" />

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) 管理人マヤタカ(運営4年)▶︎実績:お陰様で月間最高売上100万円達成できました。▶︎オファー:不動産関連上場企業様、株式会社レントラックス様(クローズドASP)、ブロガー様、その他▶︎建築科大学院・修了▶︎建設会社・取締役▶︎TwitterPro 認定・フォロワー様1.1万人超え(運営4年)▶︎美容・健康 / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス) etc…どうぞよろしくお願いします。

アウトドア レビュー記事

Hikentureランタンケース【お気に入りのランタンを安心保管できます。】

ランタンケース・アイキャッチ画像
Pocket

 

キャンプでは、日が落ちた後も作業ができるように焚火とは違う照明器具が必要となりますよね。

 

最近では、周囲を明るく照らせるポータブルライトがいくつも販売されているので、

 

実際に購入して使用しているという人も多いのではないでしょうか?

 

オイルランタンの使用例

オイルランタンの使用例

 

しかし、キャンプの雰囲気をさらに盛り上げる場合は、「ランタン」を使用するという選択肢もあります。

 

実用性と雰囲気作りの両方を兼ね備えているため、ぜひとも所有しておきたいアイテムです。

 

そして、そんなランタンと併せて用意しておきたいのが「ランタンケース」です。

 

この記事では、そんなランタンを安心して保管できるランタンケース「Hikentureランタンケース」について解説していきたいと思います。

 

 

こんな方におすすめ

  • ランタンにはどんな魅力があるの?
  • ランタンにはどんな種類があるの?
  • ランタンケースはなぜ必要?
  • 「Hikentureランタンケース」はどんなランタンケース?

 

では早速、いってみましょう!

 

ランタンの魅力

ランタンの魅力「炎のゆらぎ」

ランタンの魅力「炎のゆらぎ」

 

ランタンの明かりは、まるでその明かり自体に温かさがあり、周囲を温めているような雰囲気を演出できます。

 

バーベキューが終わりまったりモードになったならば、

 

コーヒーを飲みながら焚火とランタンの明かりだけで語り合うといった時間もまた格別です。

 

ランタンの雰囲気

ランタンの雰囲気

 

また、キャンプ場では、あまり遅い時間まで焚火をしているわけにはいかないので、

 

早めに消してランタンの明かりのもとで過ごすといったケースもあるでしょう。

 

焚火が消えたとしても、ランタンの明かりがついていれば雰囲気を保つことが可能です。

 

もちろん、22時以降の「クワイエットタイム(就寝時間)」では、ランタンも消す必要がありますが、

 

その時間ギリギリまで活躍してくれるはずです。

 

ランタンの室内使用

ランタンの室内使用

 

ちなみに、

 

ランタンがあれば、急な停電や災害時にも役立つので、1家に1台は所有しておくことをおすすめします。

 

ランタンに関する以下の記事も、よろしければご覧ください。

 

フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由とパッキンと芯の交換方法も解説しています。

 

『フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由【「パッキン」と「芯」の交換方法も解説】

フュアーハンドランタンのアイキャッチ画像
『フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由【パッキンと芯の交換方法も解説】

続きを見る

 

ランタンの種類

 

ランタンとは言っても、実はいくつかの種類に分かれています。

 

以下の順に簡単に解説します。

 

ランタンの種類

  • LEDタイプのランタン
  • ガソリンタイプのランタン
  • ガスタイプのランタン
  • オイルタイプのランタン

 

LEDタイプのランタン

 

ランタンというと実際に火を灯すイメージがありますが、最近ではLEDタイプのランタンも販売しています。

 

ポイント

転倒による火事などのリスクがないので安心して使用することができます。

 

ガソリンタイプのランタン

 

ポイント

ガソリンタイプのランタンは、他の種類よりも非常に明るく周囲を照らせるといったメリットがあります。

 

広範囲ではありませんが、温かさも発してくれます。

 

ガスタイプのランタン

 

ポイント

ガスタイプのランタンは、点火が非常に簡単であるというメリットがあります。

 

若干燃費が悪くコストは高くついてしまいます。

 

オイルタイプのランタン

 

オイルタイプのランタンは、明るさはそれほどでもありませんが、

 

ポイント

長時間燃焼してくれるというメリットがあります。

 

揺らめく炎はキャンプの雰囲気をさらに高めてくれます。

 

オイルランタンに関する記事も、よろしければご覧ください。

 

『フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由【パッキンと芯の交換方法も解説】

 

フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由とパッキンと芯の交換方法も解説しています。

 

『フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由【「パッキン」と「芯」の交換方法も解説】

フュアーハンドランタンのアイキャッチ画像
『フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由【パッキンと芯の交換方法も解説】

続きを見る

 

ランタンケースの必要性

 

ランタンケースは、ランタンの本体を持ち運ぶためのケースとなります。

 

ランタン自体を手で持ちながら運ぶことも十分に可能ですが、

 

以下のような可能性も十分にあり得ます。

 

ランタンの破損

ランタンのホヤ(ガラス)

ランタンのホヤ(ガラス)

 

ホヤ」と言われるランタンの明かりが灯る部分は、

 

ガラスで作られていることが多いので、ちょっとした衝撃で割れてしまう可能性もあります。

 

ガラスが割れて飛び散ってしまうと、非常に危険です。

 

その他に考えられる破損の要因は以下の通りです。

 

  • ぶつかって破損
  • むき出しの状態で保管をしてしまい錆び付いてしまう

 

そういった意味でも、ランタンケースにしっかりと入れて保管をしておくべきだと言えるでしょう。

 

おススメのランタンケースは、「Hikentureランタンケース」

ランタンとHikentureランタンケース

ランタンとHikentureランタンケース

 

おススメのランタンケースは、「Hikentureランタンケース」が挙げられます。

 

Hikentureランタンケースの仕様

Hikentureランタンケースの外観

Hikentureランタンケースの外観

 

Hikentureランタンケースの仕様を以下に示します。

 

Hikentureランタンケースの仕様
サイズ 30cmx15cmx15cm
カラー カーキ/アーミーグリーン
重量 240g
材質 8号帆布+5mmポリエチレン発泡マット+210Dオックスフォード布+内貼り-銀コーティング

 

 

この「Hikentureランタンケース」は、まず見た目がとても可愛いというのが大きな魅力となっています。

 

Hikentureランタンケースのカラーは2色

 

Hikentureランタンケースのカラーは2色展開となっています。

 

HikentureHikentureランタンケースの色

  1. カーキ
  2. アーミーグリーン

 

どちらもレトロ感満載で非常にオシャレ度が高くなっています。

 

Hikentureランタンケースには「ダブルファスナー式」と「巾着式」の2種類ある

 

ポイント

ダブルファスナー式と巾着式から好きなタイプを選ぶことができます。

 

Hikentureランタンケースの外観と内部

Hikentureランタン(チャック式)

Hikentureランタン(チャック式)

 

Hikentureランタンケースの取っ手

Hikentureランタンケースの取っ手

 

Hikentureランタンケースの内張りのようす

Hikentureランタンケースの内張りのようす

 

作りもしっかりしていますし、帆布も使えば使うほど経年劣化によって味が増すので、長年使い続けることが可能です。

 

Hikentureランタンケースの蓋のポケット

Hikentureランタンケースの蓋のポケット

 

ダブルジッパーになっていますので、蓋を両方向に開けることができます。

 

Hikentureランタンケースの内張りのようす

Hikentureランタンケースの内張りのようす

 

外周だけでなく底や上部もクッション性抜群です。

 

ポイント

持ち運びの最中に他のキャンプギアにぶつかったりしても大丈夫ですし、誤って落下させてしまっても中のランタンが割れてしまうといったこともないでしょう。

 

Hikentureランタンケース使用時

Hikentureランタンケース使用時

 

サイズは、15㎝×15㎝×30cmとなっています。

 

ポイント

  • ヒュアーハンドランタン 276
  • デイツの#20#78など

 

人気のランタンのほとんどが収納可能となっています。

 

耐熱性と撥水性も高く、オイル漏れなどの心配もありません。

 

ランタンケースは数多く販売されていますが、見た目や品質の高さなどを考えると、「Hikentureランタンケース」という選択肢は間違いなしと言えるでしょう。

 

「キャンプ ギア」に関する記事は他にもあります。

 

キャンプ ギア」に関する記事は他にもあります。

よろしければご覧ください。

 

キャンプのお供にコンパクトな「ミニ焚き火台 」CP-KPL 206【仕様と組み立て方を解説】

 

コンパクトな「ミニ焚き火台 CP-KPL 206」の仕様と組み立て方について解説しています。

 

キャンプのお供にコンパクトな「ミニ焚き火台 」CP-KPL 206【「仕様」と「組み立て方」を解説】

アイキャッチ画像
ミニ焚き火台の使い方【仕様と組み立て方を解説】

続きを見る

 

『フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由【「パッキン」と「芯」の交換方法も解説】

 

フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由とパッキンと芯の交換方法も解説しています。

 

『フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由【「パッキン」と「芯」の交換方法も解説】

フュアーハンドランタンのアイキャッチ画像
『フュアーハンド ランタン 276』がアウトドア好きに愛される理由【パッキンと芯の交換方法も解説】

続きを見る

 

カップウォーマーの使い方(コンセント式)を詳しく解説!

 

コンセント式で保温力の高いカップウォーマーについて詳しく解説しています。

 

カップウォーマーの使い方を解説!【コンセント式 5段階調節で飲み頃を簡単管理!】

アイキャッチ画像
カップウォーマーの使い方を解説!【コンセント式 5段階調節で飲み頃を簡単管理!】

続きを見る

 

サーモス『保冷缶ホルダー』2way仕様で屋外でも手軽に使えてとっても便利!

 

2way仕様でとっても便利なサーモス 保冷缶ホルダーについて、使い方や注意点について解説しています。

 

サーモス『保冷缶ホルダー』2way仕様でとっても便利!【屋外でも手軽に使える】

アイキャッチ画像
サーモス『保冷缶ホルダー』使い方を解説【2way仕様で屋外でも手軽に使えて便利!】

続きを見る

 

『ACE BEAM(エースビーム)E70』の魅力を解説【夜間作業や暗所作業、防災用ライトに最適】

 

夜間作業や暗所作業、防災用ライトに最適な『ACE BEAM(エースビーム)E70』の魅力を解説しています。

 

『ACE BEAM(エースビーム)E70』の魅力を解説【夜間作業や暗所作業、防災用ライトに最適】

アイキャッチ画像
『ACE BEAM(エースビーム)E70』の魅力を解説【夜間作業や暗所作業、防災用ライトに最適】

続きを見る

 

『ACE BEAM TK18 LEDライト』はコンパクトでタフなライトだった。【パーツ詳細と使用例】

 

ACE BEAM TK18 LEDライト』の各パーツと使用例を詳しく解説しています。

 

『ACE BEAM TK18 LEDライト』はコンパクトでタフなライトだった。【パーツ詳細と使用例】

アイキャッチ画像
『ACE BEAM TK18 LEDライト』はコンパクトでタフなライトだった。【パーツ詳細と使用例】

続きを見る

 

『KEEP POWER L1』はモニターの視認性が良いお手軽充電器だった。

 

モニターの視認性が良く使いやすい『KEEP POWER L1』充電器について解説しています。

 

『KEEP POWER L1』はモニターの視認性が良いお手軽充電器だった。

アイキャッチ画像
『KEEP POWER L1』視認性が良いお手軽充電器!【使い方を解説!】

続きを見る

 

Hikentureランタンケース【お気に入りのランタンを安心保管できます。】:まとめ

Hikentureランタンケースとランタン

Hikentureランタンケースとランタン

 

いかがでしたか?

 

今回は、ランタンを安心して保管できるランタンケース「Hikentureランタンケース」について解説してきました。

 

ランタンはキャンプにおいて実用性と雰囲気作りの両面において役に立つキャンプギアです。

 

しかし、剝き出しのまま持ち運びするのは破損や錆びつきのリスクが高まるので、

 

ポイント

しっかりとランタンケースに入れておくことをおススメします。

 

ぜひ今回おすすめした「Hikentureランタンケース」を購入し、安全にランタンを保管するようにしましょう。

 

 

こんな方におすすめ

  • ランタンにはどんな魅力があるの?
  • ランタンにはどんな種類があるの?
  • ランタンケースはなぜ必要?
  • 「Hikentureランタンケース」はどんなランタンケース?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。(Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) 管理人マヤタカ(運営4年)▶︎実績:お陰様で月間最高売上100万円達成できました。▶︎オファー:不動産関連上場企業様、株式会社レントラックス様(クローズドASP)、ブロガー様、その他▶︎建築科大学院・修了▶︎建設会社・取締役▶︎TwitterPro 認定・フォロワー様1.1万人超え(運営4年)▶︎美容・健康 / レビュー / キャンプ情報 / 動物関連 / 自己成長(マインド・ストレス) etc…どうぞよろしくお願いします。

-アウトドア, レビュー記事

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5