダブルタップを分離させたようす

 

吸水側のダブルタップを2つに分離させることができます

 

左右のコックを閉めているので水が出てくることはないですね。

 

エーハイム2213の排水パイプ

エーハイム2213の排水パイプ

 

排水側から濾過された水がモーターヘッドから排出されます。

 

排水の先端には樹脂製で透明の吐水口を使っています。

 

参考

以前使っていたジェックスさんのメガパワー2045の「拡散吐出口」という部品をそのまま流用しています。

 

エーハイム2213の排水側のダブルタップ

エーハイム2213の排水側のダブルタップ

 

排水側のダブルタップです。

 

コックが解放され通水可能な状態ですね。

 

エーハイム2213のダブルタップを閉じたようす

エーハイム2213のダブルタップを閉じたようす

 

ダブルタップのコックを閉じた状態です。

 

注意ポイント

コックを開放した(通水可能な)状態でも外すことができますが、モーターヘッドの電源オフが状態でも「サイフォンの原理」で飼育水が溢れますので必ずコックを閉めてくださいね。

 

『ダブルタップ』の便利な点

エーハイム2213のダブルタップのようす

エーハイム2213のダブルタップのようす

 

「しじみ君」の水槽で使っているエーハイム2213をそのまま取り出しました。

 

写真の様にダブルタップは吸水側と排水側それぞれに設置しています。

 

ポイント

メンテナンスの際は『ダブルタップ』のコックを閉じた状態で、分離させ外部式フィルター本体のみを取り外すことができるのでメンテナンスが楽です。

 

アイキャッチ画像
水槽の掃除に便利ですよ。【7つのお掃除用具をご紹介!】

続きを見る

 

エーハイム2213(フィルター本体)のメンテナンスをしてから後日、

 

パイプのみメンテナンスしても良いですし、まだ汚れていないようであればそのままでも大丈夫ですね。

 

 

 

 

『エーハイム 2213』のレビュー

 

それではエーハイム2213のレビューです。

 

エーハイム2213の動作音やダブルタップの利便性

 

エーハイム2213は、部屋(寝室)の水槽に設置していますが動作音は気になりません。

 

『エーハイム2213』の本体の大きさや、ろ過材を含む本体重量が軽いこともありとても扱いやすいです。

 

エーハイム2213のメンテナンスの際は、必要に応じてダブルタップですぐに本体を取り出せるのも良いですね。

 

ポイント

パーツも豊富にありますので飼育環境に応じたお好みの接続やカスタマイズできます。

 

エーハイム2213に異音が発生した(原因は?)

 

過去に2度ほどカラカラと「異音」が発生しました。

 

異音の原因は、スピンドルとインペラーの消耗取り付け不備によることが考えられますね

 

まずはリセットすると元に戻る場合もあります。

 

「カメの飼育」にフィルターを使うことについて

 

「カメの飼育」は水換えが最良と思います。

 

水量を多くしエサの給餌バランスとフィルターを設置することで、ある程度の水質の維持は可能ではと思っています。

 

現在の90cm水槽で7割ほどの水深なので、『エーハイム2213』では濾過槽の容量が足りませんが、水換えで維持できています。

 

ハラガケガメの「しじみ君」の日々の状態

 

Twitterでは毎日朝晩の2回、しじみ君の様子をお届けしています。

 

飼育個体と飼育水(水質)にもよるかと思いますが、フィルター(エーハイム2213)で水を回すことで、しじみ君の甲羅の「ぬめり」が付きにくくなったよう気がします。

 

皮膚病になりやすかったしじみ君は、フィルターの設置により癒着するような異常な脱皮もなくなりました。

 

水量が多い(水深がある)と良く泳ぐので、しじみ君のダイエットにもなりますね (笑)

 

「飼育」や「動物全般」に関する記事は他にもあります。

 

こちらでは「飼育」や「動物全般」に関する記事が他にもあります。

よろしければご覧ください。

 

水槽をサイズアップするメリットとデメリットは?【ベアタンクについても解説】

 

水槽をサイズアップする『メリットとデメリット』とベアタンクについて解説しています。

 

水槽をサイズアップするメリットとデメリットは?【ベアタンクについても解説】

水槽のアイキャッチ画像
水槽をサイズアップするメリットとデメリットは?【ベアタンクについても解説】

続きを見る

 

ハラガケガメの飼育方法を詳細に解説!【水深や飼育環境】

 

ハラガケガメ (しじみ君)の飼育方法と水深などの飼育環境について解説しています。

 

ハラガケガメの飼育方法を詳細に解説!【水深や飼育環境】

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
『ハラガケガメ』を飼いたい方必見!【基本的な飼育方法&注意点を解説】

続きを見る

 

【ハラガケガメ2】飼育環境の工夫をご紹介【詳細を解説!】

 

【ハラガケガメ2】では、飼育環境の「工夫」などを詳細を解説しています。

 

【ハラガケガメ2】飼育環境の工夫をご紹介【詳細を解説!】

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ2】飼育環境の工夫をご紹介【詳細を解説!】

続きを見る

 

水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。【経年変化も検証】

 

水槽用の『軽量なろ過材』と丈夫な「ネット」について、経年変化も検証しています。

 

水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。【経年変化も検証】

アイキャッチ画像 水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。
水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。【経年変化も検証】

続きを見る

 

水槽の掃除に便利ですよ。【7つのお掃除用具をご紹介!】

 

飼育する上で水槽のお掃除は欠かせないですよね。

 

水槽の掃除でいつも使っている『お掃除用具 7つ』をご紹介しています。

 

水槽の掃除に便利ですよ。【7つのお掃除用具をご紹介!】

アイキャッチ画像
水槽の掃除に便利ですよ。【7つのお掃除用具をご紹介!】

続きを見る

 

【地震】水槽部屋が地震の被害に…被害状況など【福岡西方沖地震】

 

当時の水槽部屋が福岡西方沖地震の被害にあった状況を記録として残しています。

 

【地震】水槽部屋が地震の被害に…被害状況など【福岡西方沖地震】

アイキャッチ画像
【地震】水槽部屋が地震の被害に…被害状況など【福岡西方沖地震】

続きを見る

 

地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) ワニの施設情報の詳細を解説

 

大分県にある地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) について、

 

園内で飼育されているワニや有名な初代イチロウ君の剥製など、施設情報とあわせて詳しく解説しています。

 

地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) ではワニの迫力を近くで感じることができますよ【施設詳細あり】

別府 鬼山地獄 アイキャッチ画像
地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) ではワニの迫力を近くで感じることができますよ【施設詳細あり】

続きを見る

 

『高崎山自然動物園』の幸運のおサルさん(ぴーちゃん) と施設情報

 

サルが生息していることで有名な大分県の『高崎山自然動物園』について、『幸運のおサルさん』 (ぴーちゃん) や飼育員さんの面白い話など施設情報とあわせて詳しく解説しています。

 

【大分】『高崎山自然動物園』で沢山のサルと『幸運のサル』について【園内詳細を解説】

アイキャッチ画像
『高崎山自然動物園』幸運のサルについて【料金など施設詳細を解説!】

続きを見る

 

大分めだか日和に行ってみた! 【売られている生き物や店へのアクセスなどまとめ】

 

大分めだか日和さんで売られている生き物や店へのアクセスなどをまとめています。

 

大分めだか日和に行ってみた! 【売られている生き物や店へのアクセスなどまとめ】

アイキャッチ画像
大分めだか日和に行ってみた! 【売られている生き物や店へのアクセスなどまとめ】

続きを見る

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』ショーや見どころを解説【施設詳細と料金まとめ】

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』のショーや見どころ、施設詳細をまとめています。

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』ショーや見どころを解説【施設詳細と料金まとめ】

『うみたまご』 アイキャッチ画像
マリーンパレス水族館『うみたまご』ショーや見どころを解説【施設詳細と料金まとめ】

続きを見る

 

『昆虫の館』の魅力とは?豊後高田市【昭和の町・近隣施設情報あり】

 

昆虫の館』の魅力と昭和の町の近隣施設情報をまとめています。

 

『昆虫の館』の魅力とは?豊後高田市【昭和の町・近隣施設情報あり】

アイキャッチ画像
『昆虫の館』の魅力とは?豊後高田市【昭和の町・近隣施設情報あり】

続きを見る

 

『名和昆虫博物館』世界の昆虫標本を見学できますよ。【昆虫標本も購入できます・施設情報詳細】

 

岐阜県にある昆虫専門の博物館『名和昆虫博物館』で展示されている美しいモルフォ蝶や様々な昆虫の標本を記載しています。

 

同一の敷地内の「岐阜公園」のようすについても解説しています。

 

『名和昆虫博物館』世界の昆虫標本を見学できますよ。【昆虫標本も購入できます・施設情報詳細】

アイキャッチ画像
『名和昆虫博物館』世界の昆虫標本を見学できますよ。【昆虫標本も購入できます・施設情報詳細】

続きを見る

 

『エーハイム2213』モーターヘッドの外し方【パーツの詳細をていねいに解説!】:まとめ

 

いかがでしたか?

 

現在も使用中の外部式フィルター『エーハイム2213』のモーターヘッドの外し方とパーツの詳細を解説しました。

 

機能についてはそれぞれ一長一短あるかと思いますが、「ろ過」について飼育の参考にしていただければ幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • 外部式フィルターとはどんなフィルターなのか?
  • 『エーハイム2213』のモーターヘッドの外し方を知りたい。
  • 『エーハイム2213』の仕様とパーツ類を確認したい。

 

最後までご覧いただき、有難うございました(Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

ブロガー▶︎Mayataka Blog運営▶︎経歴:建築科大学院 修了▶︎建設会社・取締役▶︎Twitter(お陰様でフォロワー様1.1万人)▶︎イケア / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス)etc ●運営実績などの 詳しい内容はプロフィールをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

-レビュー記事, 動物関連, 飼育器具etc

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5