" />

飼育器具etc レビュー記事 動物関連

『エーハイム2213』モーターヘッドの外し方。パーツの詳細を徹底解説!

2020年3月8日

アイキャッチ画像
Pocket

 

エーハイム2213はエーハイムの定番の外部式フィルターです。

 

エーハイム2213のモータヘッドの外し方とその構造とパーツ類を徹底解説します。

 

エーハイム2213の構造などのご理解に、お役立ていたたけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • 外部式フィルターとは、どんなフィルターなのか?
  • エーハイム2213のモーターヘッドの外し方を知りたい。
  • エーハイム2213の仕様とパーツ類を確認したい。

 

では早速、いってみましょう!

 

INDEX

外部式フィルターとは、ろ過器の本体に給排水用のパイプを備えたもの。

外部式フィルターとは、ろ過器の本体に給排水用のパイプを備えたもの。 その1

外部式フィルターとは、ろ過器の本体に給排水用のパイプを備えたもの。 その1

 

外部式フィルターとは、

 

ろ過器(フィルター)の本体に給排水用のパイプを備えたものをいいます。

 

外部式フィルターとは、ろ過器の本体に給排水用のパイプを備えたもの。 その2

外部式フィルターとは、ろ過器の本体に給排水用のパイプを備えたもの。 その2

 

ポンプにより水を送り出すので、別名パワーフィルターとも呼ばれています。

 

 水槽内に設置した水中ポンプから送水するタイプの外部式フィルターもあります。

 

エーハイム2213の仕様

エーハイム2213の仕様

エーハイム2213の仕様

 

エーハイム2213の仕様は、以下の通りです。

 

エーハイム2213の仕様
適合水槽 45cm~75cm
濾過槽容量 約3.5L
ろ過容量 約3L
流量(毎時) 50Hz: 440L

60Hz: 500L

消費電力 50Hz: 5W

60Hz :6W

最大揚程 50Hz:1.0m

60Hz:1.5m

接続ホース径(内/外) 吸水側:12/16mm

排水側:12/16mm

 

製品の周波数については、

 

どちらの周波数でも使用可能な共通仕様の場合もありますのでご確認ください。

 

エーハイム2213の本体の高さは、以下の通りです。

 

エーハイム2213の本体(モーターヘッド+濾過槽)の高さ
高さ約32.5cm 直径約14.7cm

 

高さと直径については、

 

モータヘッドとろ過槽の吸排水パイプの大きさを除外した実測値です。

 

 

エーハイム2213のモーターヘッドの外し方

エーハイム2213のモーターヘッドの外し方

エーハイム2213のモーターヘッドの外し方

 

エーハイム2213のモーターヘッドの写真です。

 

この樹脂製のカバーの中にはポンプが内蔵されています。

 

それでは、

 

エーハイム2213のモーターヘッドの外し方をお伝えします。

 

モーターヘッドとろ過槽はフックで固定されている。

モーターヘッドとろ過槽はフックで固定されている。

モーターヘッドとろ過槽はフックで固定されている。

 

フック (金属製の留め金)の写真です。

 

モーターヘッドとろ過槽はフックで固定されています。

 

そのため、フィルターの内部を確認やろ材の入れ替えの際には、

 

フックをはずす必要があります。

 

モータヘッドを外す際は「タップを開ける」

モータヘッドを外す際は「タップを開ける」その1

モータヘッドを外す際は「タップを開ける」その1

 

写真のタップ (ダブルタップ)は開いた状態 (通水可能)です。

 

給排水口のそれぞれのタップ(ダブルタップ)接続して閉めている場合は密閉状態になります。

 

そのため、フックを外してもモーターヘッドは外しにくい状態になっています。

 

モーターヘッドを外しやすくするには、

 

ポイント

タップの給排水のどちらかを開けることで楽に外せます。

 

モータヘッドを外す際は「タップを開ける」その2

モータヘッドを外す際は「タップを開ける」その2

 

フックを外してモーターヘッドを外します。

 

写真のように親指と人差し指でつまみながらゆっくり外します。

 

モータヘッドを外す際は「タップを開ける」その3

モータヘッドを外す際は「タップを開ける」その3

 

フックの固定が解除されました。

 

フックは全部で4か所あります。

 

 

「エーハイム2213」モーターヘッドのろ過槽内部 (取り外し可能なパーツ)

「エーハイム2213」モーターヘッドのろ過槽内部 (取り外し可能なパーツ) その1

「エーハイム2213」モーターヘッドのろ過槽内部 (取り外し可能なパーツ) その1

 

モーターヘッドには、このようなパーツが組み込まれています。

 

左から

 

  • スピンドル受け
  • インペラー (インペラ)
  • インペラーケースカバー
  • スピンドル

 

写真のスピンドルの両側の先端にはラバー(ゴム製のキャップ)もセットでついています。

 

「エーハイム2213」モーターヘッドのろ過槽内部 (取り外し可能なパーツ) その2

「エーハイム2213」モーターヘッドのろ過槽内部 (取り外し可能なパーツ) その2

 

モーターヘッドの裏側の写真です。

 

前述のスピンドル受けインペラーケースカバーが確認できます。

 

スピンドル受け

スピンドル受け その1

スピンドル受け その1

 

前述のスピンドル受けはインペラーケースカバーを抑えています。

 

スピンドル受け その2

スピンドル受け その2

 

スピンドル受けを回転させると抑えが解除されます。

 

回転は左右どちらでも大丈夫です。

 

スピンドル受け その3

スピンドル受け その3

 

スピンドル受けを取り出しました。

 

スピンドル受け その4

スピンドル受け その4

 

スピンドル受け その5

スピンドル受け その5

 

スピンドル受けの裏側の写真です。

 

スピンドル受け その6

スピンドル受け その6

 

スピンドルを差し込む真ん中には、前述のラバー(ゴム製のキャップ)が確認できます。

 

 

インペラーケースカバー

インペラーケースカバー その1

インペラーケースカバー その1

 

スピンドル受けを取るとインペラーケースカバーと、

 

その中にはインペラースピンドルが確認できます。

 

インペラーケースカバー その2

インペラーケースカバー その2

 

インペラーケースカバーは、スピンドル受けを外しているためすぐに取り外せます。

 

インペラーケースカバー その3

インペラーケースカバー その3

 

モーターヘッドから取り出したインペラーケースカバーの表側(ろ過槽側)です。

 

インペラーケースカバー その4

インペラーケースカバー その4

 

インペラーケースカバーの裏側(モータヘッド内部側)です。

 

 

インペラーとスピンドル

インペラーとスピンドル その1

インペラーとスピンドル その1

 

インペラースピンドルが確認できます。

 

これらも外します。

 

スピンドルはセラミック製で折れやすいので、

 

注意ポイント

取り出す際はゆっくりと慎重に取り出してください。

 

インペラーとスピンドル その2

インペラーとスピンドル その2

 

取り外したインペラーです。

 

インペラーとスピンドル その3

インペラーとスピンドル その3

 

取り外したセラミック製のスピンドルです。

 

ラバーも一緒に付いているときがあります。

 

洗浄の際は、

 

注意ポイント

ラバーを誤って流さないようにご注意ください。

 

 

 

インペラーとスピンドル その4

インペラーとスピンドル その4

 

4種類のパーツを外した状態で洗浄します。

 

Oリング

Oリング その1

Oリング その1

 

モーターヘッドと濾過槽のジョイント部分は、

 

Oリングにより水漏れを防止しています。

 

Oリング その2

Oリング その2

 

モーターヘッドから取り出したOリングです。

 

素材はゴム製です。

 

 

長期間使用していると極稀に漏水する場合がありますが、

 

ポイント

ワセリンを塗ると水漏れを防止できます。

 

メンテナンスの際に塗っておくと良いですね。

 

 

エーハイム2213のパーツの詳細

 

エーハイム2213のパーツの詳細を解説します。

 

ろ材固定盤

ろ材固定盤 その1

ろ材固定盤 その1

 

フックを解除してモーターヘッドを外した状態です。

 

蚊取り線香のようなものはろ材固定盤という器具です。

 

ろ材固定盤にはモーターヘッドで軽くろ過材を抑えるために脚が上を向いています。

 

ろ過材付きのエーハイム2213を購入すると、

 

ろ過材コンテナ(濾過槽に入れるバケツのような白色の容器)が付属していますが、

 

ろ過容積拡大のため付属のろ過材コンテナは使用していません。

 

注意ポイント

ろ材固定盤が必要な方は、付属しないためご注意ください。

 

モーターヘッドのデザインが変わりますが、

 

2213と同等の性能でろ材固定盤がセットされたエーハイム500もあります。

 

 

 

 

ろ材固定盤 その2

ろ材固定盤 その2

 

ろ過材を取り出した状態です。

 

ろ過材コンテナを使用していないので、容量一杯にろ過材が入っています。

 

ろ過材についてはこちらをご覧ください。

 

アイキャッチ画像 水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。
水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に!【経年変化も検証!】

  現在、エーハイム2213(外部式フィルター)を使用中です。   ろ過材には『バクテリアリング プラスワン』を使用しています。   『エーハイム2213』のパーツなどの ...

続きを見る

 

ろ材固定盤 その3

ろ材固定盤 その3

 

ろ過槽の底にはろ材固定盤がありますね。

 

ろ材固定盤 その4

ろ材固定盤 その4

 

ろ材固定盤は、ろ過槽の上下2か所に使用します。

 

ろ材固定盤 その5

ろ材固定盤 その5

 

ろ材固定盤には脚 (あし)が付いています。

 

濾過槽の底に設置する場合、

 

脚があるため浮いた状態になります。

 

 

ろ材固定盤 その6

ろ材固定盤 その6

 

ろ過槽は半透明の緑色をしています。

 

エーハイムといえば「緑色」すが、創立70周年記念のエーハイム2213 (半透明のグレー)も販売されています。

 

 

吸水口

吸水口 その1

吸水口 その1

 

底には吸水口が見えます。

 

吸水口 その2

吸水口 その2

 

吸水口の写真です。

 

使う環境に応じて回転させることができます。

 

 

 

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ)

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ) その1

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ) その1

 

吸水口からタップ (ダブルタップ)に繫がっています。

 

タップ (ダブルタップ)のコックは通水可能な状態です。

 

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ) その2

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ) その2

 

タップ (ダブルタップ)は、コックを閉めることで2つに分離できます。

 

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ) その3

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ) その3

 

排水側から「ろ過された水」がモーターヘッドから排出されます。

 

排水の先端には樹脂製の吐水口を使っています。

 

以前使っていたジェックスさんのメガパワー2045の拡散吐出口という部品をそのまま流用しています。

 

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ) その4

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ) その4

 

排水側のタップ (ダブルタップ)です。

 

通水可能な状態です。

 

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ) その5

エーハイム2213のタップ (ダブルタップ) その5

 

アップ (ダブルタップ)のコックを閉じた状態です。

 

コックを開放した(通水可能な)状態でも外すことができますが、

 

モーターヘッドの電源オフが状態でもサイフォンの原理で、

 

注意ポイント

飼育水があふれますので必ずコックを閉めてくださいね。

 

タップ (ダブルタップ) の便利な点

タップ (ダブルタップ) の便利な点

タップ (ダブルタップ) の便利な点

 

エーハイム2213をメンテナンスする際は、

 

タップ (ダブルタップ) のコックを閉じた状態で分離します。

 

ポイント

エーハイム2213のみを取り外すことができるのでメンテナンスが楽です。

 

パイプなどのお掃除用具については、以下の記事で解説していますので、よろしければご覧ください。

 

>>水槽の掃除に7つのお掃除用具をご紹介! とっても便利!

アイキャッチ画像
水槽の掃除に7つのお掃除用具をご紹介! とっても便利!

  金魚や熱帯魚、カメなどを水槽で飼っているという方も多いのではないでしょうか。   そうした水槽を使った飼育をしていると掃除が欠かせませんが、 「なにか使いやすいお掃除道具、ない ...

続きを見る

 

エーハイム2213のメンテナンスをしてから後日、パイプのみメンテナンスしても良いですし、

 

まだ汚れていないようであればそのままでも大丈夫ですね。

 

 

 

エーハイム 2213のレビュー

 

それではエーハイム2213のレビューです。

 

エーハイム2213の動作音やタップ (ダブルタップ)の利便性

 

エーハイム2213は、部屋(寝室)の水槽に設置していますが、

 

動作音は個人的にはあまり気になりません。

 

エーハイム2213の本体の大きさや、

 

ろ過材を含む本体重量が軽いこともありとても扱いやすいです。

 

エーハイム2213のメンテナンスの際は、

 

必要に応じてダブルタップを閉めて本体を取り出せるのも良いですね。

 

パーツも豊富にありますので、

 

ポイント

飼育環境に応じたカスタマイズが可能です。

 

エーハイム2213に異音が発生した(原因は?)

 

過去に2度ほどカラカラと異音が発生しました。

 

異音の原因はスピンドルとインペラーの取り付け不備でした。

 

その他の原因として考えられるのは、

 

  • モーターヘッド内に空気が溜まる。
  • スピンドルとインペラーの経年劣化によるもの。

 

ようすを見て改善されなければ一度リセットされることをお勧めします。

 

カメの飼育にフィルターを使うことについて

 

基本的にはカメの飼育は水換えが最良といえます。

 

しかしながら、

 

水量を多くし給餌バランスを取りながらフィルターを設置することで、

 

ある程度の水質の維持は可能ではと思っています。

 

ハラガケガメのしじみ君の日々の状態

 

Twitterではハラガケガメのしじみ君のようすをツイートしています。

 

飼育個体と飼育水にもよりますが、

 

フィルター(エーハイム2213)で水を回すことで、しじみ君の甲羅のぬめりが付きにくくなったような気がします。

 

皮が癒着するような異常な脱皮もなくなりました。

 

水量が多い (水深がある)と良く泳ぐので、しじみ君のダイエットにもなりますね。

 

動物全般やレビューに関する記事は他にもあります。

 

動物全般レビューに関する記事は他にもあります。

よろしければご覧ください。

 

水槽をサイズアップするメリットとデメリットを解説! 【ベアタンクについても】

 

水槽をサイズアップするメリットとデメリットと、ベアタンクについて解説しています。

 

>>水槽をサイズアップするメリットとデメリットを解説! 【ベアタンクについても】

水槽をサイズアップするメリットとデメリットを解説! 【ベアタンクについても】

  ハラガケガメ「しじみ君」の水槽は2019年まで60cmアクリル水槽を使っていました。   時はたち成長と共に泳ぎ回ることが多くなったので、   2020年に、90cm ...

続きを見る

 

 

携帯に便利なA&D (エーアンドデイ) 放射温度計の使用用途とメリットを解説しています。

 

>>A&D (エーアンドデイ) 放射温度計の使用用途からメリットまでを解説!

A&D (エーアンドデイ) 放射温度計の使用用途からメリットまでを解説!

  温度計と言えば、 体温計や気温を測る気温計などを想像する人が大半かと思いますが、 「放射温度計」(赤外線温度計)という物も存在します。   物質には、   その物質の ...

続きを見る

 

ハラガケガメの情報と飼育方法【餌の頻度と成長過程、販売価格も】

 

ハラガケガメの基本情報と餌の頻度や成長過程など飼育方法について詳しく解説しています。

 

>>ハラガケガメの情報と飼育方法【餌の頻度と成長過程、販売価格も】

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
ハラガケガメの情報と飼育方法【餌の頻度と成長過程、販売価格も】

  ハラガケガメは、ペットとして人気がある小型のカメです。     独特なフォルムとコミカルな動きは唯一無二、ハラガケガメを飼ってみたいとお考えの方も多いのではないでしょ ...

続きを見る

 

【ハラガケガメ2】飼育環境の工夫をご紹介【詳細を解説!】

 

ハラガケガメの飼育に関する工夫などを詳しく解説しています。

 

>>【ハラガケガメ2】飼育環境の工夫をご紹介【詳細を解説!】

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
ハラガケガメ2 飼育環境の工夫を詳細解説!

  ハラガケガメの飼育では、アクリル水槽や外部式フィルターを使っています。   ハラガケガメの飼育設備の工夫について詳しく解説しています。 飼育の一例として参考にしていただけました ...

続きを見る

 

水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に!【経年変化も検証】

 

水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットについて、経年変化も検証しています。

 

>>水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に!【経年変化も検証】

アイキャッチ画像 水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。
水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に!【経年変化も検証!】

  現在、エーハイム2213(外部式フィルター)を使用中です。   ろ過材には『バクテリアリング プラスワン』を使用しています。   『エーハイム2213』のパーツなどの ...

続きを見る

 

【地震】水槽部屋が地震の被害に…被害状況など【福岡西方沖地震】

 

福岡西方沖地震による水槽部屋の被害状況を記録として残しています。

 

>>【地震】水槽部屋が地震の被害に…被害状況など【福岡西方沖地震】

アイキャッチ画像
【地震】水槽部屋が地震の被害に…被害状況など【福岡西方沖地震】

  水槽を設置した状況で大きな地震は初めての経験でした。   当時の水槽部屋が直面した『地震』について、   水槽部屋の被害状況などを記録として残しておこうと思います。 ...

続きを見る

 

地獄めぐり鬼山地獄 (ワニ地獄) のワニの迫力を体感! 施設情報など徹底解説!

 

鬼山地獄(ワニ地獄) について、初代イチロウ君の剥製など施設情報を詳しく解説しています。

 

>>地獄めぐり鬼山地獄 (ワニ地獄) のワニの迫力を体感! 施設情報など徹底解説!

アイキャッチ画像地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄)
地獄めぐり鬼山地獄 (ワニ地獄) のワニの迫力を体感! 施設情報など徹底解説!

  全国的に有名な温泉地でる別府温泉には、 全国的にも珍しい温泉熱を利用した飼育設備の『鬼山地獄』があります。   鬼山地獄(ワニ地獄)は、 大分県別府市にある観光スポットで全国的 ...

続きを見る

 

『高崎山自然動物園』幸運のサルについて。施設情報から料金まで徹底解説!

 

高崎山自然動物園の幸運のサル (ぴーちゃん) や飼育員さんの面白い話など施設情報とあわせて詳しく解説しています。

 

>>『高崎山自然動物園』幸運のサルについて。施設情報から料金まで徹底解説!

アイキャッチ画像 高崎山
『高崎山自然動物園』幸運のサルについて。施設情報から料金まで徹底解説!

  『高崎山自然動物園』は大分県神崎にあり、猿の生息で有名です。   ここで有名な「幸運のサル」をご存じですが?   「幸運のサル」(ピーちゃん)は他のお猿さんとは違って ...

続きを見る

 

大分めだか日和に行ってみた! 売られている生き物や店へのアクセスなどまとめ

 

大分めだか日和さんで売られている生き物や店へのアクセスなどをまとめています。

 

>>大分めだか日和に行ってみた! 売られている生き物や店へのアクセスなどまとめ

大分めだか日和に行ってみた! 売られている生き物や店へのアクセスなどまとめアイキャッチ画像
大分めだか日和に行ってみた! 売られている生き物や店へのアクセスなどまとめ

  大分めだか日和さんは、 大分県佐伯市 (さいきし)にあるメダカ専門店です。   店内にはメダカはもちろん飼育グッズも多く販売しているので、 メダカ飼育者には嬉しいショップです。 ...

続きを見る

 

マリーンパレス水族館うみたまごのショーや見どころと施設情報まで徹底解説!

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』のショーや見どころなどの施設詳細を徹底解説しています。

 

>>マリーンパレス水族館うみたまごのショーや見どころと施設情報まで徹底解説!

マリーンパレス水族館うみたまごのショーや見どころと施設情報まで徹底解説!アイキャッチ画像
マリーンパレス水族館うみたまごのショーや見どころと施設情報まで徹底解説!

  大分県大分市にあるマリーンパレス水族館『うみたまご』では、 以下のようなショーが開催されています。   マリーンパレス水族館『うみたまご』のショー イルカのパフォーマンス うみ ...

続きを見る

 

昆虫の館の魅力を徹底解説! 豊後高田市の昭和の町・近隣施設情報あり!

 

昆虫の館の魅力と昭和の町の近隣施設情報をまとめています。

 

>>昆虫の館の魅力を徹底解説! 豊後高田市の昭和の町・近隣施設情報あり!

昆虫の館の魅力を徹底解説! 豊後高田市の昭和の町・近隣施設情報あり!アイキャッチ画像
昆虫の館の魅力を徹底解説! 豊後高田市の昭和の町・近隣施設情報あり!

    昆虫の館は、 大分県の豊後 (ぶんご) 高田市の「昭和のまち 新町商店街」にあります。     レトロな雰囲気漂う看板が特徴です。   昆虫の ...

続きを見る

 

『名和昆虫博物館』世界の昆虫標本を見学できますよ。【昆虫標本も購入できます・施設情報詳細】

 

名和昆虫博物館の昆虫標本やお土産について徹底解説しています。

 

>>『名和昆虫博物館』世界の昆虫標本を見学できますよ。【昆虫標本も購入できます・施設情報詳細】

アイキャッチ画像『名和昆虫博物館』
『名和昆虫博物館』世界の昆虫標本を見学できますよ。【昆虫標本も購入できます・施設情報詳細】

  『名和昆虫博物館』は岐阜県岐阜市にある博物館で、   大正8年に設立された『日本最古の昆虫専門博物館』です。   この施設は害虫駆除の専門家の名和靖氏さんが創立しまし ...

続きを見る

 

『エーハイム2213』モーターヘッドの外し方。パーツの詳細を徹底解説!:まとめ

 

今回は、

 

エーハイム2213のモータヘッドの外し方とその構造とパーツ類の詳細を徹底解説しました。

 

機能についてはそれぞれ一長一短あるかと思いますが、エーハイム2213の構造のご理解にお役立ていたたけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • 外部式フィルターとは、どんなフィルターなのか?
  • エーハイム2213のモーターヘッドの外し方を知りたい。
  • エーハイム2213の仕様とパーツ類を確認したい。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。(Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

Mayataka BLOG 運営4年

▶︎「楽しく学べる」しかも「面白くて役に立つ」情報をテーマに発信しています。

【経歴】建築科大学院 修了 建設会社 取締役
【実績】最高月間売り上げ6桁 企業様メディア掲載実績あり Twitterフォロワー様1.2万人

◎どうぞよろしくお願いいたします。

-飼育器具etc, レビュー記事, 動物関連

error: Content is protected !!