" />

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) の管理人「マヤタカ」です。運営4年目▶︎建築科大学院 修了▶︎建設会社 取締役▶︎Twitter (Twitter Pro 認定) お陰様でフォロワー様1.1万人超え 運営4年目 ▶︎『美容・健康』、『レビュー記事』、『キャンプ情報』や『生き物 関連』、『自己成長』etc…発信しています。▶︎『自己成長』では「マインド セット」や「ストレス」に関して解説いていますので、参考にしていただければ幸いです。▶︎どうぞよろしくお願いします。

ストレス 健康・美容 在宅ワーク 自己成長

「在宅ワーク」 (テレワーク) による『うつ』について。【コロナによる「ストレス」が原因?予防対策は?】

アイキャッチ画像
Pocket

 

「コロナ」により会社に行って勤務する形から、家で仕事をする「在宅ワーク」(テレワーク)にする企業が増えています。

 

通勤がなくなり「家での仕事」に最初は、とまどう話をニュースでよく目にしました。

 

「コロナ」により在宅ワークになりましたが、そのことによって『うつ』になった原因は何があるのでしょうか?

 

その「原因」と「対策」について解説しています。

 

参考にしていただけましたら幸いです。

 

この記事で分かること

  • 「在宅ワーク」(テレワーク) はコロナによる「ストレスは何が原因」なのか?
  • 「在宅ワーク」(テレワーク) はコロナによる「ストレスの予防対策」は?

 

では早速、いってみましょう!

 

『在宅ワーク (テレワーク) うつ』とは?

パソコンで入力中の写真

コロナにより「在宅ワーク」に移行されている方も多いと思います。

 

今回のコロナにより、在宅ワークになった企業は84%。

参照:一橋大学経済学研究科の原泰史特任講師ら「組織学会」の経営・経済学者18名とHR総研が共同で実施

 

今回の「コロナ」により働き方を大きく変えなければいけない企業が多く、慣れない在宅ワークを余儀なくされました。

 

会社とは違い、家は自分が落ち着く場所であるため、中々集中して取り組めないという話も耳にします。

 

家族がいる方ならより強く感じているのではないでしょうか?

 

また家にはデスクがなく、テーブルや床で作業している人もいて慣れない姿勢で長時間仕事をするため、体の不調を訴える人も増加しています。

 

通常の「うつ病」とは基準が異なりますが、在宅ワークによる「うつ」は増加傾向にあります。

 

その「原因」を細かく調べてみました。

 

『在宅ワークによるうつ』は「コロナによるストレス」が原因?

外を眺める女性の写真

在宅ワークになったはじめの頃、ネットを使ったパソコンでの慣れない作業に悪戦苦闘した人が多いと思います。

 

またひと目がつかず、自分の家なので好きなことが沢山できると喜んでいた人が多いのもニュースで取り上げられていました。

 

そんな素敵な環境にいるのに、なぜ在宅ワーク(テレワーク)により「うつ」が増えたのでしょうか?

 

考えられる「原因」として4つあります。

 

考えられる原因 4つ

〇「運動不足」
〇「コミュニケーション」の不足
〇「不規則な時間」
〇 仕事の「プレッシャー」

 

それぞれを順に解説していきます。

 

『運動不足』

駅の人混み

家から職場が近い人や電車、車を使って通勤しています。

 

少なからず歩いています。

 

その行動が家での勤務により激減し、運動不足によるストレスがたまりやすい状態です。

 

1日中パソコン向き合っているので、肩こりや腰痛がひどくなり、これも運動不足になりやすい原因です。

 

運動不足」により、脳の回転もにぶくなり仕事がうまくいかずストレスがたまりやすくなりなります。

 

『コミュニケーションの不足』

会議中の写真

職場にいると、仕事のことで話をする、休憩中にお話をするという『コミュニケーション』が家では極端に減るため、孤独感を感じやすくなります。

 

職場にいるときは気軽に聞けたけど、在宅では気軽に聞けなくなり、業務に支障になったり。

 

仕事がはかどらなくなり、それによる「ストレス」の増加につながります。

 

『不規則な時間』

時計の写真

通常勤務とは違い、自分の好きな時間に起きてだらだらと仕事がしやすい環境になります。

 

自分でこの時間までには終わらせると決めてやらないと、通常勤務よりも長い時間で仕事をする長時間労働にもなりかねません。

 

長時間労働により、疲れが通常勤務よりたまりやすい状況になります。

 

アイキャッチ画像
『睡眠の質』を改善する重要性!【改善方法とメリットの詳細を解説】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『睡眠効率』を下げないために改善すべき3つのことを解説【快眠】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『時間の使い方』が「上手になる方法」を解説【時間を有意義に使いたい方必見!】

続きを見る

 

仕事の『プレッシャー』

砂時計の写真

姿が見えない分、仕事で成果を出さなきゃと頑張りすぎてしまうという声もよく目にします。

 

プレッシャーをさらに自分にかけてしまう悪循環にもなりかねません。

 

在宅ワークで『うつ』にならない「予防対策」は?

メリーゴーランドの写真

それでは『予防対策はどうすればいいのでしょうか?

 

上記に書いた「うつ」になりやすい4つの原因

考えられる原因 4つ

〇「運動不足」
〇「コミュニケーション」の不足
〇「不規則な時間」
〇 仕事の「プレッシャー」

 

それぞれに沿って順に「対策方法」を書いていきます。

 

『運動不足』を解消

ストレッチをする人

通勤のときは少なくとも歩いたりしていますよね?

 

家では必要最低限の歩きしかなくなるため、運動不足になりやすい環境にあります。

 

ポイント

今はスマホの「アプリ」や「You Tube」で筋トレやストレッチの動画が沢山あります。

 

長時間同じ姿勢でいると、乳酸といった疲労物質がたまりやすく筋肉が硬くなってしまいます。

 

少しでも筋肉を動かしてあげることにより運動不足を解消できます。

 

ポイント

運動アプリ」では、忙しい人向けに数分で終わるものもあるため、自分にあった運動内容を確認して行うのが運動不足の解消につながります。

 

アイキャッチ画像
『ヨガと瞑想』で取り除こう!【日々の生活で「蓄積されがちな体重」や「精神的なストレス」解消法】

続きを見る

 

『コミュニケーション不足』を解消

会話しているようす

朝職場に行くと、必ず挨拶をしたり、仕事中にわからないところがあるときは話をする機会が多いと思います。

 

家で仕事をしていると、コミュニケーションを取る機会がなくなるため、お昼休みに同僚と「Skype」や「ZOOM」お話しながら食べたり、というのも1つの手ではないでしょうか?

 

ポイント

オンライン会議」で、決められた議題だけでなく雑談を交えたりと気分を変える方法もいいですね!

 

パソコンの写真
『ZOOM』をテレワークで使いたい【ZOOMの「使い方」と「おすすめの機能5選」】

続きを見る

 

『不規則な時間』を改善

時計の写真

長時間、家にいることにより、時間の間隔が麻痺してきます。

 

ポイント

職場に行くときは「決められた時間に起きる」ことを在宅ワークでも取り入れといいです。

 

仕事の時間を決め、自己管理をするメリハリをつけることが大事です。

 

アイキャッチ画像
『時間の使い方』が「上手になる方法」を解説【時間を有意義に使いたい方必見!】

続きを見る

 

仕事の『プレッシャー』を解消

会話する人

「家で遊んでる」と思われたくないからと、がむしゃらに頑張る人の話をあげました。

 

自分で課す仕事での『プレッシャーは、自分で自分の首をしめるだけです。

 

ポイント

定期的に「オンライン飲み会」や「電話」で同僚と話し、お互いにの進捗状況を聞き、自分の頑張りを周囲に知らせる」のも大事なことです。

 

同僚だけでなく、友人と話をすることも大事です。

 

ポイント

職種が違う友人とも話をすることでストレス発散にも繋がるので、自分で溜め込まず吐き出すことも大事なことです。

 

【生活をサポートするサプリ】

セロトニン サプリ メンタルクリア 30日分 トリプトファン DHA GABA 配合

 

アイキャッチ画像
『ポジティブ思考』で暮らすことで幸福は引き寄せられる?【メリット・デメリットを解説】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『変化を楽しむスキル』を習得して人生を豊かにする方法【『現状維持バイアス』についても解説】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
『短所との上手な向き合い方』と『長所を伸ばすメリットや実践方法』を解説

続きを見る

 

アイキャッチ画像
自粛生活でも『充実した生活を送りたい方』必見!【ストレス解消法】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
ストレスが溜まる!「ストレス」を解消したい方に【おすすめの方法 3選】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
ストレスの『軽減や改善方法』【上手なストレスとの「付き合い方」を解説】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
「ストレス解消」には『ドライブ』がオススメ!知っておきたい『ドライブの魅力』

続きを見る

 

アイキャッチ画像
「テレワーク」でも健康でいたい!『健康被害』と『改善法』【デメリットを改善】

続きを見る

 

アイキャッチ画像
イケア『LINNMON+ADILS』 テーブルの「組み立て方」と「使用感」を解説

続きを見る

 

アイキャッチ画像
イケア LACKシリーズ『コーヒーテーブル』の「組み立て方のポイント」を解説

続きを見る

 

アイキャッチ画像
イケア 『ロマ』・『リルフルト』・『コップラ』の仕様は?【『ロマ』のかたい「ふた」の閉じ方も解説】

続きを見る

 

在宅ワーク (テレワーク)による『うつ』【コロナによる「ストレス」が原因?予防対策は?】:まとめ

犬と遊ぶ人

今回は「在宅ワーク」(テレワーク)による『うつ』の原因と対策方法について解説しました。

 

原因』として考えられるのは4つありました。

 

考えられる原因 4つ

〇「運動不足」
〇「コミュニケーション」の不足
〇「不規則な時間」
〇 仕事の「プレッシャー」

 

在宅ワークで『うつ』にならない「予防対策」のまとめです。

 

『うつ』にならない「予防対策」のポイント

◎「アプリ」や「You Tube」の『筋トレやストレッチの動画』を利用して、少しだけでも体を動かす。

◎「Skype」や「ZOOM」を利用してコミュニケーションする。

◎「オンライン会議」で、決められた議題だけでなく雑談を交えて気分転換する。

◎ 仕事の時間を決め、自己管理のメリハリをつける。

◎定期的に「オンライン飲み会」や「電話」で「自分の頑張りを周囲に知らせる」。

◎ 職種が違う友人とも話をすることでストレス発散に繋げる。

 

家での仕事により、皆様が悩む原因は似ていますが中には違う原因もあるかと思います。

 

ポイント

仕事がどうもはかどらないときは、仕事の合間に取り入れたり1日の業務後にストレス発散する!と決めると、『ストレス』をタメにくくなりますね。

 

少しでも快適な在宅ワークを目指していきましょうね!

 

この記事で分かること

  • 「在宅ワーク」(テレワーク) はコロナによる「ストレスは何が原因」なのか?
  • 「在宅ワーク」(テレワーク) はコロナによる「ストレスの予防対策」は?

 

最後までご覧いただき、有難うございました (Mayataka)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mayataka

▶︎『Mayataka Blog』(まやぶろ) の管理人「マヤタカ」です。運営4年目▶︎建築科大学院 修了▶︎建設会社 取締役▶︎Twitter (Twitter Pro 認定) お陰様でフォロワー様1.1万人超え 運営4年目 ▶︎『美容・健康』、『レビュー記事』、『キャンプ情報』や『生き物 関連』、『自己成長』etc…発信しています。▶︎『自己成長』では「マインド セット」や「ストレス」に関して解説いていますので、参考にしていただければ幸いです。▶︎どうぞよろしくお願いします。

-ストレス, 健康・美容, 在宅ワーク, 自己成長

© 2022 Mayataka Blog Powered by AFFINGER5