" />

Mayataka

ブロガー▶︎Mayataka Blog運営▶︎経歴:建築科大学院 修了▶︎建設会社・取締役▶︎Twitter(お陰様でフォロワー様1.1万人)▶︎イケア / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス)etc ●運営実績などの 詳しい内容はプロフィールをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

ガジェット レビュー記事

『高性能のカメラを搭載したスマホ』の選び方【選定ポイントと「おすすめスマホ 15種ランキング」】

アイキャッチ画像
Pocket

スマホのカメラ機能』は、最近は性能が格段にアップしています。

 

今回は、そんな高性能なカメラを搭載した人気のスマホカメラの「選定ポイント」と15種類の特徴をランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしていただけましたら幸いです。

 

この記事で分かる事

  • 『スマホカメラ』の選び方のポイントは?
  • カメラ搭載のSIMフリースマホ15種類のおすすめは?

 

では早速、いってみましょう!

 

INDEX

『スマホ カメラ』の選び方のポイント

複数のスマートフォンの写真

まずはスマホカメラを選ぶ時に「チェックしたいポイント」についてご紹介していきます。

 

スマホの機能

 

CPUやメモリが大きければ撮影中もたついたり、止まってしまうことも少ないです。

 

気になるスマホカメラを見つけたら、実際に操作して機能も確認しましょう。

 

カメラアプリの使いやすさ

 

機能が少ないアプリだと、モチベーションも上がりません。

 

もしアプリが使いにくいなら、別のアプリをインストールすることも検討しましょう。

 

カメラの性能

 

「DxOmarK」というサイトは英語表記ですが、カメラの性能をより詳しく確認できます。

 

性能が気になる方はぜひ活用してみてください。

 

カメラの数

 

カメラの種類が多ければ多いほど撮影できる種類も増えるので、様々なシーンを高性能で撮影できますよ。

 

ポイント

インパクトがある写真が撮りたい方は、レンズの「F値」が小さいタイプを選びましょう。

 

ズーム機能

 

ズームで多く撮影する場合は「光学ズーム」がついているスマホカメラがベストです。

 

他にも「デジタルズーム」というものがありますが、光学ズームの方が画質を落とさずに撮影できます。

 

「ストレージやメモリ」の容量

 

1日中写真を撮る時や、動画もたくさん撮りたい場合は、容量が大きい機種やSDカードなどを外付けできる機種がおすすめです。

 

撮影のしやすさ

 

AIがシーンに合わせて撮影モードを適応させてくれる機能は使いやすいです。

 

写真を撮り始めたばかりという方は、使いやすいこちらのタイプもおすすめですよ。

 

自撮り機能

 

自撮りの場合は、アウトカメラではなくインカメラを使うので、インカメラが高性能なタイプを選ぶようにしましょう。

 

動画性能

 

スマホカメラの中にはスローモーション機能や、手ブレ修正機能がついているものも。

 

綺麗な動画を撮影したいなら、こちらも必ず確認しましょう。

 

画像の鮮明さ

 

鮮明な写真を撮りたいなら「ピクセル数」もチェックしましょう。

 

画素数が多い方が綺麗に写ります。

 

美肌モード

 

美肌モードが搭載されているスマホカメラなら、被写体の人物の肌がより綺麗に撮影できます。

 

手ブレ補正機能

 

手ブレの補正機能があらかじめついていれば、ピントもブレずに綺麗に写真が撮れます。

 

3Dゲームをしたいならハイエンドクラス

 

綺麗な画質でゲームを楽しみたい方は、ハイエンドクラスのスマホカメラがおすすめです。

 

カメラ搭載の『SIMフリースマホ15種類』のおすすめランキング

スマートフォンの写真

ここからは特に人気の高いスマホカメラ15種類をタイプ別にランキング形式でご紹介します。

 

『高性能』ランキング

 

『高性能』なカメラを搭載した『SIMフリースマホ』のランキングです。

 

第5位:SHARP AQUOS zero2

 

スムーズに動くので、日頃からスマホゲームをする方にもおすすめ。

 

高性能の広角カメラをはじめ明るいレンズも付いていて、暗い場所でも綺麗に撮影できます。

 

夜景撮影にもピッタリです。

 

アウトカメラ 超広角カメラ インカメラ
1,220万画素/f 値1.7 2,010万画素/f 値2.4 800万画素/f 値2.2

 

 

4位:HUAWEI P40 Pro

 

DxOmarkでも128点とカメラの性能が非常に高く評価されているスマホカメラ♪

 

多様なシーンに合わせて、鮮明な写真を撮影できます。

 

アウトカメラ 超広角カメラ 望遠カメラ インカメラ
5000万画素/f値1.9 4000万画素/f値1.8 1200万画素/f値3.4 3200万画素/f値2.2

 

 

3位:ASUS Zenfone Max M2

 

リーズナブルな価格に加えてカメラは高性能♪

 

画素数が多いので、より鮮明な写真を撮りたい方におすすめです。

 

アウトカメラ インカメラ
1,300万画素 800万画素

 

 

2位:Samsung Galaxy S20 Ultra 5G

 

ナイトモードを使えば綺麗な夜景も撮影できますし、AIが良い構図を選んでくれる機能もついていて便利♪

 

望遠にも対応しています。

 

アウトカメラ 超広角カメラ 望遠カメラ インカメラ
1200万画素/f値1.8 1200万画素/f値2.2 6400万画素/f値2.0 1000万画素/f値2.0

 

 

1位:Apple iPhone11 Pro Max

 

望遠やナイトモードなどのパターンごとに合わせて雰囲気に合った撮影ができます。

 

様々なシーンで綺麗に撮影したい方におすすめです。

 

アウトカメラ 超広角カメラ 望遠カメラ インカメラ
1220万画素/f値1.8 1220万画素/f値2.4 1220万画素/f値2.4 1200万画素/f値2.2

 

 

『撮影のしやすさ』ランキング

 

撮影のしやすさ』が優れている『SIMフリースマホ』のランキングです。

 

5位:Xiaomi Redmi Note9S

 

AI機能が最適なモードを選んでくれるタイプで、マクロ撮影から風景写真に対応できます。

 

4眼カメラをフルに使えて、使用感も抜群です。

 

アウトカメラ 超広角カメラ マクロカメラ 深度センサー
4800万画素/f値1.79 800万画素/f値2.2 500万画素/f値2.4 200万画素/f値2.4

 

 

4位:google Pixel 4 XL

 

手ブレの補正機能が優れているスマホカメラ♪

 

HDRオートなので設定しなくても様々なシーンの撮影ができます。

 

大画面で値段がリーズブルなタイプです。

 

アウトカメラ 手ブレ補正機能 望遠カメラ インカメラ
1220万画素/f値1.7 光学式・デジタル式 1600万画素/f値2.4 800万画素/f値2.0

 

 

3位:Sharp AQUOS sense3

 

被写体を捉えただけでシーンに合わせた設定をしてくれます。

 

広角カメラやアウトカメラ、動画撮影も可能です。

 

アウトカメラ 手ブレ補正機能 広角カメラ インカメラ
1200万画素/f値2.0 電子式手ブレ補正 1200万画素/f値2.2 800万画素/f値2.2

 

 

2位:Moto G8 Plus

 

被写体に向けるだけでピントが合う機能付き!

 

暗い場所でも綺麗な写真が撮れます。

 

自撮りも綺麗に撮れるので、よく自撮りする方にもおすすめです。

 

アウトカメラ 超広角カメラ 深度センサー インカメラ
4800万画素/f値1.7 1600万画素 500万画素 2500万画素/f値2.0

 

 

1位:Asustek ZenFone 6

 

メインカメラや広角カメラが回転する仕様になっているので、風景の写真もインカメラでの自撮りも同じ性能で撮影できます。

 

アウトカメラ 超広角カメラ
4800万画素/f値1.7 1300万画素

 

 

『写真の綺麗さ』ランキング

 

『写真の綺麗さ』に特化した『SIMフリースマホ』のランキングです。

 

5位:HUAWEI nova lite 3

 

ワイドアパーチャ機能が搭載されていて、背景をぼかして被写体をより目立たせたい場合などにおすすめ♪

 

インカメラも高画質なので、自撮りも綺麗に撮影できます。

 

アウトカメラ 被写界深度カメラ インカメラ
1300万画素/f値1.8 200万画素 1600万画素

 

 

4位:Google Pixel 3a

 

パノラマモードや背景とのコントラストが綺麗なポートレートモードなど、様々な種類で撮影ができます。

 

色んな写真を楽しみたい方は機能満載なのでおすすめですよ★

 

アウトカメラ インカメラ
1220万画素/f値1.8 800万画素/f値1.8

 

 

3位:Apple Computer Apple iPhone 8 SIMフリー

 

iPhoneの操作に慣れているなら、画質が良くて操作性に優れているこちらのスマホカメラがおすすめ♪

 

動画機能も高性能で、YouTuberからの支持も厚いです。

 

アウトカメラ インカメラ
1,200万画素/f 値1.8 700万画素/f 値2.2

 

 

2位:Xiaomi Communications Co., Ltd.  Mi Note 10 LITE

 

高性能なマクロカメラとメインカメラをはじめ、プラス3割の広さでも撮影可能な超広角カメラも搭載しています♪

 

アウトカメラ 超広角カメラ マクロカメラ インカメラ
6400万画素/f値1.89 800万画素/f値2.2 200万画素/f値2.4 1600万画素/f値2.48

 

 

1位:OPPO Reno A

 

「AIビューティー機能」搭載で、296カ所の特徴を感知してナチュラルな補正をしてくれます♪

 

インカメラも高画質なので頻繁に自撮りする方にもおすすめです。

 

アウトカメラ 深度カメラ インカメラ
1600万画素/f値1.79 200万画素/f値2.4 2500万画素/f値2.0

 

 

一眼レフと同じくらい高性能な『HUAWEI Mate 30 Pro 5G』もおすすめ

 

細かい画素数の4つの高性能なカメラを搭載しているスマホカメラ。

 

こちらも一眼レフと同じくらい高画質で人気を集めています。

 

 

「ガジェット」や「レビュー」の記事は他にもあります。

 

ガジェット」や「レビュー」の記事は他にもあります。

よろしければご覧ください。

 

『スマートウォッチ』の基本情報と選ぶ基準は?

 

スマートウォッチ』の基本情報と選ぶ基準を解説しています。

 

人気モデル14種類をまとめていますので参考にしていただけましたら幸いです。

 

『スマートウォッチ』の基本情報と選ぶ基準は?【人気モデル14種類を大公開!】

アイキャッチ画像
『スマートウォッチ』の基本情報と選ぶ基準は?【人気モデル14種類を大公開!】

続きを見る

 

ヘッドホン『WH-1000XM3』と『WH-1000XM4』の特徴と違い

 

ヘッドホン『WH-1000XM3』と『WH-1000XM4』の特徴と違いを徹底検証しています。

 

ヘッドホン『WH-1000XM3』と『WH-1000XM4』の「特徴と違い」を徹底検証!

アイキャッチ画像
ヘッドホン『WH-1000XM3』と『WH-1000XM4』【特徴と違いを徹底検証!】

続きを見る

 

超薄型『FENIFOX Bluetooth ワイヤレスマウス』の「メリット・気になる点」と各設定方法を解説【詳細あり】

 

FENIFOX Bluetooth ワイヤレスマウス』のメリットや気になる点と、詳細な設定方法についても解説しています。

 

超薄型『FENIFOX Bluetooth ワイヤレスマウス』の「メリット・気になる点」と各設定方法を解説【詳細あり】

アイキャッチ画像
FENIFOX Bluetoothマウスのペアリングを詳細に解説!【メリットと気になる点も】

続きを見る

 

『エレコム M-XGワイヤレスマウス 』疲れにくく「カスタマイズできる」マウスだった【快適・便利】

 

エレコム M-XGワイヤレスマウス 』疲れにくく好みの設定にカスタマイズでるマウスについて解説しています。

 

『エレコム M-XGワイヤレスマウス 』疲れにくく「カスタマイズできる」マウスだった【快適・便利】

アイキャッチ画像
『エレコム M-XGワイヤレスマウス 』カスタマイズできるマウスだった。【疲れにくい・快適・便利】

続きを見る

 

疲労軽減マウスパッド ELECOM『FITTIO』(フィッティオ) 【「優れた特徴」を解説】

 

疲労軽減マウスパッド ELECOM『FITTIO』(フィッティオ) について、疲労が軽減する優れた特徴兼ね備えています。

 

そんなマウスパッドについて詳細に解説しています。

 

疲労軽減マウスパッド ELECOM『FITTIO』(フィッティオ) 【「優れた特徴」を解説】

アイキャッチ画像
疲労軽減マウスパッド ELECOM『FITTIO』【フィッティオの優れた特徴を解説!】

続きを見る

 

サーモス『保冷缶ホルダー』2way仕様でとっても便利!【屋外でも手軽に使える】

 

2way仕様でとっても便利なサーモス 保冷缶ホルダーについて、使い方や注意点について解説しています。

 

サーモス『保冷缶ホルダー』2way仕様でとっても便利!【屋外でも手軽に使える】

アイキャッチ画像
サーモス『保冷缶ホルダー』使い方を解説【2way仕様で屋外でも手軽に使えて便利!】

続きを見る

 

カップウォーマーの使い方(コンセント式)を詳しく解説!

 

コンセント式で保温力の高いカップウォーマーについて詳しく解説しています。

 

カップウォーマーの使い方を解説!【コンセント式 5段階調節で飲み頃を簡単管理!】

アイキャッチ画像
カップウォーマーの使い方を解説!【コンセント式 5段階調節で飲み頃を簡単管理!】

続きを見る

 

『高性能のカメラを搭載したスマホ』の選び方【選定ポイントと「おすすめスマホ 15種ランキング」】: まとめ

マホを操作している写真

いかがでしたでしょうか?

 

「高性能のカメラ」を搭載したスマホの「選定ポイント」と「おすすめスマホ 15種ランキング」をお伝えしました。

 

『SIMフリースマホカメラ』は、タイプによって性能が異なりますので、撮りたい写真に合ったスマホカメラを選定すると良いです。

 

「ご紹介したランキング」を、参考に「スマホカメラ選び」に役立ててくださいね。

 

この記事で分かる事

  • 『スマホカメラ』の選び方のポイントは?
  • カメラ搭載のSIMフリースマホ15種類のおすすめは?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。(Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

ブロガー▶︎Mayataka Blog運営▶︎経歴:建築科大学院 修了▶︎建設会社・取締役▶︎Twitter(お陰様でフォロワー様1.1万人)▶︎イケア / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス)etc ●運営実績などの 詳しい内容はプロフィールをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

-ガジェット, レビュー記事

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5