" />

Mayataka

ブロガー▶︎Mayataka Blog運営▶︎経歴:建築科大学院 修了▶︎建設会社・取締役▶︎Twitter(お陰様でフォロワー様1.1万人)▶︎イケア / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス)etc ●運営実績などの 詳しい内容はプロフィールをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

ギター関連 レビュー記事

ギタースタンド『ハーキュレス GS405B』の構造と組み立て方を詳細に解説!

アイキャッチ画像
Pocket

ハーキュレスのギタースタンド 『GS405B』はコンパクトで持ち運びが楽なギタースタンドです。

 

ハーキュレスのギタースタンド 『GS405B』には以下の「ポイント」があります。

 

ハーキュレス 『GS405B』ポイント

◎ 脚まわりの剛性が高く安心してギターを立て掛けられる。

◎ 「組み立て」や「収納」も速やかに行うことができる。

◎ コンパクトで持ち運びに便利。

 

このようなポイントのあるギタースタンド 『GS405B』の組み立て方を、各部を見ながら順を追って解説しますね。

 

参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • ハーキュレスのギタースタンド『GS405B』の組み立て方は?
  • ハーキュレスのギタースタンド『GS405B』はしっかりとした造りなの?

 

では早速、いってみましょう!

 

ギタースタンド 『ハーキュレス GS405B』の開封

開封時の写真

開封時の写真

開封時の画像です。

 

このようにビニールに包まれています。

 

ギタースタンド全体の写真

ギタースタンドの全体写真

 

ギタースタンドの大きさは最小限に納められています。

 

ポイント

コンパクトかつ軽量なのでライブなどの移動用でも使えますのでとても便利です。

 

『ハーキュレス GS405B』の「収納状態」から使用できる状態にする。

 

折り曲げて収納されているためスタンドのネック側とボディ側を広げると使用できる状態になります。

 

まずは「ネック側」から組み立ての順序を見てみましょう。

 

「ネック側」の組み立て方

「ネック側の支え」の収納状態の写真

「ネック側の支え」の収納状態の写真

 

「ネック側の支え」が収納状態になっていますね。(折り曲げられた状態)

 

この「支え」を引き上げると所定の位置で「カチッ」と音が鳴りロックされます。

 

「ネック側の支え」の写真

「ネック側の支え」の写真

 

ネック側の支え」を上から見てみると、衝撃を和らげるクッションが「支え」の全体に巻いてあります。

 

「ネック側の支え」は手前側まで曲げられていますので、ギターの転倒防止になっています。

 

ギターはその隙間からゆっくりと出し入れします。

 

「ネック側の支え」の根本と「支柱」の写真

「ネック側の支え」の根本と「支柱」の写真

 

ネック側の支え」の根本と「支柱」をアップです。

 

収納するときは「黄色の矢印」方向に引っ張ると「ネック側の支え」は折れて収納状態になります。

 

ポイント

「ネック側の支え」の接合部は一見弱そうに見えますが、本体の支柱に強固に溶接されていますのでしっかりしています。

 

「ボディ側」の組み立て方

脚が収納状態の写真。

ギタースタンドの脚が「収納状態」の写真。

 

「脚」が収納状態になっています。

 

これを広げて自立可能な状態にします。

 

※ 「支え」は「脚」が見やすいように上げています。

 

支柱が倒れた状態の写真

「支柱」が倒れた状態の写真

 

ギターを支える「支柱」が倒れた状態になっていますね。

 

3本の「脚」広がった状態ですので自立可能な状態になりました。

 

この状態から「倒れている支柱」を立ち上げます。

 

「支柱」を立ち上げた状態

「支柱」を立ち上げた状態

 

支柱」を引き上げました。

 

「支柱」を所定の位置まで引き上げると「カチッ」と音がなり固定されます。

 

※ ギターのボディを支える「受け」は倒した状態にしています。

 

ポイント

「脚」を広げた状態にして (自立している状態)で「支柱」を立ち上げるろ楽に立てることができます。

 

ボディー側の「受け」の写真

ボディー側の「受け」の写真

 

ボディ側の「受け」の写真です。

 

最後に「受け」を手前に倒すとこちらも「カチッ」と音がなり固定されます。

 

ギタースタンド『ハーキュレス GS405B』の「組み立て」完成

ギタースタンド『ハーキュレス GS405B』の「組み立て」完成

 

これでギタースタンド 『ハーキュレス GS405B』の使用できる状態になりました。

 

お疲れ様でした。

 

『ハーキュレス GS405B』の「脚まわり」の確認

ギタースタンドの脚の写真

ギタースタンドの脚の写真

 

では使用できる状態となったギタースタンドの「」まわりを見てみましょう。

 

脚先の『ゴム』は少し硬いように感じます。

 

ポイント

数年使っていますが、劣化や破れなどはなく耐久性がいいですね。

 

ギタースタンドの「受け」と「支柱」の写真

ギタースタンドの「受け」と「支柱」の写真

 

受け」と「支柱」のアップです。

 

ギターの重量は数キロのことが多いと思いますが、数年使用した現在でもガタつくようなことはありませんね。

 

「受け」は「ネック側の支え」と同じように「黄色の矢印」を引っ張ると折りたたむことができます。

 

 

『ハーキュレス GS405B』の気になるところ

ギタースタンドの「脚まわり」の写真

ギタースタンドの「脚まわり」の写真

 

組み立てが完了している「脚まわり 」(正面)の写真です。

 

ギタースタンドの「脚まわり」の後ろからの写真

ギタースタンドの「脚まわり」の後ろからの写真

 

「脚まわり」の『後ろ側から』の写真です。

 

受け」の幅があまり広くないため、スタンド本体が突発的な大きな揺れがあると「立て掛けているギター」もずれて落ちそうになる時がありますね。

 

ただ、揺さぶるほどの非常に強い揺れの場合だけで余程のことがない限り大丈夫なのではと思います

 

「ギター」関連の記事は他にもあります。

 

ギター」に関する記事は他にもあります。

よろしければご覧ください。

 

TAMA『ギタースタンド839』は安定性抜群!【安定性と剛性を実現させた3つのポイントを解説】

 

TAMA ギタースタンド839の安定性と剛性を実現させた3つのポイントについて解説しています。

 

TAMA『ギタースタンド839』は安定性抜群!【安定性と剛性を実現させた3つのポイントを解説】

アイキャッチ画像
TAMA『ギタースタンド839』は安定性抜群!【安定性と剛性を実現させた3つのポイントを解説】

続きを見る

 

レスポール用ハードケース 『RAINBOW PILPC-W』 【「ナンバーロックの設定方法」と内部詳細を解説】

 

レスポール用ハードケース 『RAINBOW PILPC-W』についてナンバーロックの設定方法や内部の詳細を解説しています。

 

レスポール用ハードケース 『RAINBOW PILPC-W』 【「ナンバーロックの設定方法」と内部詳細を解説】

アイキャッチ画像
レスポール用ハードケース 『RAINBOW PILPC-W』 【ナンバーロックの設定方法と内部詳細を解説!】

続きを見る

 

ギタースタンド『ハーキュレス GS405B』の構造と組み立て方を詳細に解説!:まとめ

 

いかがでしたか?

 

ハーキュレスのギタースタンド 『GS405B』について組み立て方の詳細を解説しました。

 

ではハーキュレスのギタースタンド 『GS405B』ポイントをまとめますね。

 

ハーキュレス 『GS405B』ポイント

◎ 脚まわりの剛性が高く安心してギターを立て掛けられる。

◎「組み立て」や「収納」も速やかに行うことができる。

◎ コンパクトで持ち運びに便利。

 

以上のように末永くお使いいただけると思います。

 

ギタースタンド選びの何か参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

こんな方におすすめ

  • ハーキュレスのギタースタンド『GS405B』の組み立て方は?
  • ハーキュレスのギタースタンド『GS405B』はしっかりとした造りなの?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。(Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

ブロガー▶︎Mayataka Blog運営▶︎経歴:建築科大学院 修了▶︎建設会社・取締役▶︎Twitter(お陰様でフォロワー様1.1万人)▶︎イケア / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス)etc ●運営実績などの 詳しい内容はプロフィールをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

-ギター関連, レビュー記事

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5