" />

健康・美容

現代人は「野菜不足」になりがち?『野菜の効果』と『食生活の改善方法』

野菜の写真
Pocket

・野菜を食べないとどんな影響がある

効率的に野菜を摂取する方法を知りたい。

 

このような悩みを解決する記事です。

 

この記事で分かる事

  • 野菜が体に与える影響とは?
  • 野菜不足が現代人に増えている?
  • 食生活の改善方法
  • 野菜不足の方におすすめ!簡単&美味しいレシピ

 

仕事などが忙しいと、つい外食やコンビニ弁当に頼ってしまいますよね?

 

そのような食生活を送っていると、知らぬ間に「野菜不足」になってしまうかもしれません。

 

今回は、日頃食べる野菜の量が足りていないと体にどんな影響があるのかや、野菜の嬉しい効果、今日から実践できる食生活の改善方法を詳しくご紹介していきます!

 

記事を最後まで読んで、ぜひ健康的な食生活に役立ててくださいね♪

 

では早速、いってみましょう!

 

現代人は「野菜不足」になりがち?『野菜の効果』と『食生活の改善方法』

野菜が体に与える「影響」とは?

 

すぐ疲れてしまう」、「体が重たい

 

日頃からこんな風に感じていませんか?

 

もしかしたら、その不調の原因は野菜不足かもしれません。

 

ポイント

野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。

 

このような成分をバランス良く摂り入れることで、私たちは健康をキープしています。

 

そこで気になるのがこの「バランス」ですよね?

 

学校給食では、食材のジャンルを「3つに分類」して、それぞれの食物の栄養バランスを考えながら献立を考えています。

 

それぞれの色と食物は次の通りです。

 

赤色(血や肉を作る)…肉、魚、卵、大豆

黄色(活力になる)…穀物、砂糖、油

緑色(体の状態を整える)…野菜、果物、海藻

 

野菜はこの中でいうと「緑色」に該当します。

 

つまり、体の状態を良くするためには野菜をしっかり食べることが大切なのです。

 

摂る野菜の量が足りないと、次のような不調を感じやすくなります。

 

胃や腸の不調

 

下痢や便秘などの症状が長く続くなら、腸内環境が悪くなっている可能性があります。

 

大腸には100兆個の腸内細菌が存在していて、種類は善玉菌や悪玉菌、中間菌の3種類です。

 

悪玉菌や中間菌が良くない働きをすると、腸内環境はどんどん悪化してしまいます。

 

また、善玉菌は野菜不足や偏食が続くと数が減ってしまいます。

 

ポイント

お腹の調子が良くない時は、栄養バランスや日頃の生活習慣を一度振り返り、問題点を改善していきましょう。

 

善玉菌をサポートする成分は野菜に含まれている食物繊維。

 

ポイント

玉ねぎやゴボウ、アスパラガスなどに含まれているオリゴ糖は便秘解消の効果が期待できます。

 

外食が続いている場合は、肉類を摂り過ぎているのかもしれません。

 

「最近食事の傾向が偏ってるな」と思うなら、野菜を意識して摂るようにしてみてくださいね。

 

「肌荒れ」

 

腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、ニキビなどの吹き出物も出やすくなります。

 

女性の顔
自宅で簡単にできる!『ニキビ』を治す「正しい方法」とは?

続きを見る

 

さらに野菜を摂らないとビタミンも足りなくなるので、肌のターンオーバーが乱れることも。

 

かぼちゃやアボカドに含まれるビタミンEやニンジンなどに含まれるビタミンA、ブロッコリーやピーマンに含まれるビタミンCは抗酸化作用がある野菜。

 

バランス良く食べることで肌の状態も整えることができます。

 

「倦怠感」

 

ビタミンが足りなくなると、疲れが取れなくなったり、気持ちに余裕がなくなりイライラしやすくなることも。

 

ビタミンは、代謝やエネルギーに欠かせない栄養素で、足りなくなるとエネルギーになる糖質や脂質、タンパク質がうまく働かず、疲れを感じやすくなります。

 

疲労回復に役立つ「ビタミンB2」はモロヘイヤやほうれん草に含まれています。

 

不足しがちな栄養素なので、意識して食べていきましょう。

 

「風邪」を引きやすくなる

 

抗酸化作用があるビタミンが不足すると、体内に溜まってしまう活性酸素を除去できなくなります。

 

また、ビタミンは免疫細胞を作っている栄養素でもあるので、不足すると免疫力が低下します。

 

ミネラルも免疫細胞を作る上で欠かせない成分なので、バランス良く摂取する必要があります。

 

ポイント

「レタス」や「白菜」免疫力を高める効果が期待できる野菜です。

 

ビタミンやミネラル、食物繊維が含まれているので、ぜひ意識して食べてみてくださいね。

 

「野菜不足」が現代人に増えている?

 

私たちに必要な野菜の摂取量は350gといわれています。

 

この量は毎食1皿~2皿分、合計で5皿分の野菜を摂ることになります。

 

「野菜はきちんと食べないといけない」と分かってはいても、1日350gという量はなかなか摂れない人が多いのが現状です。

 

大人と子供では、野菜不足になりやすい状況が異なるので、それぞれ詳しくご紹介していきます。

 

・大人はひとり暮らしで「食生活が乱れやすい」

 

一人暮らしの方や、仕事が忙しい単身者などは食生活を簡素にしがち。

 

自炊するのが面倒で、外食などが増えると食生活の乱れに繋がるので注意が必要です。

 

外食は自分の好みに偏りがちになりますし、野菜を食べているつもりでも十分な栄養が摂れていないケースも多いのです。

 

・子供は「野菜嫌い」が原因で栄養不足になることも

 

子供の中には、「野菜嫌い」で食べられず栄養バランスが崩れてしまうというパターンが多いです。

 

ですが、調理法を工夫して野菜嫌い克服に努めてみましょう。

 

肉や魚と合わせたり、細かく刻んでハンバーグにしたり、食べやすい調理法を考えることで改善できることも多いので、簡単なアレンジからぜひ挑戦してみてください。

 

食生活の「改善方法」

 

ここからは、忙しい方でも無理なく食生活を改善できる方法をご紹介します!

 

できそうなことをぜひ取り入れてみてくださいね♪

 

・「常備菜」を用意する

 

「忙しくて自炊する暇がない」という方におすすめなのが、休日に常備菜を作ること。

 

ポイント

常備菜」を用意しておけば料理する手間が省けますし、食材を余らせることも少なくなります。

 

料理によっては作り置きすることでより美味しくなるものもありますし、アレンジ次第でメニューの幅を広げることもできますね。

 

きんぴらごぼうや煮物、ナムルなど、冷凍できるレシピも多いので休日にまとめて作っていきましょう。

 

・「ジュース」や「スムージー」を飲む

 

「野菜ジュース」や「スムージー」なら、手軽に野菜の栄養を摂ることができます。

 

チェック

市販の野菜ジュースなどは砂糖や食塩が含まれていることも多いので、購入する時は成分もチェックしましょう。

 

現在は『ジューススタンド』も増えていますね。

 

そういったところならよりフレッシュなジュースを飲むことができますよ。

 

自宅でジュースを楽しみたい方は、ミキサーを購入するのもおすすめです。

 

・「青汁」を飲む

 

青汁=苦いというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、現在販売されているものはどれも飲みやすいものばかり。

 

ポイント

粉末状のタイプなら、料理や別のジュースに混ぜて飲むこともできて便利です。

 

普段の食生活に青汁を1杯プラスするだけで摂れる栄養も増えるので、取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

【野菜不足をサポートする青汁】

大正製薬の『大正ヘルスマネージ 乳酸菌青汁』

 

野菜不足の方におすすめ!「簡単&美味しいレシピ」

 

ここからは、野菜をより美味しく食べることができる「レシピ」をご紹介していきます。

 

野菜たっぷりフォンデュ

 

フードプロセッサーが自宅にあるならこちらのレシピがおすすめ♪

 

アボカドと蒸したジャガイモをフードプロセッサーでクリーム状にして鍋へ。

 

温めながら塩コショウで味を整えて完成です。

 

ブロッコリーやカリフラワーを付けてどうぞ♪

 

モロヘイヤとなめこの栄養満点スープ

 

モロヘイヤを細かく刻んで、なめこと一緒にだし汁を入れた鍋へ。

 

酒やみりん、しょうゆ、塩などで味を整えて完成です。

 

ポイント

夏バテや消化不良の時でもしっかり栄養が摂れますよ。

 

豆腐と野菜のラタトゥイユ

 

豆腐とゴボウ、ニンジン、レンコンなどの根菜を炒めたら、水とカットトマト、ローリエを入れて煮込みます。

 

お好みで味噌を加えて完成です。

 

作り置きメニューとしても活用できます!

 

「オリーブオイル」の健康効果と正しい選び方・保存方法

続きを見る

 

 

オリーブ・ラベンダーオイル石鹸のアイキャッチ画像
アレッポの『オリーブ&ラベンダーオイル石鹸』は癒される香りで使って良かった。

続きを見る

 

コップとリンゴとメジャー
【ダイエット】40代の方必見!効果のある『サプリ』の選び方・注意点について解説!

続きを見る

 

マグカップの写真
寝る前にコーヒーを飲むことで「得られる効果」と「飲み方」のコツ

続きを見る

 

現代人は「野菜不足」になりがち?『野菜の効果』と『食生活の改善方法』:まとめ

 

現代人の食生活はつい野菜不足になりがち。

 

ですが、休日に作り置きしたり、野菜ジュースや青汁などを摂り入れることで、より効率良く栄養補給できます。

 

ご紹介した内容を参考に、ぜひ意識して野菜を食べてみてくださいね。

 

【野菜不足をサポートする青汁】

大正製薬の『大正ヘルスマネージ 乳酸菌青汁』

 

この記事で分かる事

  • 野菜が体に与える影響とは?
  • 野菜不足が現代人に増えている?
  • 食生活の改善方法
  • 野菜不足の方におすすめ!簡単&美味しいレシピ

 

最後までご覧いただき、有難うございました。(Mayataka)

 

-健康・美容

© 2021 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5