" />

IKEA(イケア) ガジェット レビュー記事

イケア ワークランプ 『ホールテ』と『ヤンショー』の「仕様」と「明るさ」を比べてみた。

ホールテとヤンショーのアイキャッチ画像
Pocket

イケアさんの照明器具の「ホールテ」と「ヤンショー」の順に各部の仕様やポイントを詳しく解説しています。

 

さらに「ホールテ」と「ヤンショー」を暗がりで同時に点灯させて明るさの比較もしましたので、ライト選びの参考にしていただけましたら幸いです。

 

こんな方におすすめ

  • イケア ワークランプ 『ホールテ』と『ヤンショー』の「仕様」は?
  • イケア ワークランプ 『ホールテ』と『ヤンショー』の「明るさ」は?

 

では早速、いってみましょう!

 

『ホールテ』LEDワークランプ

ホールテ LEDワークランプの本体の写真

ホールテ』本体の写真です。

 

直径約1.2センチの金属製パイプを曲げて作られたワークランプです。

 

明るい雰囲気の白色を選びました。

 

本体は軽量ですが安定性がありますね。

 

※ 本体の足回りから出ているコードは電源用のコードです。

 

『外観』

ホールテの首の部分の写真このワークランプの「首」になる部分です。

 

ポイント

この部分の表面はゴム製で方向を自在に変えることができます。

 

ホールテ を後ろから見た写真

後ろからの写真です。

 

首を右下に曲げてみました。

 

ポイント

硬さはなく簡単に方向を変えることができます。

 

『ライト』部分

ホールテノライト部の写真

「ライト」部分の写真です。

 

メッキで金属光沢がありますね。

 

ホールテのLEDライト部の写真

ライトの『発光部」の写真です。

 

8つのLEDチップで構成されたライトになっています。

 

ポイント

メッキ部分のみ回転させることができます。

 

『電源まわり』

ホールテ足回りの写真

足回りの写真です。

 

曲げ加工が施されているのでスタイリッシュですね。

 

ホールテの足回りの写真

足回りのパイプの先端部からは電源用のコードが出ています。

 

コードの長さは約190cmあります。

 

ホールテのUSBの写真

『USBのポート』に差すことができます。

 

ポイント

PCのポートを利用して使うこともできますね。

 

『スイッチ』

ホールテのスイッチの写真

「ホールテ」のスイッチの写真です。

 

速やかにオン、オフの操作が可能です。

 

『ホールテ』の「明るさ」

ホールテの照明を点灯させた写真

自室の照明を消して「ホールテ」を点灯させてみました。

 

暖色系の色合いの明るさです。

 

ホールテを点灯させた写真

『ホールテ』のLEDまでの高さはデスクから約40センチほどあります。

 

照らされた明かりの直径は約50センチほどあります

 

周囲をやさしい光で照らしていますね。

 

『ヤンショー』 LEDワークランプ

ヤンショーの本体の写真

ヤンショー』の本体の写真です。

 

『ホールテ』と同じくシンプルかつデザイン性のあるワークランプです。

 

『外観』

ヤンショーの首周りの写真

ヤンショー』の首周りの写真です。

 

ポイント

『ヤンショー』は『ホールテ』よりも可動範囲が広いですね。

 

速やかにライトをお好みの場所に移動させることができストレスフリーです。

 

 

ベースの写真

『ヤンショー』の台座(ベース)の写真です。

 

台座だけあって非常に重く安定性の秘訣ですね。

 

注意ポイント

購入時には2つのビスで台座の「重り」を固定しなければなりません。

 

『ライト』部分

ライトの写真

『ヤンショー』のライトの写真です。

 

1つのLEDチップが見えますね。

 

ライト部本体の写真

ライト部本体」の写真です。

 

つかみやすい形状をしていますね。

 

ポイント

丸みがあり、楽に掴むことができるデザインとなっています。

 

『電源まわり』

専用のジャックとコンセントの写真

専用のジャック(ヤンショー本体からのコード)と『コンセント』の写真です。

 

コードの長さは約200cmあります。

 

コンセントの写真

『ヤンショー』にはアダプターが付属しています。

 

チェック

専用ジャックの差込口がありますのでこちらに差し込みます。

 

『スイッチ』

スイッチの写真

『ヤンショー』の「スイッチ」はシンプルなデザインで速やかにオン・オフすることができます。

 

「ヤンショー」の『重り』の取り付け方

ヤンショーの本体とおもりの写真

『ヤンショー』の「本体」と「重り」の写真です。

 

ヤンショー本体の根元の写真

「ヤンショー本体」の根元の写真です。

 

ポイント

2つの「メスネジ」を「重り」に差し込んで「ビス」で固定します。

 

重りとカバーの写真

向かって右側は黒色の「重り」と左側は「カバー」の写真です。

 

重りとカバーの裏側の写真

「重り」と「カバー」の裏側の写真です。

 

「重り」には貼り付け用の「クッション」も付属していますので貼り付けます。

 

おもりの重さを測っている写真

おもりの重さは642gあります。

 

ライトを安定させるための『重り』なのでズッシリ重いですね。

 

重りにカバーの写真

「重り」に「カバー」を取り付けます。

 

重りにカバーを取り付けた写真

「重り」に「カバー」を取り付けました。

 

ヤンショー本体と重りの写真

次に重りの穴に「ヤンショー本体」の『メスネジ』を差し込みます。

 

重りにヤンショー本体を差し込んだ写真

差し込んだ状態です。

 

ビスとワッシャーの写真

「ビス」と「ワッシャー」を使って『重り』を固定します。

 

ヤンショー本体のビス穴

「ヤンショー」本体のビス穴が見えていますね。

 

ビスを固定している様子

1つ目の「ビス」を固定している写真です。

 

ポイント

「ヤンショー本体」と「重り」を手でしっかりと固定すると楽にネジを締められます。

 

ビスの取付完了

「ビス」の取付完了です。

 

しっかりと固定できました。

 

重りの取付完了の写真

これで『重り』の取り付けは完了です。

 

『ヤンショー』の「明るさ」

ライトを点灯させた写真

『ヤンショー』を点灯させた状態の写真です。

 

ポイント

『ホールテ』に比べて明るさが強いですね。

 

暗闇で点灯させた写真

暗闇で点灯させた写真です。

 

暖色系の色でくっきりと照射範囲が分かりますね。

 

 

『ホールテ』と『ヤンショー』の「明るさ」を比較

ホールテとヤンショーの明るさを撮った写真

『ホールテ』と『ヤンショー』を同時に点灯させた写真です。

 

この写真を見ると『ヤンショー』の方が明るいですね。

 

『ホールテ』と『ヤンショー』の使用感

 

『ホールテ』と『ヤンショー』を数日掛けてデスクにおいて使ってみましたが『ホールテ』の方がやさしい光で目の負担が少ないように感じました。

 

このことから長時間の使用には『ホールテ』が良いかなと思います。

 

『ヤンショー』はワークランプではありますが光量が若干強いのでスポットライト的な使い方が良いかもしれません。

 

イケアのボンドリアン
イケア 『BONDLIAN』ボンドリアン「ティッシュボックス」【優れた点と使用上の注意点を解説】

続きを見る

 

収納の写真
収納アイテムを探している方必見!IKEAのおすすめ『収納グッズ』と『収納方法』

続きを見る

 

イケア 外観写真
一人暮らしの方必見!IKEAの『おすすめ家具&活用方法』

続きを見る

 

イケア 『ロマ』・『リルフルト』・『コップラ』の仕様は?【『ロマ』のかたい「ふた」の閉じ方も解説】

続きを見る

 

sockerbitのアイキャッチ画像
イケア 『ソッケルビート』の「ふた付きボックス」は機能性に優れたものだった【キャスターの取り付け方あり】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
イケア LACKシリーズ『コーヒーテーブル』の「組み立て方のポイント」を解説。

続きを見る

 

IKEA LINNMONとADILSのアイキャッチ画像
イケア『LINNMON+ADILS』 テーブルの「組み立て方」と「使用感」をお伝えします。

続きを見る

 

イケア ワークランプ 『ホールテ』と『ヤンショー』の「仕様」と「明るさ」を比べてみた。:まとめ

ヤンショーとホールテの全体写真

いかがでいたか?

 

『ホールテ』と『ヤンショー』の仕様と明るさを比較しました。

 

実用的な使用の他に、どちらもデザイン性の高いランプですので1つ置くだけでもインテリアとして演出してくれますね。

 

ランプ選びの参考にしていただけましたら幸いです。

 

こんな方におすすめ

  • イケア ワークランプ 『ホールテ』と『ヤンショー』の「仕様」は?
  • イケア ワークランプ 『ホールテ』と『ヤンショー』の「明るさ」は?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。(Mayataka)

 

-IKEA(イケア), ガジェット, レビュー記事

© 2021 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5