" />

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) 管理人マヤタカ(運営4年)▶︎実績:お陰様で月間最高売上100万円達成できました。▶︎オファー:不動産関連上場企業様、株式会社レントラックス様(クローズドASP)、ブロガー様、その他▶︎建築科大学院・修了▶︎建設会社・取締役▶︎TwitterPro 認定・フォロワー様1.1万人超え(運営4年)▶︎美容・健康 / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス) etc…どうぞよろしくお願いします。

レビュー記事

水槽をサイズアップするメリットとデメリットは?【ベアタンクについても解説】

水槽のアイキャッチ画像
Pocket

 

ハラガケガメの「しじみ君」の水槽2019年まで60cmアクリル水槽を使っていました。

 

成長と共に泳ぎ回ることが多くなったので、より広い2020年に90cmアクリル水槽にしました。

 

アクリル水槽の「大きさ」を変更することと、「ベアタンク」について『メリットとデメリット』を実際の写真をまじえて解説いたしますね。

 

飼育法の1つとして参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • 水槽を大きくするメリットとデメリットは?
  • 『ベアタンク』とは?
  • ベアタンクのメリットとデメリットは?

 

では早速、いってみましょう!

 

INDEX

水槽をサイズアップするメリットとデメリット

 

水槽をサイズアップした場合の「メリット」と「デメリット」には、どのようなことがあるのでしょうか。

 

サイズアップによるメリット

 

水槽のサイズアップによるメリットを以下にまとめます。

 

水槽のサイズアップによる『メリット』

  • 水量が多くなることで「水質を維持しやすくなり、飼育水の劣化を緩やか」にできる。
  • 水量が多いので「水温の急激な温度変化を緩和」することができる。
  • 飼育面積が広くなるので飼育個体 (ミズガメの場合) の運動量が増え「健康維持 (ダイエット) につながる」

 

サイズアップによるデメリット

 

水槽のサイズアップによるデメリットを以下にまとめます。

 

水槽のサイズアップによる『デメリット』

  • 水槽の価格が高くなる
  • 飼育水を含む水槽の「総重量が増えるため、設置場所を考慮」しなければならない。
  • 全換水の場合は「時間が掛かる」

 

水槽のサイズアップ後も『ベアタンク』にする

水槽全体の写真1

水槽全体の写真1

 

しじみ君のアクリル90cm水槽の写真です。

 

前回に引き続きベアタンクにしました。

 

『ベアタンク』とは?

 

ベアタンク』について以下に示します。

 

ベアタンク

bare tank」と書きますが「bare」の意味は「むき出しの」という意味です。

底砂のない水槽という意味す。

 

因みに「bear」は動物の「熊」ですね。

 

ご覧の様に底砂はなく水中にある備品類は「水中ヒーター」、「外部式フィルターのパイプ」、「テラスの先端」のみのシンプルな水槽になっています。

 

ベアタンクのメリット

 

『ベアタンク』にすることでメリットがあります。

 

ベアタンクのメリットを以下の順に解説しますね。

 

ベアタンクのメリット

  • ベアタンクは飼育個体を観察しやすい。
  • ベアタンクのメンテナンスは楽。
  • 水槽の総重量を減らすことができる。

 

ベアタンクは飼育個体を観察しやすい。

 

水槽内は必要最低限の備品だけなので飼育個体がとてもよく目立ちます。

 

ポイント

飼育個体をピンポイントで観察できますし映えますね。

 

注意ポイント

お迎えする個体の導入当初は環境に慣れてないため、ストレスになる場合がありますのでご注意くださいね。

 

ベアタンクのメンテナンスは楽。

 

ミズガメは糞の量が多いので、水換えをすることにより飼育水を速やかかつ清潔に保つことができます。

 

ポイント

  • 水槽のリセットの場合には水槽内部とフィルターと備品だけのお掃除。
  • 砂がない分時間の節約にもなる。

 

アイキャッチ画像
水槽の掃除に便利ですよ。【7つのお掃除用具をご紹介!】

続きを見る

 

水槽の総重量を減らすことができる。

 

砂を厚く敷く場合は水槽の総重量もかなりの重さになります。

 

ポイント

砂が無いのでその分、水槽の総重量を減らせますね。

 

 

ベアタンクのデメリット

 

『ベアタンク』にはメリットがありますが、「デメリット」もあります。

 

ベアタンクのデメリットを以下の順に解説しますね。

 

ベアタンクのデメリット

  • エサの食べ残しやコケが目立つ。
  • 「ろ過バクテリア」が少なくなるためフィルターを強力なものに。

 

エサの食べ残しやコケが目立つ。

 

今回の水槽は「白底」ですのでコケが発生したときには「透明底」以上に美観を損ねます

 

こまめにメンテナンスされている方であれば問題ないですね。

 

「ろ過バクテリア」が少なくなるためフィルターを強力なものに。

 

ベアタンクはろ過バクテリアが少ないため、フィルターの容量をアップさせる必要があります。

 

ハラガケガメのしじみ君には外部式フィルターを使っています。

 

飼育頭数にもよりますが、

 

しじみ君の飼育においては外部式フィルターと少量の換水で水質維持できています。

 

外部式フィルターろ過材については以下を記事をご覧ください。

 

アイキャッチ画像
外部式フィルター『エーハイム2213』【パーツの詳しい解説とレビュー】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。【経年変化も検証】

続きを見る

 

水槽をサイズアップして「稼働」するまで

90cmアクリル水槽の写真1

90cmアクリル水槽の写真1

 

今回、購入した「90cmアクリル水槽」の写真です。

 

大きさは幅90cm×奥行45cm×高さ45cm、厚さ6mmのアクリル水槽(白底)です。

 

今まで使っていた60cm水槽は奥行き45cm×高さ45cmのアクリル水槽でした。

 

今回の水槽は幅だけ30cm大きくなった水槽です。

 

アクリル水槽とガラス水槽の違いについては、以下の記事をご覧くださいね。

 

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ2】飼育環境の工夫をご紹介【詳細を解説!】

続きを見る

 

水槽をサイズアップして「稼働」するまでを、以下の順に解説しますね。

 

水槽をサイズアップして「稼働」するまで

  • 断熱材を貼る。
  • 「カラーボード」をカットし貼り合わせる。
  • アクリル水槽に飼育水を入れる。
  • 「60cmアクリル水槽」と「90cmアクリル水槽」を斜め上から見てみる。
  • ハラガケガメの「しじみ君」を90cm水槽へ。

 

断熱材を貼る。

 

「60cmアクリル水槽」で使った同じカラーボード (断熱材)を購入しました。

 

カラーボードの種類や大きさ等、以下の記事をご覧くださいね。

 

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ2】飼育環境の工夫をご紹介【詳細を解説!】

続きを見る

 

「カラーボード」をカットし貼り合わせる。

90cmアクリル水槽の写真2

90cmアクリル水槽の写真2

 

採寸しカットした「カラーボード」の写真です。

 

90cmアクリル水槽の写真3

90cmアクリル水槽の写真3

 

「アクリル水槽」をひっくり返した状態の写真です。

 

90cmアクリル水槽の角のようす

90cmアクリル水槽の角のようす

 

「アクリル水槽」の底のアップの写真です。

 

このような感じで貼り合わせています。

 

90cmアクリル水槽の前面の角のようす

90cmアクリル水槽の前面の角のようす

 

「アクリル水槽」の前面のコーナーの写真です。

 

ポイント

「断熱材」はアクリル水槽のから貼り合わせたので、縦方向を優先して貼り合わせています。

 

90cmアクリル水槽の上部の角のようす

90cmアクリル水槽の上部の角のようす

 

「アクリル水槽」の前面、上部のコーナーの写真です。

 

少しテープが浮いています…(笑)

 

90cmアクリル水槽の全体その1

90cmアクリル水槽の全体その1

 

「アクリル水槽」に「カラーボード」(断熱材)を貼り終えて完成です。

 

90cmアクリル水槽の全体その2

90cmアクリル水槽の全体その2

 

アクリル水槽の『塩ビのふた』と『クリップライト』を仮に設置してみました。

 

とても明るいですね!

 

90cmアクリル水槽の上部

90cmアクリル水槽の上部

 

塩ビのふた」は新規で購入しカットしました。

 

アクリル水槽に飼育水を入れる。

90cmアクリル水槽に注水しているようす

90cmアクリル水槽に注水しているようす

 

外部式フィルター2213」と「水中ヒーター」を設置しました。(給水中の写真です)

 

90cmアクリル水槽に外部式フィルターを取り付けた

90cmアクリル水槽に外部式フィルターを取り付けた

 

外部式フィルター2213」のパイプは前回使っていた60cm水槽と同じ設置方法です。

 

現在もこの設置方法で飼育しています。

 

外部式フィルターの設置については「ハラガケガメ②」の『日頃のメンテナンスを楽にをご覧くださいね。

 

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ2】飼育環境の工夫をご紹介【詳細を解説!】

続きを見る

 

90cmアクリル水槽のテラス

90cmアクリル水槽のテラス

 

テラス(浮島)の写真です。

 

こちらは簡単な説明ですが「ハラガケガメ①」の『テラスをご覧くださいね。

 

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」【飼育環境を解説】

続きを見る

 

90cmアクリル水槽の注水完了

90cmアクリル水槽の注水完了

 

「アクリル水槽」に飼育水が入りました。

 

外部式フィルター2213」と「水中ヒーター」の動作に異常なければ完成です。

 

飼育水で満たされた水槽はとても明るいです。

 

「60cmアクリル水槽」と「90cmアクリル水槽」を斜め上から見てみる。

60cmアクリル水槽のようす

60cmアクリル水槽のようす

 

『60cmアクリル水槽』を上から見た写真です。

底は黒色のバックスクリーンを挟んで黒色にしていました。

 

注水後の90cmアクリル水槽を上からのようす

注水後の90cmアクリル水槽を上からのようす

 

90cmアクリル水槽』を上から見た写真です。

 

ポイント

全体の明るさからして白底の影響が大きいことが分かりますね。

 

ハラガケガメの「しじみ君」を90cm水槽へ

60cmアクリル水槽のようす

60cmアクリル水槽のようす

 

ハラガケガメの『しじみ君』を「60cmアクリル水槽」で飼育していた頃の写真です。

 

「しじみ君」にはまだ幼さがありますね。

 

90cmアクリル水槽のようす

90cmアクリル水槽のようす

 

こちらが「90cmアクリル水槽」の写真です。

 

ハラガケガメの「しじみ君」は大きくなっていますがそれでも広い空間です

 

 

 

「飼育」や「爬虫類」に関する記事は他にもあります。

 

こちらでは「飼育」や「爬虫類」に関する記事が他にもあります。

よろしければご覧ください。

 

【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」

 

ハラガケガメ (しじみ君)の飼育方法と飼育環境について解説しています。

 

【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」【飼育環境を解説】

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」【飼育環境を解説】

続きを見る

 

【ハラガケガメ2】飼育環境の「工夫」

 

【ハラガケガメ2】では、飼育環境の「工夫」などをご紹介しています。

 

【ハラガケガメ2】飼育環境の「工夫」をご紹介【詳細あり】

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ2】飼育環境の工夫をご紹介【詳細を解説!】

続きを見る

 

外部式フィルター『エーハイム2213』

 

外部式フィルター『エーハイム2213』について、パーツの詳しい解説やレビューを解説しています。

 

外部式フィルター『エーハイム2213』【パーツの詳しい解説とレビュー】

アイキャッチ画像
外部式フィルター『エーハイム2213』【パーツの詳しい解説とレビュー】

続きを見る

 

水槽用の『軽量なろ過材』と丈夫な「ネット」について

 

水槽用の『軽量なろ過材』と丈夫な「ネット」について、経年変化も検証しています。

 

水槽用の『軽量なろ過材』と丈夫な「ネット」でお掃除を楽に。【経年変化も検証】

アイキャッチ画像
水槽用の軽量なろ過材と丈夫なネットでお掃除を楽に。【経年変化も検証】

続きを見る

 

いつも使っている水槽の掃除の『お掃除用具 』

 

飼育する上で水槽のお掃除は欠かせないですよね。

 

「水槽の掃除」でいつも使っている『お掃除用具 』をご紹介しています。

 

「水槽の掃除」にいつも使っている『お掃除用具 』をご紹介。

アイキャッチ画像
水槽の掃除に便利ですよ。【7つのお掃除用具をご紹介!】

続きを見る

 

【地震】水槽部屋が地震の被害に…【地震当時の水槽部屋の状況】

 

当時の水槽部屋が地震の被害にあった様子を記録として残しています。

 

【地震】水槽部屋が地震の被害に…【地震当時の水槽部屋の状況】

アイキャッチ画像
【地震】水槽部屋が地震の被害に…被害状況など【福岡西方沖地震】

続きを見る

 

【大分】地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄)

 

大分県にある地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) について、園内で飼育されているワニや有名な「イチロウ君」の剥製など、施設情報とあわせて詳しく解説しています。

 

【大分】地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) は「ワニの迫力」を近くで感じることができる施設だった【施設詳細あり】

別府 鬼山地獄 アイキャッチ画像
地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) ではワニの迫力を近くで感じることができますよ【施設詳細あり】

続きを見る

 

水槽をサイズアップするメリットとデメリットは?【ベアタンクについても解説】: まとめ

 

いかがでしたか?

 

60cm水槽と90cm水槽を比較しながら「水槽を大きくした場合」と「ベアタンク」のメリットとデメリットをお伝えしました。

 

水槽を大きくした場合のメリットとデメリットのおさらいです。

 

水槽のサイズアップによる『メリット』

  • 水量が多くなることで「水質を維持しやすくなり、飼育水の劣化を緩やか」にできる。
  • 水量が多いので「水温の急激な温度変化を緩和」することができる。
  • 飼育面積が広くなるので飼育個体 (ミズガメの場合) の運動量が増え「健康維持 (ダイエット) につながる」

 

水槽のサイズアップによる『デメリット』

  • 水槽の価格が高くなる
  • 飼育水を含む水槽の「総重量が増えるため、設置場所を考慮」しなければならない。
  • 全換水の場合は「時間が掛かる」

 

ベアタンクのメリットとデメリットのおさらいです。

 

ベアタンクのメリット

  • ベアタンクは飼育個体を観察しやすい。
  • ベアタンクのメンテナンスは楽。
  • 水槽の総重量を減らすことができる。

 

ベアタンクのデメリット

  • エサの食べ残しやコケが目立つ。
  • 「ろ過バクテリア」が少なくなるためフィルターを強力なものに。

 

「明るさ」と「広さ」があり、水槽を大きくして良かったなと思います。

 

現在もベアタンクで飼育中です。

 

飼育の参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • 水槽を大きくするメリットとデメリットは?
  • 『ベアタンク』とは?
  • ベアタンクのメリットとデメリットは?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。(Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) 管理人マヤタカ(運営4年)▶︎実績:お陰様で月間最高売上100万円達成できました。▶︎オファー:不動産関連上場企業様、株式会社レントラックス様(クローズドASP)、ブロガー様、その他▶︎建築科大学院・修了▶︎建設会社・取締役▶︎TwitterPro 認定・フォロワー様1.1万人超え(運営4年)▶︎美容・健康 / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス) etc…どうぞよろしくお願いします。

-レビュー記事

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5