" />

動物関連

【大分】マリーンパレス水族館『うみたまご』の生き物の魅力【施設詳細を解説】

『うみたまご』 アイキャッチ画像
Pocket

 

うみたまご』は大分県の別府湾を臨む「水族館」です。

 

『うみたまご』にはどんな生き物がいるのか?またどんな施設なのか?

 

「魅力的な生き物」の写真と共に「施設情報」も詳しくお伝えしますね。

 

こんな方におすすめ

  • マリーンパレス水族館『うみたまご』にはどんな生き物がいるの?
  • マリーンパレス水族館『うみたまご』の施設情報は?

 

では早速、いってみましょう!

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』とは?

 

『うみたまご』は、旧「大分生体水族館マリーンパレス」の3倍に規模を拡大して、2004年(平成16年)にリニューアルしました。

 

飼育種500種、15,000点の生き物たちがいる『うみたまご』は有名な観光スポットとなっています。

 

旧『大分生体水族館 マリーンパレス』

 

旧『大分生体水族館マリーンパレス』は潮流式回遊水槽』が有名で、とても大きなマグロが絶えず回遊していました。

 

また、出入口には多数の魚介類の剥製が展示されていましたね。

 

古き良き昔ながらの水族館でした。

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』の「外観」

出入口の写真

チケット売り場の左側には『うみたまごの出入口があります。

 

その上側には「たまご」のマークがありますね。

 

『うみたまご』の名前の由来は、海の魚介類の根源である「たまご」から進化発展する意味を込めて命名されています。

 

外観の写真

階段は結構な段数がありますね…

 

この階段を上がると先ほどのチケット売場出入口があります。

 

階段に向かって左側の円柱型の建造物は↓

エレベーターの写真

エレベーターになっています。(2階から撮影)

 

ポイント

車椅子をご利用の方やお子様連れの方は、階段を使わずに出入口に向かうことができますね。

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』の「様々な生き物」

 

ユニークな生き物たちをほんの一部ですがご紹介いたします。

 

セイウチの『ぶぶちゃん』

セイウチの写真1

「うみたまご」のアイドル、セイウチの『ブブちゃん』です。

 

『セイウチのショー』としては西日本初です。

 

セイウチの写真3

30分程で終了します。

 

セイウチの写真2

終了後はブブちゃんに直接、優しく触れることができます

 

直接、触れる機会なんてなかなかないですよね。

 

近くで見ると、とても迫力があります!

 

『トラフグ』

トラフグの写真

トラフグ」です。

 

目方で30~40センチぐらいでしょうか…

 

頭には潜ったときの砂が乗っていて、とても可愛いですね。

 

『チンアナゴ』

チンアナゴの写真

ご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

チンアナゴ」です。

 

潮の流れによって運ばれてくるプランクトンなどを捕食しています。

 

独特な姿勢で、とてもユニークですね。

 

手前右側の違う方向を向いている個体は急に引っ込んだり出てきたり…

 

ソワソワ…誰かを探しているのですかね…

 

終始落ち着かいな様子で動いていたので目立っていました (笑)

 

ポイント

「チンアナゴ」の水槽の前には小さな階段状の踏み台がありますので、お子様も楽に見ることができます。

 

『ヘラヤガラ』

ヘラヤガラの写真

極端に長い口と小さな尾びれが印象的な「ヘラヤガラ」です。

 

あまり泳がず、その場に佇んでいました。

 

印象的な形しています。

 

水槽の隅にいる「アオヒトデ」。

 

その名の通り濃い青色でとても綺麗です。

 

『コバルト ヤドクガエル』

コバルトヤドクガエルの写真

熱帯の森が再現された水槽には、森の宝石「コバルト ヤドクガエル」がいました。

 

その名の通りとても美しいコバルトブルーですね。

 

他には「キオビヤドクガエル」もいましたよ。

 

『ピラルク』

ピラルクの写真

世界最大級の淡水魚の一種「ピラルク」です。

 

ピラルクの写真

目の前に来てくれたのですが迫力がありますね!

 

鱗の1枚1枚が大きく、鎧を身にまとったようです。

 

ポイント

水槽の前には『座布団』がありますので、それを置いて同じ目線で魚を見ることができます。

 

水族館で『座布団』はユニークですね (笑)

 

『タカアシガニ』

タカアシガ二とメバルの写真

日本近海の深海に生息する「タカアシガニ」です。

 

足元に「メバル」もいます (笑)

 

メバルの写真

Mayatakaが撮影しようと近寄った時に「メバル」が引っ込んでしまいました。

 

ビックリさせてゴメンナサイ (汗)

 

メバルは『タカアシガニ』の足元で安心しています。

 

『ダイオウグソクムシ』

ダイオウグソクムシの写真

※ 苦手な方もいらっしゃると思いますので、画像を小さくしています。

 

深海に生息する「ダイオウグソクムシ」です。

 

20~30センチくらいでしょうか。

 

「ダイオウ」の名に恥じない、ダンゴムシの巨大バージョンといったところでしょうか。

 

『アザラシ』

アザラシの写真

アザラシ』が軽快な泳ぎを見せてくれてます。

 

愛くるしい姿に癒されますね。

 

『ウミガメ』

ウミガメの写真1

ゆっくりと泳ぐ『ウミガメ』の様子は癒されます。

 

なんとも優しい顔をしていますね。

 

のんびり…

 

ウミガメの写真2

目の前に近寄ってきてくれました。

 

ウミガメの写真2

ゆっくりと優雅に泳いでいます。

 

「うみたまご」といえば?

 

『うみたまご』といえばコレ!という施設をご紹介します。

 

『サンゴ大水槽』

大サンゴ水槽の写真1

大分県南のサンゴを人工照明下で初めて繁殖に成功した『サンゴ大水槽』です。

 

同じ水域の魚たちと相まって、とても美しい水景となっています。

 

大サンゴ水槽の写真2

サンゴ大水槽』を別の角度からの写真です。

 

ナポレオンフィッシュの写真

「サンゴ大水槽」の左下側には『メガネモチノウオ』がいました。

 

別名「ナポレオンフィッシュ」も人気です。

 

近くで見るとやはり迫力があります!

 

のんびりとした巨人といったところでしょうか。

 

目だけは常にキョロキョロしてとても可愛いです (笑)

 

『円柱水槽』

円柱水槽の写真

「サンゴ大水槽」の近くにはこちらのような『円柱水槽』が複数あります。

 

サンゴとお魚の組み合わせは美しく「絵」になりますね。

 

とても美しい・・・

 

『うみたまホール』

うみたまホールの写真

大回遊水槽の眺めることができる『うみたまホール』があります。

 

白色を基調とした「たまご」のような丸みのある壁で独特な空間になっています。

 

ポイント

うみたまホール』にはソファーがありますので、ゆったりと寛ぎながら見ることができますよ。

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』の「屋外施設」

 

『うみたまご』の「屋外施設」は海沿いなので、磯の香り(潮の香り)がします。

 

『イルカプール』

イルカプールの写真

イルカショーを行っている『イルカプール』です。

 

イルカショー1

『イルカショー』の様子です。

 

イルカショー2

近くで見ると迫力があります!

 

イルカショー3

スタンド最前列ではイルカを間近で見ることができますね。

 

注意ポイント

イルカの様子を近くで見ることができますが「水しぶき」にご注意くださいね。

 

イルカショー4

最前列では水しぶきに備えて『シート』が準備されています。

 

『タッチプール』

 

イルカプールの近くには『大タッチプール』がありますので、魚介類を直接触ることもがきます。

 

屋内にも『タッチプール』があります。

 

『ジャングル タンク』

シャングルタンクの写真

熱帯雨林のアマゾンを再現した「ジャングルタンク」です。

 

こちらには、先ほどご紹介したピラルクが泳いでいます。

 

ポイント

「自然光」が取り入れられ、より「自然に近い環境」が再現されています。

 

ジャングルタンク右側

ジャングル タンク』右側の写真です。

 

『イルカプール』がありますね。

 

ジャングルタンク上

ジャングル タンク』の奥の別府湾を眺めることができます。

 

ジャングルタンク左側

ジャングル タンク』の左側の写真です。

 

『別府湾スタンド』

別府湾スタンドからの眺め

別府湾スタンド』からは雄大な水平線を眺めることができます。

 

右奥には先ほどの「ジャングル タンク」がありますね。

 

風の通りも良く気分爽快です。

 

ショーステージの写真

別府湾スタンド』の左側からの眺めです。

 

写真中央にはセイウチの「ブブちゃん」がショーを披露していた「ショーステージ」があります。

 

その手前は「スタンド」(客席)になっています。

 

「第一駐車場」から『うみたまご』のチケット売場までの行き方

 

『うみたまご』には第一、第二 駐車場と、臨時の(第三、第四) 駐車場の4つ駐車場があります。

 

その1つの第一駐車場に駐車しました。

 

※ 駐車料金など詳細は、下段の「駐車場」に記載しています。

 

エスカレーターと階段と高崎山おさる館の写真

こちらの駐車場からは『高崎山おさる館』(淡い黄緑色の建物)に併設されたエスカレーター若しくは階段を利用して、通路を進むとチケット売場に向かうことができます。

 

『高崎山おさる館』はサルのいろいろな知識を学べる施設でお食事おサルさんグッズなどのお土産を購入することができます。

 

ポイント

ベビーカーや車椅子をご利用の方は、自動販売機の横には『高崎山おさる館』出入口がありますので、そちらを通過して『うみたまご』のエレベーター乗り場へ向かうこともできます。

 

通路の写真1

エスカレーター(階段)を上ると右側には『高崎山おさる館』の出入口があります。

 

さらに進むと↓

通路の写真2

この先を直進すると『うみたまご』のチケット売場と出入口に到着です。

 

通路が左右に分かれていますね。

 

メモ

線状ブロック「うみたまご」方面と「高崎山自然動物園」方面に分岐しています。

 

左側は「行止り」で、そこからは別府湾を眺めることができます↓

広場と別府湾の写真

 

右側は『高崎山自然動物園』への通路になっています↓

高崎山方面の通路の写真

『うみたまご』側から『高崎山自然動物園』方向の眺めです。

 

アイキャッチ画像
【大分】『高崎山自然動物園』で沢山のサルと『幸運のサル』について【園内詳細を解説】

続きを見る

 

右側の淡い黄緑色の施設は先程、ご紹介の『高崎山おさる館があります。

 

高崎山に行かれる際は『高崎山おさる館』でサルについて知識を深めるとより楽しめますね。

 

ポイント

橋の途中には透明ガラス貼りのエレベーターがありますのでこちらからもアクセスできますよ。

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』の「ショップ」と「レストラン」

 

1階の「ショップ」と「レストラン」

 

『オープンショップ 』: 大分県の特産品やお酒を販売しています。

 

『オープンレストラン』 :こちらはお子様連れなどに人気のオープンレストラン『ファンファーレ』があります。

 

席数も多いのでゆったりと食事することができますよ。

 

ポイント

こちらは『うみたまご』に入館しなくても利用することが可能です。

 

2階の「ショップ」と「レストラン」

 

オフィシャル ミュージアムショップ』:ここでしか購入できない『うみたまご』のオリジナルグッズを販売しています。

 

文房具やマグカップetc…その他にもオリジナル商品が販売されていました。
『レストラン A-ZOO 』大人の雰囲気で別府湾を眺めながら食事を楽しむことができます。

 

こちらは夜も営業されているので、夜景を見ながら食事できますよ。

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』施設情報

 

『うみたまご』の「営業時間」と「入館料」は以下の通りです。

 

「営業時間」

 

『うみたまご』の「営業時間」
3月~10月 9:00~18:00
11月~2月 9:00~17:00

 

営業時間」は状況により変更されることがありますのでご注意いくださいね。

 

詳しくは

公式ホームページ:大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

 

「入館料」

 

『うみたまご』の「入館料」
大人(高校生以上) 2,200円(税込)
小人(小・中学生) 1,100円(税込)
幼児  (4歳以上) 700円(税込)

 

『うみたまご』の「入館料」(団体:20名以上)
大人(高校生以上) 2,000円(税込)
小人(小・中学生) 1,000円(税込)
幼児  (4歳以上) 650円(税込)

 

マリーンパレス水族館『うみたまご』の「駐車場」

 

『うみたまご』には4つの「有料駐車場」があります。

 

『第一、第二 駐車場 』

 

第一、第二駐車場は『うみたまご』側にあります。

 

注意ポイント

第二駐車場へ行きたい場合は、第一駐車場を経由しますのでご注意くださいね。

 

『第三、第四 駐車場 』(臨時)

 

『第三、第四 駐車場』(臨時)は「高崎山」側(『うみたまご』前の国道10号線を挟んで反対側) にあります。

 

駐車場の「料金」と「利用時間」

 

駐車場の「料金」と「利用時間」を以下に示します。

 

駐車場の「料金」
普通自動車 (軽自動車) 420 円
バス 1,050 円
二輪車 無料

 

駐車場の「利用時間」
3月~10月 8:30 ~ 18:30
11月~2月 8:30 ~ 17:30

 

注意ポイント

駐車場の「利用時間」は時期により異なりますのでご注意くださいね

 

 

アイキャッチ画像
【大分】『高崎山自然動物園』で沢山のサルと『幸運のサル』について【園内詳細を解説】

続きを見る

 

別府 鬼山地獄 アイキャッチ画像
【大分】地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) は「ワニの迫力」を近くで感じることができる施設だった【施設詳細あり】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
【大分】佐伯市(さいきし)にある『大分めだか日和』さんに行ってきました。

続きを見る

 

アイキャッチ画像
【大分】「昭和の町」豊後高田市にある『昆虫の館』の魅力とは【近隣施設情報あり】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
【岐阜】『名和昆虫博物館』を徹底解説!【写真多数・施設情報あり】

続きを見る

 

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」【飼育環境を解説】

続きを見る

 

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ2】飼育環境の「工夫」をご紹介【詳細あり】

続きを見る

 

ウチダザリガニ アイキャッチ画像
『ウチダザリガニ』について (現在は飼育禁止になっています)

続きを見る

 

マダガスカルザリガニ
『マダガスカルザリガニ』について(現在は飼育禁止になっています)

続きを見る

 

【大分】マリーンパレス水族館『うみたまご』の生き物の魅力【施設詳細を解説】:まとめ

 

いかがでしたか?

 

『うみたまご』の様々な生物の多様性を、目で見て触って体感しながら魅力を発見することができます。

 

ご家族、カップルで一日満喫することができますよ。

 

近くにお越しの際は、遊びに行かれてはいかがでしょうか?

 

こんな方におすすめ

  • マリーンパレス水族館『うみたまご』にはどんな生き物がいるの?
  • マリーンパレス水族館『うみたまご』の施設情報は?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。(Mayataka)

 

-動物関連

© 2021 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5