" />

Mayataka

ブロガー▶︎Mayataka Blog運営▶︎経歴:建築科大学院 修了▶︎建設会社・取締役▶︎Twitter(お陰様でフォロワー様1.1万人)▶︎イケア / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス)etc ●運営実績などの 詳しい内容はプロフィールをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

お出掛け 動物関連

『高崎山自然動物園』幸運のサルについて【料金など施設詳細を解説!】

アイキャッチ画像
Pocket

『高崎山自然動物園』は大分県神崎にあり、猿の生息で有名です。

 

ここで有名な「幸運のサル」をご存じですが?

 

「幸運のサル」(ピーちゃん)は他のお猿さんとは違って、まるで白い手袋をしているような手と背中に入った模様が特徴です。

 

高崎山自然動物園にはおよそ1.100頭のニホンザルが生息しているので、幸運のサルに出会えたら奇跡とも言えますね。

 

高崎山自然動物園では1日に1回、芋の餌やりタイムがあるのでタイミングが合えばお猿さんが芋を食べている姿を見られますよ。

 

たくさんのサルが生息している『高崎山自然動物園』の幸運のサル(ピーちゃん)や園内のようすなど施設情報などを解説します。

 

こんな方におすすめ

  • 『幸運のおサルさん』はどんなサル?
  • 大分『高崎山自然動物園』はどんな施設なの?
  • 大分『高崎山自然動物園』の施設情報(料金)は?

 

では早速、いってみましょう!

 

INDEX

『高崎山自然動物園』の幸運のお猿さん!

幸運のサルの写真1

小麦を探しているこのお猿さん…

 

「白い手袋」をしているわけではありません。

 

幸運のサルと呼ばれている「ピーちゃん」というお猿さんです。

ピーちゃんはB群なので午前中にいます。

 

補足

高崎山自然動物園では午前中はB群、午後はC群のお猿さんが見られます。

 

ポイント

幸運のサル「ピーちゃん」に会いたい場合は午前中に行くのがオススメです。

幸運のサルの写真2

周りを気にしながらも小麦を探しています…

 

幸運のサルの写真3

目の前を通過する『ピーちゃん』

 

背中には白いラインが…

 

この様な特徴のある毛並みは、この『ピーちゃん』だけなんだそうです。

 

『高崎山自然動物園』の施設出入口

高崎山の駐車場出入口の写真

歩道橋からの眺めです。写真に向かって左側は第三駐車場です。

 

この駐車場は『うみたまご』の臨時駐車場としても使われています。

 

ポイント

『高崎山自然動物園』は「うみたまご」と歩道橋で繋がっていますので、「うみたまご側」からも安全向かうことができます。

 

 

サルのモニュメント

歩道橋の途中には高崎山に向かって「おサルさんの銅像」が設置されています。

 

表示板の写真

歩道橋を降りて「鉄道橋」をくぐり、坂道を上るとこのような「表示板」があります。

 

1956年(昭和31年5月)に高崎山は国立公園に指定と記されていますね。

 

入園券販売所・さるっこレールのりばの写真

右手には「入場券販売所・さるっこレールのりば」があります。

 

沢山のお猿さんがいる「サル寄せ場」に向かうためにこちらで券を購入します。

 

「サル寄せ場」まで徒歩と「さるっこレール」の2通りあります。

 

ポイント

「さるっこレール」の券も購入して、乗車することもできます。

 

※ さるっこレール: 2連結の小さなモノレールです。

 

さるっこレールの「待合室」はガラス貼りの空間で区画されていますので、待ち時間はあまり寒くなかったです。

 

ポイント

2方向の林道から徒歩でも向かうことができますが、足の不自由な方などは「さるっこレール」を優先で利用して楽に向かうことができますよ。

 

係員さんも親切・丁寧な対応でした。

 

「高崎山自然動物園」の『さるっこレール』を利用する。

さるっこレールに乗って移動中の写真

さるっこレールからの眺めです。

 

ゆっくりと進みます。

 

途中、お猿さんが所々にいますが、皆一様にまったりしています(笑)

 

お猿さんを発見したときに見入ってしまい写真を撮るのを忘れてしまいました…

 

ポイント

終着駅までの所要時間は10分くらいかかります。

 

さるっこレールからの眺め

さるっこレール」からの眺めです。

 

国道10号線とその向こう側には「うみたまご」の第一駐車場と別府湾が見えますね。

 

冬の山手は冷込みがキツくとても寒かったです…

 

サルっこレール終着駅

「さるっこレール」の終着駅です。

 

終着駅を降りて道なりに歩くと途中にはトイレ(人間用)があります。

 

注意ポイント

このトイレの出入口の前にも、お猿さんがまったりしている場合がありますのでご注意くださいね。

 

トイレを使おうと思いましたが、後からお猿さんも一緒に入ってきそうで…使うのを止めました (汗)

 

『高崎山自然動物園』の 「サル寄せ場」

サル達の様子の写真

終着駅を降りて道なりに進むと有名な『サル寄せ場』があります。

 

全てのお猿さんが常にいるわけではなく群れごとに行動しています。

 

お猿さん達が下を向いて何をしているかというと、「小麦」の粒を探しています。

 

高崎山自然動物園には子供のサルもたくさんいます。

 

冬の時期は群れの中でハグしているようすを見られますよ。

 

サルたちの様子の写真

別の角度から『サル寄せ場』の写真です。

 

冬は食料が少なく、ひたすら探しています。

 

お猿さんは群れを構成していて 午前がB群、午後はC群となっています。

 

夕方に訪れたのでC群のお猿さん達ですね。

 

ポイント

お猿さんたちの糞は係員さんが常に巡回し清掃していますので、匂いなどはなく衛生的にも清潔な環境です。

 

「おサルさん」のようす

佇むサルの写真

この哀愁漂う後ろ姿…

 

注意ポイント

心情的にそっと後ろから毛布を掛けてやりたいのですが、お猿さんに触れることはできないのでご注意ください。

 

幼いサルの写真

岩の上でじっとしていた子猿ちゃんもいましたよ。

 

しっかり抱きしめているサルの写真

ササっと駆け寄ってきて、しっかりと抱きしめました(笑)

 

可愛いですね。

 

安心しています…

 

とっさに振り向く猿の写真

年上のお猿さん、何かに気付いたご様子。

 

子猿ちゃんを置いて走り去ってしまいました…

 

子猿ちゃんの何ともやるせない感じが…

 

悲しい気持ちですが、仕方なくその場を後にしました…

 

※ 「サル寄せ場」には一人で遊んでいる子猿ちゃんは結構いました。

 

毛づくろいをしてもらう猿の写真

お堂の屋根では毛繕いしてもらっています。

 

気持ち良さそうですね。

 

 

サルの写真

目の前で「お猿さん」が佇んでいます…

 

取り合えずここに…といった感じでしょうか。

 

お猿さんたちは栄養状態が良いようで毛並みがとても綺麗でしたよ。

 

『高崎山自然動物園』の「係員さんの話」が面白い!

 

「サル寄せ場」から、お猿さんを見ている方々に向けて係員さんがお猿さんの話をする時間が設けられています。

 

係員さんの「お話」の一部

毛づくろいをするサルの様子

木の上にいる3頭のうちの、真ん中のおサルさん…

 

係員さんの話によると『婦人会会長』だそうです(笑)

 

この方の子供は甘やかされて育ち、何の苦労もなくボスに近い立場になっているそうです…

 

その子は今現在、ナンバー2だそうな…

 

権力の世界です(笑)

 

因みに係員さんは、そういう生き方は好きではないそうです(笑)

 

お猿さんの厳しい縦社会と思いきや、このような一面もあるのかと驚きました!

 

係員さんはそれぞれのお猿さんを把握されているそうで、面白おかしくトークされていましたがそれぞれのお猿さんへの愛情をひしひしと感じましたよ。

 

 

『高崎山自然動物園』の お猿さんが「サル寄せ場」に来る目的…

 

お猿さんが「サル寄せ場」に来る目的があります。

 

1日1回の「芋の餌やり」

 

リアカーで勢い良く引っ張りながら大量の芋を与える様子を、テレビでご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

芋の餌やりの時間が遅れるとキーキーと「エサくれ」の催促があるそうです。

 

エサを換えたところ「サル寄せ場」に来ないストライキを起こしたそうです(笑)

 

冬場は特にエサが少ないため重要な蛋白源ですね。

 

「高崎山自然動物園」の『施設情報』

 

「高崎山自然動物園」の『営業時間』と『入場料』です。

 

「高崎山自然動物園」の『営業時間』と『入場料

「高崎山自然動物園」の『施設情報
「営業時間」 8:30~17:00
「ゴールデンウィーク・お盆休み」 営業時間を変更する場合があります。
「臨時休園」 年に数日程度する場合があります。

 

最終入園時間は16:30までとなっていますのでご注意くださいね。

 

こちらが『入場料』です。

 

入場料』(一般)
「大人」 520円
「高校生」 520円
「小人」 260円
「小学生未満」 無料

 

入場料』(団体 30人以上)
「大人」 420円
「高校生」 370円
「小人」 210円
「小学生未満」 無料

 

障がい者料金

「身体障がい者手帳」、「療育手帳」、「精神障がい者保健福祉手帳」をお持ちの方と付添いの方(1名)は入園料、さるっこレール共に無料になります。

 

大分市内の『小学生・中学生』

大分市内の『小学生・中学生』は無料となっています。

「名札や生徒手帳」を持参してくださいね。

 

「さるっこレール」の『利用料金』

 

「さるっこレール」の『利用料金』です。

 

「さるっこレール」をご利用の方は入園券と一緒に「乗車券」もお求めください。

 

乗車の際には係員さんが「チケットを拝見」しますので、事前にチケットの準備をされておくとスムーズに乗車できますね。

 

さるっこレール
「運行時間」 9:00~16:30
「下り最終便」 16:50
「さるっこレール往復」 110円(小学生未満は無料)
「運行間隔」 8分から10分間隔

 

〇「車イス・ベビーカー」優先となっています。

 

「高崎山自然動物園」の『駐車料金』

 

「高崎山自然動物園」の『駐車料金』です。

 

料金
「普通自動車 (軽自動車)」 420円
「バス」 1,050円
「二輪車」 無料

 

駐車場利用時間
8:30 ~ 18:30

 

『高崎山自然動物園』には3つの有料駐車場があります。

 

『第一、第二駐車場 』について

 

『第一、第二駐車場 』は『うみたまご』側にあります。

 

注意ポイント

『第二駐車場』へ行く場合は、第一駐車場を経由しますのでご注意くださいね。

 

『第三駐車場』について

 

第三駐車場(臨時) は「高崎山」側(『うみたまご』前の国道10号線を挟んで反対側) にあります。

 

注意ポイント

普通自動車(軽自動車)のみとなっていますのでご注意くださいね。

 

 

「動物全般」に関する記事もあります。

 

こちらでは「動物全般」に関する記事があります。

よろしければご覧ください。

 

地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) ではワニの迫力を近くで感じることができますよ【施設詳細あり】

 

大分県にある地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) について、園内で飼育されているワニや有名な「イチロウ君」の剥製など、施設情報とあわせて詳しく解説しています。

 

地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) ではワニの迫力を近くで感じることができますよ【施設詳細あり】

別府 鬼山地獄 アイキャッチ画像
地獄めぐり『鬼山地獄』(ワニ地獄) ではワニの迫力を近くで感じることができますよ【施設詳細あり】

続きを見る

 

大分めだか日和に行ってみた! 【売られている生き物や店へのアクセスなどまとめ】

 

大分県の佐伯市(さいきし)にある『大分めだか日和』について、 売られている生き物や店へのアクセスなどまとめています。

 

大分めだか日和に行ってみた! 【売られている生き物や店へのアクセスなどまとめ】

アイキャッチ画像
大分めだか日和に行ってみた! 【売られている生き物や店へのアクセスなどまとめ】

続きを見る

 

【大分】マリーンパレス水族館『うみたまご』の生き物の魅力【施設詳細を解説】

 

大分県にあるマリーンパレス水族館『うみたまご』の飼育されている動物たちや施設情報など詳しく解説しています。

 

【大分】マリーンパレス水族館『うみたまご』の生き物の魅力【施設詳細を解説】

『うみたまご』 アイキャッチ画像
マリーンパレス水族館『うみたまご』ショーや見どころを解説【施設詳細と料金まとめ】

続きを見る

 

『昆虫の館』の魅力とは?豊後高田市【昭和の町・近隣施設情報あり】

 

大分県の豊後高田市にある『昆虫の館』について、店内の様子や周辺施設についてまとめています。

 

『昆虫の館』の魅力とは?豊後高田市【昭和の町・近隣施設情報あり】

アイキャッチ画像
『昆虫の館』の魅力とは?豊後高田市【昭和の町・近隣施設情報あり】

続きを見る

 

『名和昆虫博物館』世界の昆虫標本を見学できますよ。【昆虫標本も購入できます・施設情報詳細】

 

昆虫専門の博物館『名和昆虫博物館』で世界の昆虫標本などと共に、標本販売などについて施設情報を解説しています。

 

同一の敷地内の「岐阜公園」のようすについても解説しています。

 

『名和昆虫博物館』世界の昆虫標本を見学できますよ。【昆虫標本も購入できます・施設情報詳細】

アイキャッチ画像
『名和昆虫博物館』世界の昆虫標本を見学できますよ。【昆虫標本も購入できます・施設情報詳細】

続きを見る

 

【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」の飼育方法と飼育環境について解説

 

ハラガケガメ (しじみ君)の飼育方法と飼育環境について解説しています。

 

【ハラガケガメ1】飼育方法と「しじみ君」【飼育環境を解説】

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
『ハラガケガメ』を飼いたい方必見!【基本的な飼育方法&注意点を解説】

続きを見る

 

『高崎山自然動物園』幸運のサルについて【料金など施設詳細を解説!】:まとめ

 

いかがでしたか?

 

高崎山自然動物園』の幸運のサル(ピーちゃん)や園内のようすなど施設情報などを解説しました。

 

厳しい自然環境の中、懸命に生きるおサルさん達とその世界の一部を垣間見ることができますよ。

 

ポイント

『うみたまご』と『高崎山自然動物園』は歩道橋で繋がっていますのでセットで楽しむこともおススメです。

 

『幸運のおサルさん』 (ぴーちゃん) にひょっとしたら出会えるかも!?

 

お出かけの参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • 『幸運のおサルさん』はどんなサル?
  • 大分『高崎山自然動物園』はどんな施設なの?
  • 大分『高崎山自然動物園』の施設情報(料金)は?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。(Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

ブロガー▶︎Mayataka Blog運営▶︎経歴:建築科大学院 修了▶︎建設会社・取締役▶︎Twitter(お陰様でフォロワー様1.1万人)▶︎イケア / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス)etc ●運営実績などの 詳しい内容はプロフィールをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

-お出掛け, 動物関連

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5