" />

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) 管理人マヤタカ(運営4年)▶︎実績:お陰様で月間最高売上100万円達成できました。▶︎オファー:不動産関連上場企業様、株式会社レントラックス様(クローズドASP)、ブロガー様、その他▶︎建築科大学院・修了▶︎建設会社・取締役▶︎TwitterPro 認定・フォロワー様1.1万人超え(運営4年)▶︎美容・健康 / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス) etc…どうぞよろしくお願いします。

レビュー記事

水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。【経年変化も検証】

アイキャッチ画像
Pocket

 

現在、外部式フィルター『エーハイム2213』を使っています。

 

外部式フィルター『エーハイム2213』のパーツなどの詳しい内容は以下の記事をご覧くださいね。

アイキャッチ画像
外部式フィルター『エーハイム2213』【パーツの詳しい解説とレビュー】

続きを見る

 

このフィルターで使用中のろ過材『バクテリアリング プラスワン』と以前、使っていた「ろ過材」の経年変化の比較と『ミドリネット』を検証しました。

 

バクテリアリング プラスワン』と『ミドリネット』は検証の結果、優秀であるといえます。

 

飼育種や飼育環境によって使い方は様々と思いますが、「ろ過材」について飼育の参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • 『ろ過材』は何を使っているの?
  • 『ろ過材』の使用感は?
  • 『ネット』はどんな使い方をしている?

 

では早速、いってみましょう!

 

以前使っていたろ過材『エイブルリング』

 

セラミックろ過材 エイブルリング』 Mサイズを使っていました。

 

「チャーム」さんのオリジナル高品質ろ過材です。

 

セラミックろ過材には『エイブルリング』の他に形状が異なる『アクティブリング』と『アクティブボール』がラインナップされています。

 

大きさはそれぞれSサイズMサイズがあります。

 

『エイブルリング』の使用感

 

セラミック製のろ過材です。

 

ポイント

多孔質でバクテリアの定着が早いので、飼育水の「にごり」からの回復(透明になる)が早いです。

 

※ 「水質に敏感な」種には 水質試験薬を使った水質管理も必要です。

 

セラミック製」ですので洗浄や劣化により割れることがありますが、すべて割れるわけではありませんので長期間永く使うことができます。

 

リングの重さは一般的な「セラミックのろ過材」と同じくらいの重さですね。

 

 

『バクテリアリング  プラスワン』各サイズ (仕様) と経年変化

ろ材の写真

『バクテリアリング プラスワン』の写真

 

『エーハイム2213』で使っている樹脂製のリングろ過材です。

 

バクテリアリング プラスワン』という、ろ過材です。

 

『バクテリアリング・プラスワン』のサイズは?

 

『バクテリアリング・プラスワン』の「サイズ」を以下に示します。

 

『バクテリアリング・プラスワン』の「サイズ」
Sサイズ リングの直径12ミリ
Mサイズ リングの直径15ミリ
Lサイズ リングの直径20ミリ

 

3種類、それぞれ「直径の異なる大きさ」のサイズがラインナップされています。

 

ハラガケガメの「しじみ君」にはMサイズを使っています。

 

『バクテリアリング・プラスワン』の重さについて

 

樹脂製なので手に取ってみると、とても軽いです。

 

リングろ過材は「重い」イメージでしたが、今回のろ過材の「軽さに魅力を感じました。

 

ポイント

『バクテリアリング・プラスワン』は、軽量なので、これをセットしたフィルター本体も軽くなりますね。

 

「エーハイム2213」に『バクテリアリング プラスワン』を使う場合は3L入れると丁度良いです。

 

アイキャッチ画像
外部式フィルター『エーハイム2213』【パーツの詳しい解説とレビュー】

続きを見る

 

『バクテリアリング・プラスワン』の経年変化は?

 

『バクテリアリング・プラスワン』を数年間使用していますが、「劣化による変化」や「耐久性」はどうなのでしょうか?

 

バクテリアリング プラスワンの写真1

『バクテリアリング プラスワン』の使用後

 

『バクテリアリング・プラスワン』の写真です。

 

セラミック製等のろ過材にみられる「割れ」や「砂状の粒子」の発生は今の所ありません。

 

バクテリアリング プラスワンの写真2

『バクテリアリング プラスワン』の使用後(斜め上から)

 

『バクテリアリング・プラスワン』の「斜め上」からの写真です。

 

外見上変わったことは表面が少々白っぽくなりました。

 

バクテリアリング プラスワンの写真4

『バクテリアリング プラスワン』の使用後 (真横から)

 

『バクテリアリング・プラスワン』の「真横」からの写真です。

 

この表面を爪で引っかいてみましたが、粒子が取れたり剥がれたりすることもなく粉っぽさもないですね。

 

バクテリアリング プラスワンの写真3

『バクテリアリング プラスワン』の使用後 (真上から)

 

『バクテリアリング・プラスワン』の「真上」からの写真です。

 

割れなど大きな損傷もないので、このまましばらくは使えそうです。

 

 

『ミドリネット』

ろ材の写真

『ミドリネット』の全体写真

 

ミドリネット』の写真です。

 

『バクテリアリング プラスワン』が『ミドリネット』という網状の袋に入れられています。

 

この状態で直接「エーハイム2213」に入れてろ過を回しています。

 

アイキャッチ画像
外部式フィルター『エーハイム2213』【パーツの詳しい解説とレビュー】

続きを見る

 

『ミドリネット』を使って良かったこと

 

「エーハイム2213」には、ろ過材を「直接」入れていたので、取り出しと洗浄に時間が掛かっていました。

 

ポイント

『ミドリネット』を使うと「ろ過材」をまとめて速やかに取り出せるので、メンテナンスの時間を短縮できますね。

 

網目は程よい大きさなので、目詰まりしくいのもポイントですね。

 

ミドリネット』は常時、水中で使っているので劣化が気になりますが今の所、破れたり網全体のへたりもないです。

 

 

補足

長期間使用した「ろ過材」にはバクテリアが発生していますので飼育水で軽く洗うと良いです。

 

「飼育」や「爬虫類」に関する記事は他にもあります。

 

こちらでは「飼育」や「爬虫類」に関する記事が他にもあります。

よろしければご覧ください。

 

【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」

 

ハラガケガメ (しじみ君)の飼育方法と飼育環境について解説しています。

 

【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」【飼育環境を解説】

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」【飼育環境を解説】

続きを見る

 

【ハラガケガメ2】飼育環境の「工夫」

 

【ハラガケガメ2】では、飼育環境の「工夫」などをご紹介しています。

 

【ハラガケガメ2】飼育環境の「工夫」をご紹介【詳細あり】

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ2】飼育環境の工夫をご紹介【詳細を解説!】

続きを見る

 

外部式フィルター『エーハイム2213』

 

外部式フィルター『エーハイム2213』について、パーツの詳しい解説やレビューを解説しています。

 

外部式フィルター『エーハイム2213』【パーツの詳しい解説とレビュー】

アイキャッチ画像
外部式フィルター『エーハイム2213』【パーツの詳しい解説とレビュー】

続きを見る

 

水槽をサイズアップする際の『メリットとデメリット』

 

水槽をサイズアップする『メリットとデメリット』とベアタンクについて解説しています。

 

水槽をサイズアップする『メリットとデメリット』は?【『ベアタンク』についても解説】

水槽のアイキャッチ画像
水槽をサイズアップするメリットとデメリットは?【ベアタンクについても解説】

続きを見る

 

いつも使っている水槽の掃除の『お掃除用具 』

 

飼育する上で水槽のお掃除は欠かせないですよね。

 

「水槽の掃除」でいつも使っている『お掃除用具 』をご紹介しています。

 

「水槽の掃除」にいつも使っている『お掃除用具 』をご紹介。

アイキャッチ画像
水槽の掃除に便利ですよ。【7つのお掃除用具をご紹介!】

続きを見る

 

【地震】水槽部屋が地震の被害に…【地震当時の水槽部屋の状況】

 

当時の水槽部屋が地震の被害にあった様子を記録として残しています。

 

【地震】水槽部屋が地震の被害に…【地震当時の水槽部屋の状況】

アイキャッチ画像
【地震】水槽部屋が地震の被害に…被害状況など【福岡西方沖地震】

続きを見る

 

【大分】地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄)

 

大分県にある地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) について、園内で飼育されているワニや有名な「イチロウ君」の剥製など、施設情報とあわせて詳しく解説しています。

 

【大分】地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) は「ワニの迫力」を近くで感じることができる施設だった【施設詳細あり】

別府 鬼山地獄 アイキャッチ画像
地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) ではワニの迫力を近くで感じることができますよ【施設詳細あり】

続きを見る

 

水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。【経年変化も検証】】:まとめ

 

いかがでしたか?

 

過去に使っていたろ過材の『エイブルリング』と現在、使用中の『バクテリアリング プラスワン』を比較検証と丈夫な『ミドリネット』についてお伝えしました。

 

バクテリアリング プラスワン』と『ミドリネット』は優秀であるといえますね。

 

ポイントを以下にまとめます。

 

ポイント

◎ 軽量で取り扱いが楽。

◎ 目詰まりしにくい。(ろ過材の大きさによる)

◎ バクテリアの定着も早い。

◎ 『ミドリネット』の「耐久性」も良好。

 

「ろ過材」について、参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • 『ろ過材』は何を使っているの?
  • 『ろ過材』の使用感は?
  • 『ネット』はどんな使い方をしている?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。 (Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) 管理人マヤタカ(運営4年)▶︎実績:お陰様で月間最高売上100万円達成できました。▶︎オファー:不動産関連上場企業様、株式会社レントラックス様(クローズドASP)、ブロガー様、その他▶︎建築科大学院・修了▶︎建設会社・取締役▶︎TwitterPro 認定・フォロワー様1.1万人超え(運営4年)▶︎美容・健康 / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス) etc…どうぞよろしくお願いします。

-レビュー記事

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5