" />

レビュー記事 動物関連

『標本箱オープナー』気密性の高いふたも楽々開けられてとっても便利!

2020年9月26日

アイキャッチ画像 標本箱オープナー
Pocket

 

透明ガラス入りの標本箱を無理に開けようとすると、

 

ガラスが割れてしまう可能性があります。

 

標本箱を開ける時は、

 

専用のヘラを使用すると箱を傷付けずに安全に開ける事ができます。

 

使い方は標本箱の角の部分にヘラを差し込み、斜めに引き上げる事で標本箱を開けられます。

 

『標本箱オープナー』には、

 

以下のようなポイントがあります。

 

標本箱オープナーのポイント

  • 標本箱オープナーは専用のヘラなので、標本箱だけでなく使用する道具にもこだわりたい方におすすめ。
  • 専用のアイテムなので失敗する心配もなく使いやすい。
  • 標本箱オープナーは長さも約13cmのコンパクト仕様なので、引き出しなどでも保管しやすい。

 

それでは『標本箱オープナー』の仕様と使用時の注意ポイントについて解説します。

 

参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • 『標本箱オープナー』の大きさやヘラ部分を詳しく見たい。
  • 『標本箱オープナー』の使い方は?

 

では早速、いってみましょう!

 

『標本箱オープナー』の仕様

標本箱オープナーの全体

標本箱オープナーの全体

 

標本箱オープナー計測中

標本箱オープナー計測中

 

『標本箱オープナー』はコンパクト

 

標本箱オープナーの木製の柄

標本箱オープナーの木製の柄

 

木製の柄は、ほど良い厚さと握りやすい形になっています。

 

 

標本箱オープナーの仕様
本体の大きさ 約13.5 cm
柄(木製)の厚さ 約1.5 cm

 

標本箱オープナーヘラの先端部

標本箱オープナーヘラの先端部

 

ヘラ部分(金属部)の写真です。

 

標本箱の隙間に差し込みやすい様に鋭利になっています。

 

刃物のように薄いため、フタが固い標本箱の開封におすすめです。

 

取り扱いは十分ご注意くださいね。

 

標本箱オープナーにカバーを付けたようす

標本箱オープナーにカバーを付けたようす

 

ヘラの部分にはカバーが附属していますので使用しない時も安全ですね。

 

『標本箱オープナー』の使い方(標本箱の開け方)

標本箱オープナー

標本箱オープナー

 

実際に『標本箱オープナー』を使って標本箱を開けてみましょう。

 

標本箱オープナーで標本箱の「ふた」を開ける

標本箱オープナーでフタを開けているようす その1

標本箱オープナーでフタを開けているようす その1

 

標本箱の角に『標本箱オープナー』のヘラを水平に差し込みゆっくりと斜めに引き上げます。

 

すると写真のように「ふた」が少しだけ浮き上がります。

 

ポイント

開ける時はテコの原理を使い少しずつ開けていくと傷ができにくく、標本箱の破損も防げますね。

 

標本箱オープナーでフタを開けているようす その2

標本箱オープナーでフタを開けているようす その2

 

この一連の動作をしながらゆっくりと奥まで進みます。

 

ポイント

標本箱のふた両側を手でつかみ(水平を保ちながら)軽く動かすと難なくはずすことができます。

 

使用時の注意ポイント

標本箱オープナーは白色の矢印の溝に沿って進める

標本箱オープナーは白色の矢印の溝に沿って進める

 

標本箱オープナーをゆっくり押し上げる

標本箱オープナーをゆっくり押し上げる

 

標本箱オープナー』の使う際に気をつけることがあります。

 

注意ポイント

  • 標本箱の「ふた」を浮かしながら移動するときは、ヘラが抜けて標本箱の側面にキズを付けないように、白色の矢印の方向にゆっくり移動してください。
  • 標本箱の内部は密閉度が高いので圧力でガラスが割れないように、ゆっくり押し上げてください。

 

ゆっくり丁寧に開ける必要があります。

 

 

動物に関する記事は他にもあります。

 

動物に関する記事は他にもあります。

よろしければご覧ください。

 

バードウィング(ドイツ型標本箱)

 

バードウィング(ドイツ型標本箱)について、信頼される2つの理由と標本を保管する際の細かな注意点を解説しています。

 

バードウィング(ドイツ型標本箱)は長期保管に最適!信頼される2つの理由と注意点を解説

アイキャッチ画像 標本箱
バードウィング (ドイツ型標本箱) 信頼される2つの理由と注意点を徹底解説!

  採集や飼育した昆虫を標本にしたいときに欠かせないのが『昆虫標本箱』です。   標本箱で保管することにより、 害虫による食害や湿気に伴うカビ、紫外線などから標本を守れます。 &n ...

続きを見る

 

 

携帯に便利なA&D (エーアンドデイ) 放射温度計の使用用途とメリットを解説しています。

 

A&D (エーアンドデイ) 放射温度計の使用用途とメリットを解説!

A&D (エーアンドデイ) 放射温度計の使用用途からメリットまでを解説!

  温度計と言えば、 体温計や気温を測る気温計などを想像する人が大半かと思いますが、 「放射温度計」(赤外線温度計)という物も存在します。   物質には、   その物質の ...

続きを見る

 

Dumont (デュモン) No.5 INOX08 』ピンセット

 

「昆虫標本」の展足などに便利な『Dumont (デュモン) No.5 INOX08 』ピンセットについて解説しています。

 

『Dumont (デュモン) No.5 INOX08 』ピンセットは柔軟性のある超精密ピンセットだった。【「材質」や「使用感」を解説】

アイキャッチ画像デュモン ピンセット
Dumont(デュモン)No.5 INOX08 超精密ピンセット!外観や使用感を解説!

  耐熱性のあるピンセットがほしい。 つま先が鋭くなっているピンセットがほしい。   など、 「探しているピンセットがありそうでなかなかお店で見つからない」ということもありますよね ...

続きを見る

 

Belomo TRIPLET 10x』トリプレットルーペ

 

標本の観察に便利な『Belomo TRIPLET 10x』トリプレットルーペの「仕様」と「比較」を解説しています。

 

『Belomo TRIPLET 10x』トリプレットルーペの「仕様」と「比較」

アイキャッチ画像
ベロモ『トリプレットルーペ』BelomoTRIPLET10x 【コンパクトで見やすい!】

  『Belomo TRIPLET 10x』トリプレットルーペは、 本体はおよそ4cm程度であるため手軽に持ち運べるルーペで3枚のレンズを合わせた製品です。   ベロモのトリプレッ ...

続きを見る

 

志賀昆虫『捕虫網

 

昆虫採集には欠かせない捕虫網 (虫取り網)ですが、志賀昆虫『捕虫網』について「各部詳細」と「使い方」を解説しています。

 

志賀昆虫『捕虫網』!グラつき無し! 捕虫網【「各部詳細」と「使い方」をていねいに解説】

アイキャッチ画像
志賀昆虫『捕虫網』グラつき無し! 各部詳細と使い方をていねいに解説!

  昆虫採集に必須と言っても過言ではない『捕虫網』(ほちゅうあみ)。 志賀昆虫の『捕虫網』は、長さを調節でき使いやすさもバツグンの優れものです。   志賀昆虫『捕虫網』には、以下の ...

続きを見る

 

【大分】「昭和の町」豊後高田市にある『昆虫の館』

 

大分県の豊後高田市にある『昆虫の館』について、店内の様子や周辺施設についてまとめています。

 

【大分】「昭和の町」豊後高田市にある『昆虫の館』の魅力とは【近隣施設情報あり】

昆虫の館の魅力を徹底解説! 豊後高田市の昭和の町・近隣施設情報あり!アイキャッチ画像
昆虫の館の魅力を徹底解説! 豊後高田市の昭和の町・近隣施設情報あり!

    昆虫の館は、 大分県の豊後 (ぶんご) 高田市の「昭和のまち 新町商店街」にあります。     レトロな雰囲気漂う看板が特徴です。   昆虫の ...

続きを見る

 

【岐阜】『名和昆虫博物館』

 

岐阜県にある昆虫専門の博物館『名和昆虫博物館』で展示されている美しいモルフォ蝶や様々な昆虫の標本を記載しています。

 

同一の敷地内の「岐阜公園」のようすについても解説しています。

 

【岐阜】『名和昆虫博物館』を徹底解説!【写真多数・施設情報あり】

アイキャッチ画像『名和昆虫博物館』
『名和昆虫博物館』世界の昆虫標本を見学できますよ。【昆虫標本も購入できます・施設情報詳細】

  『名和昆虫博物館』は岐阜県岐阜市にある博物館で、   大正8年に設立された『日本最古の昆虫専門博物館』です。   この施設は害虫駆除の専門家の名和靖氏さんが創立しまし ...

続きを見る

 

『日本昆虫図鑑』を修理依頼した話

 

年代物の『日本昆虫図鑑』を専門の業者さんに修理依頼した話です。

 

修理依頼のし方や修理後の図鑑のようすについて解説しています。

 

図鑑(本)の修理を依頼する【依頼方法と図鑑のその後】

アイキャッチ画像 図鑑(本)の修理を依頼する【修理の依頼方法と図鑑のその後】
図鑑(本)の修理を依頼する【修理の依頼方法と図鑑のその後】

  昆虫図鑑などの本は趣味や勉強のために購入しますが、使用頻度や保管状況や時間の経過により劣化しボロボロになってしまいます。   古書などの昔の本は、特に表紙の部分が革でできている ...

続きを見る

 

『標本箱オープナー』気密性の高いふたも楽々開けられてとっても便利!:まとめ

 

『標本箱オープナー』の仕様と使用時の注意ポイントを解説しました。

 

標本箱オープナーのポイントと、使用時の注意ポイントのまとめです。

 

まずは標本箱オープナーのポイントを、

 

以下にまとめます。

 

標本箱オープナーのポイント

  • 標本箱オープナーは専用のヘラなので、標本箱だけでなく使用する道具にもこだわりたい方におすすめ。
  • 専用のアイテムなので失敗する心配もなく使いやすい。
  • 標本箱オープナーは長さも約13cmのコンパクト仕様なので、引き出しなどでも保管しやすい。

 

続きまして、

 

標本箱オープナーの使用上の注意ポイントです。

 

標本箱オープナーの使用上の注意ポイント

  • 標本箱の「ふた」を浮かしながら移動するときは、ヘラが抜けて標本箱の側面にキズを付けないように、ゆっくり移動させる。
  • 標本箱の内部は密閉度が高いので圧力でガラスが割れないように、ゆっくり「ふた」を開ける。

 

標本箱を手で開けることもできますが、

 

『標本箱オープナー』を使うと、

 

標本箱に負荷をかけずに楽に開けることができます。

 

価格も手ごろな物が多いので、お財布にも優しいのが魅力です。

 

参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • 『標本箱オープナー』の大きさやヘラ部分を詳しく見たい。
  • 『標本箱オープナー』の使い方は?

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。(Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

Mayataka BLOG 運営4年

▶︎「楽しく学べる」しかも「面白くて役に立つ」情報をテーマに発信しています。

【経歴】建築科大学院 修了 建設会社 取締役
【実績】最高月間売り上げ6桁 企業様メディア掲載実績あり Twitterフォロワー様1.2万人

◎どうぞよろしくお願いいたします。

-レビュー記事, 動物関連

error: Content is protected !!