" />

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) の管理人「マヤタカ」です。運営4年目▶︎建築科大学院 修了▶︎建設会社 取締役▶︎Twitter (Twitter Pro 認定) お陰様でフォロワー様1.1万人超え 運営4年目 ▶︎『美容・健康』、『レビュー記事』、『キャンプ情報』や『生き物 関連』、『自己成長』etc…発信しています。▶︎『自己成長』では「マインド セット」や「ストレス」に関して解説いていますので、参考にしていただければ幸いです。▶︎どうぞよろしくお願いします。

アウトドア

『ロースタイル キャンプ』の「魅力」と「おすすめキャンプギア」を解説

アイキャッチ画像
Pocket

ここ数年キャンプの人気が非常に高まっていますが、最近では「ロースタイルキャンプ」が流行となってきています。

 

実際にキャンプ場に行くと、ロースタイルキャンプを楽しむ人たちもかなり増えてきていることが分かります。

 

ロースタイルキャンプ』とは、チェアやテーブルなどを地面により近い位置にするためにあえて低い物を使用するという楽しみ方です。

 

自然と一体化できる感覚は、一度経験してしまうと普通のキャンプには戻れなくなるほど魅力的なのです。

 

この記事では、そんな「ロースタイルキャンプの魅力とおすすめキャンプギア」について解説していきたいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • 『ロースタイル キャンプ』の「魅力」とは?
  • 『ロースタイル キャンプ』の「メリット」と「デメリット」は?

 

では早速、いってみましょう!

 

『ロースタイル キャンプ』の魅力

ロースタイルキャンプのようす

キャンプのテーマを「低さ」にこだわり楽しむ「ロースタイルキャンプ」には、実に様々な魅力が詰まっています。

 

通常のキャンプと全く異なる雰囲気が味わえるはずです。

 

使用するキャンプギアが異なるため、購入する必要があり多少費用は掛かってしまいますが、ぜひ試すべきスタイルだと言えるでしょう。

 

ポイント

最近では、キャンプ用品のレンタルなどのサービスも増えてきたので、一度レンタルして試してみるというのも良いかもしれませんね。

 

それでは、「ロースタイルキャンプ」の具体的な魅力を1つずつ挙げていきましょう。

 

「ロースタイルキャンプ」の具体的な『魅力』

〇 これまでのキャンプと「違った雰囲気」を味わえる

〇 「ゆったり…のんびり…」キャンプを楽しめる

〇 「子供も快適に」キャンプを楽しめる

〇 キャンプ用品が「コンパクト」になる

〇 「焚火も扱いやすい」

〇 ペットがいる場合も「同じ目線で」くつろげる

 

これまでのキャンプと「違った雰囲気」を味わえる

キャンプのようす

一般的なキャンプというと、目線が100㎝以上になることがほとんどで、家庭のダイニングテーブルやチェアより少し低い目線で楽しむ感じでしたよね。

 

しかし、

 

ロースタイルキャンプ』の場合は、30㎝程度の低いチェアや40㎝以下の低いテーブルがメインとなるので、目線が圧倒的に低くなるのです。

 

目線が低くなるとどうなるかと言うと、より自然を感じやすくなります。

 

また、必然的に普段使っているテントやタープも高く感じられるので、開放的な雰囲気を作り出すことができるはずです。

 

その感覚は、今までのキャンプと全く異なるものなので、非日常感が一気に高まります。

 

そして、チェアやテーブルを低くするだけで、「オシャレ感」が一気にUPするというのも大きな魅力です。

 

「ゆったり…のんびり…」キャンプを楽しめる

椅子に座っている女性

低めの目線になることで得られるのは、自然をより感じられる雰囲気だけではありません。

 

ゆったり…のんびり…リラックスして過ごすことができるのです。

 

一度腰掛けてしまうと、立ち上がることができないほど落ち着いた気分となり、流れる時間がゆっくりに感じることでしょう。

 

「子供も快適に」キャンプを楽しめる

子供のキャンプ

子供連れでキャンプに行ったことがある人ならばわかるかと思いますが、6歳くらいまでの子供は、(背の大きさによっては小学校低学年も)チェアが高すぎて座ったり降りたりするのも大変ですよね。

 

そのたびに大人が補助しなければなりませんし、子供が自分で無理や座ったり降りたりすると転倒してしまう危険性が高まります。

 

また、キャンプと言えばアウトドア料理ですが、高い位置にテーブルがあることで子供が食べにくかったり、好きな食べ物に手が届かないといったこともあったりします。

 

ポイント

ロースタイルキャンプ』では、子供も1人でチェアーに座ったり降りたりすることができますし、テーブルも低めなので食べやすく自分の好きな料理も簡単に掴むことが可能となります。

 

子供にとっては世界観が大きく変わる感覚を味わえるので、楽しさのレベルが大幅にUPするはずです。

 

キャンプ用品が「コンパクト」になる

ブッシュクラフト

キャンプは非常に楽しめる最高のレジャーの1つですが、「後片付けが面倒」「荷物が多くなる」といったデメリットがあるのも事実です。

 

車のトランクに入りきらず、座席にも荷物を置かなければならないケースもあったりしますよね。

 

しかし、

 

ポイント

ロースタイルキャンプのチェアやテーブルは、サイズ的にかなり小さいので、これまでのキャンプよりも必然的に荷物がコンパクトになるのです。

 

また、キャンプ場に着き設営する際も非常に簡単に設置できますし、撤収する際も同じようにいつもより手間が掛からないですね。

 

その荷物の多さから今までは諦めていたキャンプ用品やレジャー用品を持っていくこともできるようになりますね。

 

「焚火も扱いやすい」

焚火台

キャンプと言えば「焚火」ですよね。

 

焚火をするだけで一気にキャンプの雰囲気が良くなりますし、料理の幅も一気に増しますよね。

 

しかし、焚火台の高さはほとんどが低めに設定されているので、立った状態や高めのチェアでは疲れてしまうものです。

 

その点、『ロースタイルのキャンプ』では、焚火とそれを利用した料理を快適に行うことができるようになります。

 

そして、焚火により近い距離でくつろげるため、暖かさも感じやすいです。

 

ペットがいる場合も「同じ目線で」くつろげる

近年ではペットを飼う人が多くなっているので、キャンプに犬などのペットを連れていくという人も増えてきています。

 

自然の中をペットと散歩をすることで、最高の気分を味わうことができますが、ロースタイルキャンプであればテントやターフ内でもペットと同じ目線なので一緒にくつろぐことが可能です。

 

大人も子供もペットも同じ目線でキャンプを楽しめるのは、『ロースタイルキャンプ』ならではの魅力だと言えますね。

 

ロースタイルキャンプの「デメリット」

キャンプのようす

ここまで挙げた通り、『ロースタイルキャンプ』には多くのメリットがあるわけですが、気を付けなければならないポイントもあります。

 

このデメリットを考えずに実行してしまうと後悔してしまう可能性もあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

「ロースタイルキャンプ」の気を付ける「ポイント」

〇「料理がしにくい」

〇 一度座ると「立つのが億劫になる」

〇「ペットのしつけ」ができていないと料理などを食べられてしまう

〇 1~2歳の子供は「危険性」が高くなる

 

「料理がしにくい」

料理のようす

ロースタイルキャンプでは、その位置の低さゆえに料理がしにくいというデメリットがあります。

 

座ったまま調理をすることが難しいので、結局立ったまま作業してしまう可能性もあったりします。

 

一度座ると「立つのが億劫になる」

地面に座っている人

低めのチェアは、一度座ってしまうと居心地の良さゆえに立つのが億劫になってしまうものです。

 

料理も簡単なもので済ませるタイプの人や、のんびりと読書などを楽しむタイプの人には向いていますが、

 

注意ポイント

「頻繁に何かしらの作業をしたい」という人には向かないかもしれません。

 

「ペットのしつけ」ができていないと料理などを食べられてしまう

肉を焼いている

ロースタイルキャンプの魅力の1つである「ペットと同じ目線でくつろげる」というポイントは、しつけがしっかりとできていなければ大きなリスクになりかねません。

 

テーブルが低いと、そこに並ぶ料理もペットが届く距離であるということです。

 

良い匂いのする料理が届く距離にあれば、しつけができていないペットは食い荒らしてしまう可能性が高くなってしまうことでしょう。

 

1~2歳の子供は「危険性」が高くなる

焚火のようす

1~2歳程度の小さな子供がいる場合もペットと同様にロースタイルキャンプが向かないと言えるかもしれません。

 

テーブルの上に並ぶ熱々の料理を触ってしまい火傷してしまう危険性もありますし、焚火などもかなり危険であることは間違いありません。

 

ロースタイルにおすすめな「グランドシート」というキャンプギア

 

ロースタイルキャンプでは、30㎝以下のローチェアや、40㎝程度のローテーブルが基本となりますが、「グランドシート」という選択肢もかなりおすすめです。

 

グランドシート』とは、テントやターフ内に敷くシートのことで、これを敷いてからちょっとしたマットの上に座れば、チェアーを用意する必要がなくなります。

 

 

ポイント

おすすめは、ちょっと厚めのグランドシートを選ぶことです。

 

薄めだとどうしても地面の感覚が強くゴロゴロしたり、そのまま座ると痛かったりしますが、厚めのグランドシートであれば快適に過ごすことが可能です。

 

また、夏場は虫がかなり多くなるので、それ以外の季節におすすめの方法ですね。

 

テントと男女の写真
空前のキャンプブーム!『流行キャンプスタイル3選』ご紹介

続きを見る

 

テントと青空の写真
キャンプの『需要』って何なの?「キャンプ」の楽しみ方【3ステップ】

続きを見る

 

ベランピングのようす
ベランダでキャンプ?!お家にいながらキャンプを楽しむ『ベランピング』とは?

続きを見る

 

キャンプの画像
『おうちキャンプ』を最高に楽しむコツ【徹底解説!】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
【福岡】モンベル 五ヶ山ベースキャンプ『ウォールテンテッド サイト』に泊まってリフレッシュしてきた。【施設情報 詳細あり】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
【福岡】グリーンパル日向神峡の「コテージの詳細」 と「国道からの道のり」【施設画像多数あり】

続きを見る

 

フュアーハンドランタンのアイキャッチ画像
『フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由【「パッキン」と「芯」の交換方法も解説】

続きを見る

 

テントと青空の写真
キャンプの『需要』って何なの?「キャンプ」の楽しみ方【3ステップ】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
キャンプのお供にコンパクトな「ミニ焚き火台 」CP-KPL 206【「仕様」と「組み立て方」を解説】

続きを見る

 

リバーパークの写真
【福岡】五ヶ山クロスの『リバーパーク』で自然を体感してきた【施設情報 詳細あり】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『喜びを他者と共感しあえる環境』を作る重要性を解説【自分自身の幸せを求めすぎるのはNG?】

続きを見る

 

『ロースタイル キャンプ』の「魅力」と「おすすめキャンプギア」を解説:まとめ

キャンプしている女性

今回は、『ロースタイル キャンプ』の「魅力」と「おすすめキャンプギア」を解説について解説してきました。

 

ロースタイル キャンプ』は、チェアやテーブルを低めにするキャンプのことですが、たったそれだけでいつものキャンプとは違った魅力を感じることができます。

 

「のんびりとキャンプを楽しみたい」という人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

 

こんな方におすすめ

  • 『ロースタイル キャンプ』の「魅力」とは?
  • 『ロースタイル キャンプ』の「メリット」と「デメリット」は?

 

 

最後までご覧いただき、有難うございました。(Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) の管理人「マヤタカ」です。運営4年目▶︎建築科大学院 修了▶︎建設会社 取締役▶︎Twitter (Twitter Pro 認定) お陰様でフォロワー様1.1万人超え 運営4年目 ▶︎『美容・健康』、『レビュー記事』、『キャンプ情報』や『生き物 関連』、『自己成長』etc…発信しています。▶︎『自己成長』では「マインド セット」や「ストレス」に関して解説いていますので、参考にしていただければ幸いです。▶︎どうぞよろしくお願いします。

-アウトドア

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5