" />

ハラガケガメのしじみ君(飼育関連)

【ハラガケガメ4】軽量な「ろ過材」と丈夫な「ネット」でお掃除を楽に。

ろ過材の写真
Pocket

 

ハラガケガメの「しじみ君」の水槽には外部式フィルター『エーハイム2213』を使っています。

 

このフィルターで使用中のろ過材『バクテリアリング プラスワン』と以前、使っていた「ろ過材」を比較しています。

 

飼育種や飼育環境によって使い方は様々とは思いますが、「ろ過材」について飼育の参考にしていただけましたら幸いです。

 

こんな方におすすめ

  • ろ過材は何を使っているの?
  • ろ過材の使用感は?
  • 「ネット」はどんな使い方をしている?

 

では早速、いってみましょう!

 

【ハラガケガメ4】軽量な「ろ過材」と丈夫な「ネット」でお掃除楽々!

以前使っていたろ過材『エイブルリング』

 

セラミックろ過材 エイブルリング』 Mサイズを使っていました。

 

「チャーム」さんのオリジナル高品質ろ過材です。

 

セラミックろ過材には『エイブルリング』の他に形状が異なる『アクティブリング』と『アクティブボール』がラインナップされています。

 

大きさはそれぞれSサイズMサイズがあります。

 

『エイブルリング』の使用感

 

セラミック製のろ過材です。

 

多孔質でバクテリアの定着が早いので、飼育水の「にごり」からの回復(透明になる)が早いですね。

 

※ 水質に敏感な「種」には 水質試験薬を使った水質管理も必要です。

 

セラミック製ですので洗浄を繰り返すうちに割れることがあります。

 

すべて割れるわけではありませんので長期間永く使うことができます。

 

リングの重さは一般的な「セラミックのろ過材」と同じくらいの重さですね。

 

 

 

使用中のろ過材『バクテリアリング  プラスワン』

ろ材の写真

『エーハイム2213』で使っている樹脂製のリングろ過材です。

 

バクテリアリング プラスワン』という、ろ過材です。

 

『バクテリアリング・プラスワン』のサイズは?

 

  • サイズ リングの直径12ミリ
  • サイズ リングの直径15ミリ
  • サイズ リングの直径20ミリ

 

3種類、ラインナップされています。

 

ハラガケガメの「しじみ君」にはMサイズを使っています。

 

『バクテリアリング・プラスワン』の「重さ」について

 

樹脂製なので手に取ってみると、とても軽いです。

 

リングろ過材は「重い」イメージでしたが、今回のろ過材の「軽さに魅力を感じました。

 

ポイント

『バクテリアリング・プラスワン』は軽量ので、これをセットしたフィルター本体も軽くなりますね。

 

「エーハイム2213」に『バクテリアリング プラスワン』を使う場合は3L入れると丁度良いです。

 

EHEIM2213(エーハイム)のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ3】「しじみ君」の水槽で使用中の『エーハイム2213』のパーツの解説とレビュー。

続きを見る

 

『バクテリアリング・プラスワン』の耐久性は?

 

『バクテリアリング・プラスワン』の耐久性や劣化具合はどうなのでしょうか?

 

バクテリアリング プラスワンの写真1

『バクテリアリング・プラスワン』の写真です。

 

販売当初(数年経過)から使っていますが、セラミック製等のろ過材にみられる「割れ」や砂状の粒子の発生は今の所ありません。

 

バクテリアリング プラスワンの写真2

『バクテリアリング・プラスワン』の斜め上からの写真です。

 

外見上変わったことは表面が少々白っぽくなりました。

 

バクテリアリング プラスワンの写真4

『バクテリアリング・プラスワン』の真横からの写真です。

 

この表面を爪で引っかいてみましたが、粒子が取れたり剥がれたりすることもなく粉っぽさもないですね。

 

バクテリアリング プラスワンの写真3

『バクテリアリング・プラスワン』の真上からの写真です。

 

割れなど大きな損傷もないようなので、しばらくは使えそうですね。

 

 

 

『ミドリネット』

ろ材の写真

『バクテリアリング プラスワン』を『ミドリネット』という網状の袋に入れた写真です。

 

この状態で直接「エーハイム2213」に入れてろ過を回しています。

 

『ミドリネット』を使って良かったこと

 

「エーハイム2213」にはろ過材を直接入れていたので「取り出し」と「洗浄」に時間が掛かっていました。

 

ポイント

『ミドリネット』を使うと「ろ過材」をまとめて速やかに取り出せるので、メンテナンスの時間を短縮できますね。

 

網目は程よい大きさなので、目詰まりしくいですね。

 

ミドリネット』は常時、水中で使っているので劣化が気になりますが今の所、破れたり網全体のへたりもないです。

 

メモ

長期間使用した「ろ過材」にはバクテリアが発生していますので飼育水で軽く洗うと良いです。

 

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ1】しじみ君の飼育設備をご紹介。

続きを見る

 

ハラガケガメのしじみ君のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ2】「しじみ君」の飼育設備の詳細をご紹介します。

続きを見る

 

EHEIM2213(エーハイム)のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ3】「しじみ君」の水槽で使用中の『エーハイム2213』のパーツの解説とレビュー。

続きを見る

 

水槽のお掃除用具のアイキャッチ画像
【ハラガケガメ5】しじみ君の飼育で使っている「お掃除用具」と手順のご紹介。

続きを見る

 

アクリル水槽60cm→90cmのアイキャッチ画像
【ハラガケガメ6】60cm水槽から90cm水槽にする「メリット」と「デメリット」は?

続きを見る

 

【ハラガケガメ4】軽量な「ろ過材」と丈夫な「ネット」でお掃除楽々!: まとめ

 

いかがでしたか?

 

過去と現在の「ろ過材」と丈夫な「ネット」についてお伝えしました。

 

バクテリアリング プラスワン』のサイズにもよりますが、目詰まりしにくい上に通水性が良好、しかも軽量で取り扱いが楽ですね。

 

「ろ過材」について、参考にしていただけましたら幸いです。

 

こんな方におすすめ

  • ろ過材は何を使っているの?
  • ろ過材の使用感は?
  • 「ネット」はどんな使い方をしている?

 

最後までご覧いただき、有難うございました。 (Mayataka)

 

-ハラガケガメのしじみ君(飼育関連)

© 2021 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5