" />

レビュー記事 動物関連

古書『日本昆蟲圖鑑』(にほんこんちゅうずかん)を修理してもらった。

日本昆虫図鑑のアイキャッチ画像
Pocket

 

『日本昆虫図鑑』という昆虫専門の図鑑が老朽化していたので、本の修理屋さんに修理をお願いすることにしました。

 

依頼するのは初めてでしたがスムーズにできましたよ。

 

『日本昆虫図鑑』の修理依頼の流れと修理前と修理後の様子を写真と共にお伝えいたします。

 

こんな方におすすめ

  • 『日本昆蟲圖鑑』(にほんこんちゅうずかん)はどんな図鑑?
  • 本は「修理」はできるの?

 

では早速いってみましょう!

 

古書『日本昆蟲圖鑑』(にほんこんちゅうずかん)を修理してもらった。

 

『日本昆蟲圖鑑』(にほんこんちゅうずかん)の内容と時代背景

 

古書『日本昆蟲圖鑑』(にほんこんちゅうずかん)の「内容」

 

1932年(昭和7年)に発刊された『日本昆蟲圖鑑』は今から89年前の図鑑です。(2021年現在)

 

大きさは、

縦19センチ×横14センチ×厚さ9.5センチ

 

項数(ページ数)は、

本文2241頁・図版24枚・索引97頁・和名索引凡例123頁・分類表15頁あります。

 

図鑑の大きさは比較的コンパクトですが、厚みと重さ(約2.5kg) があるのでズッシリとしています。

 

この図鑑は複数の専門家により編集されたもので、各ぺージにはモノクロの博物画とその特徴や生息域などが記載されています。

 

ページの初めには昆虫(成虫、幼虫、サナギ、卵、食草etc)の博物画 (図版24枚)もカラーで記載されています。

 

博物画ですので細密に描かれていますが温かみを感じます。

 

古書『日本昆蟲圖鑑』(にほんこんちゅうずかん)の時代背景

 

1932年『5.15事件』が起こった年ですね。

 

五・一五事件(ごいちごじけん)は、1932年(昭和7年)5月15日に日本で起きた反乱事件。武装した海軍の青年将校たちが総理大臣官邸に乱入し、内閣総理大臣犬養毅を殺害した。   出典: ウィキペディア(Wikipedia)

 

『日本昆蟲圖鑑』の修理前の状態

 

修理前の図鑑の状態を見てみましょう。

 

『背表紙』の写真です。

 

貫禄がありますね。

 

革が破れ箔押しも剥げていますし、革に触れると手が黒く汚れます。

 

年代物ですので痛みが激しいのは当然ですね…

 

『見返し』が破れているのでハードカバーが外れています。

 

シミや汚れも確認できますね。

 

綴じ糸も切れているので、まともに読むことができない状態です (汗)

 

背の本皮も損傷が激しいですね。

 

ハードカバー(緑色の部分)は特に大きなキズや破れはない様です。

 

綴じ糸が切れているため少し変形しています。

 

もうこの状態ではまともに読むことができませんね(汗)バラバラになりかねないです…

 

綴じ糸が切れているページは「オサムシ・ゴミムシ」のページですが、前オーナー様がよく読まれていたのでしょうかね。

 

『日本昆蟲圖鑑』(にほんこんちゅうずかん)を修理してもらう。

修理を依頼するには

 

修理屋さんに本の傷んだ様子を撮影した写真と修理の内容などをメールで伝えると、具体的にどの様な修理をしたらいいかを分かりやすく提案してくれます。

 

双方の合意のもと本を送付します。

 

悩むことなくスムーズに決めることができましたよ。

 

修理された図鑑が戻ってきた

 

4週間後、丁寧に梱包されMayatakaの元に戻ってきました。では見てみましょう!

 

修理された図鑑の写真1

箔押しされた既存の『背表紙』は皮革調のクロスに貼り合わせられています。

 

修理された図鑑の写真2

破損していたハードカバーも綺麗に接着されています。

 

新本の様にキレイですね。

 

修理された図鑑の写真3

見返し(遊び)の写真です。和紙で仕上げられています。

 

修理された図鑑の写真4

見返し (遊び)をめくると本文の表紙になっています。

 

修理された図鑑の写真5

背表紙に向かって右側の写真です。『皮革調のクロス』で綺麗に仕上げられています。

 

修理された図鑑の写真6

向かって左側の写真です。こちらも同様の仕上がりですね。

 

修理された図鑑の写真。

シミや汚れも依頼前に比べて、かなり取れています。

 

項数が多いので製本に手間暇かかったことと思います(汗)

 

綺麗に生まれ変わりました !

 

図鑑の修理はブックスドクターさんにしていただきました。

 

昭和の町 豊後高田の昆虫の館
【大分】「昭和の町」豊後高田市にある『昆虫の館』に行ってきました。

続きを見る

 

名和昆虫博物館のアイキャッチ画像
【岐阜】『名和昆虫博物館』では昆虫を楽しく学べるユニークな施設だった。

続きを見る

 

『BeLOMO(ベロモ)トリプレット ルーペ』は綺麗に見ることができるルーペだった。

続きを見る

 

 DumontNo.5 Biology (INOX08)のアイキャッチ画像
『Dumont (デュモン) No.5 INOX08 』ピンセットは柔軟性のある超精密ピンセットだった。

続きを見る

 

捕虫網 アイキャッチ画像
伸縮できる『捕虫網』!グラつき無し! しっかりとした造りの『捕虫網』を使ってみた。

続きを見る

 

古書『日本昆蟲圖鑑』(にほんこんちゅうずかん)を修理してもらった。まとめ

 

いかがでしたか?

 

古書『日本昆蟲圖鑑』(にほんこんちゅうずかん)の内容と修理についてお伝えしました。

 

歴史的な資料でもある図鑑を修理するか迷いましたが、修理をお願いして良かったと思います。

 

何か参考にしていただけましたら幸いです。

 

こんな方におすすめ

  • 『日本昆蟲圖鑑』(にほんこんちゅうずかん)はどんな図鑑?
  • 本は「修理」はできるの?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。(Mayataka)

 

-レビュー記事, 動物関連

© 2021 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5